スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒き鷲獅子 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1)

黒き鷲獅子 上 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)黒き鷲獅子 上 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)
(2013/05/30)
マーセデス・ラッキー、ラリー・ディクスン 他

商品詳細を見る

黒き鷲獅子 下 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)黒き鷲獅子 下 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)
(2013/05/30)
マーセデス・ラッキー、ラリー・ディクスン 他

商品詳細を見る

現実離れしててついていけないからファンタジーやSFは嫌い、という人がいます。
特にファンタジーは子ども騙しだと毛嫌いする人も。

いやー実にもったいない!

「ヴァルデマール」シリーズは確かにファンタジーですよ。グリフォンとか魔法使いとかバンバン出てきますからね。そりゃ有り得ない世界のお話ですよ。

でもね。単なる御伽噺じゃないんだな。
作中に登場する人間も動物たちも、現実世界の我々と何ら違いのない感情を備えていて、それぞれが悩み苦しみ、時には大笑いし、涙を流し、愛を育んでいくんですよ。

だからタンスに潜ったら異世界に辿り着くことも、そらたまにはあるっちゅーねん!
(いやないっちゅーねん)
それのどこがあかんねん。
(あかんとは誰も言うとらんちゅーねん)
ぜえぜえ…。(落ち着け)
↑作中では、こんなふうに()付で自己突っ込みが多発します。


で、この「黒き鷲獅子」シリーズは、ヴァルデマールの世界の中でも最も古い時代の魔法戦争のお話。
これまで伝説の中でしか登場しなかった、"沈黙の魔法使い"アーゾウが、初めて血肉を備えた人物として登場します。
しかも、蓋を開ければ結構きさくな普通のオッサンだったとか!
自分の生み出した生物に出し抜かれるとか結構お間抜け。
なんだこの親近感…。


もちろん、他の登場人物たちもそれぞれ個性的で魅力的。
主人公的位置付けの黒鷲獅子スカンドゥラノンを始め、"みにくいあひるの子"を地でいくザニール、天賦の癒しの力を如何なく発揮しつつも孤独にさいなまれる"琥珀の竜"、痒いところに手が届くまめまめしさとユーモアのセンスを併せ持つ、心優しいトカゲ族のゲステン。
これら多彩な登場人物(と人外)の織り成す人間関係(と人外関係)を元に、作者は現代に生きる我々にも通じる様々な問題にも言及していくのです。

いつの時代にも親は子どもを自分の複製物であり所有物であると勘違いする。そして子どもはそんな親を蹴倒して(もちろん精神的にです)飛び立ってゆく。
いつの時代にも異質なもの、弱いものをいじめ、排除しようとする構造がある。

それでも、それでも…。
どんな時代、どんな世界にも、生けるものの間には愛が育まれ、切っても切れない情も生まれるのです。
エンディングに向かっての息詰まる展開、父と子の絆の深さには、ただただ涙するしかありませんでした。

黒(そして白?)グリフォンたちの明日はどっちだ!

ああー、続きはやく読みたい!

↓良いと思ったら押してケロ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

切り裂きジャックの告白

切り裂きジャックの告白切り裂きジャックの告白
(2013/04/27)
中山 七里

商品詳細を見る

久々に面白くて一気読み。

普段は大変な遅読っぷりを誇る私なのだが、ごく稀にとてつもないスピードで読み終えてしまう本がある。この本もそういう一冊。
そう、先が気になってうずうずしちゃって途中で止まらなくなるのだ。

同じ作者の「さよならドビュッシー」では叙述ミステリーと知りつつすっかり騙されてしまったので、今度こそは絶対騙されまいと注意深く読んだつもりだったのだが、やっぱり見事に騙されてしまったよ。うーん悔しい!
でも仕方ない。あのドンデン返しはとても素晴らしかったもの。うん、悔しいけれどここは素直に拍手を送るよ。

というわけで、読んだ人は誰でも最後の最後に「あ」という声が出ること間違いなし!


脳死と人の死の問題や、臓器移植の是非については、色々な意見があるのは周知のことで、私個人にも思うところはある。
どこまでがヒトの踏み込んで良い領域で、どこからが神の領域かなんてきっと誰にも分からないし、どんなに議論を尽くしても明確な境界線なんてどうやったって引けないだろう。
冷静な目で見れば、脳死は決して人の死ではないと私には思えるけれど、翻って自分の身に引き寄せて考えれば、身内の命の危機となれば、他人の臓器をもらってでも助けたいと思うのもまた事実。だから私は臓器移植そのものを否定する気にはなれない。

ただ、移植医療は決して純粋な善意のみで成り立っているわけではなく、現実には様々な立場の人々の欲望や思惑も多く絡んでしまっているという側面もあり、この本で垣間見る通り、綺麗事では語れない部分もたくさんあるのだろうなと想像する。
でも、それにしたって…。
そんな理由で本当に人殺しが出来るものなのか、という疑問は、読んでいる間ずっと付きまとっていた。

そしてラスト、驚愕のドンデン返し。
「真」犯人の本当の動機を知り、なんというか、拍子抜けというかひどく暗澹とした気持ちになってしまった。
この動機について納得できるか否かで、ある意味この本の評価は大きく分かれてしまう気がする。
「そんなことで」と思うのか、それとも「そんなこともあるだろうな」と頷くのか。
私は、悲しいことになんとなく犯人の気持ちが理解できる気がしてしまうのだ。そしてそんな自分に嫌悪する。

失敗体験のない人ってとても脆い。失敗したり悪いことして怒られたりっていう、人生において普通の人ならごく当たり前に経験してくるはずのことを、全く経験してきていない人って、とても傲慢で、そしてびっくりするほど弱い。
昔から真面目で優等生だった自分自身にもそういう部分があることを常々感じているので、この犯人の動機には、ある意味身につまされる部分がないでもない。
けれども、他人の命をないがしろにするような、そんな恐ろしい行為ができるのであれば、自己保身に走る前にそういう弱い自分を乗り越えて欲しかったと強く思う。

それだけに、エンディングの、素朴だけれども至極真っ当な、血の通った人間の行為を目の当たりに出来て、なんだか救われた思いがした。

人間の臓器は、やっぱりただの物でも機械でもない。色々な事情はそれぞれあるだろうけれど、様々な思惑を超え、「医は仁術」と胸を張って言える、そういう医療者が増えてほしいと心から願っている。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

冷たい校舎の時は止まる

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

雪が降りしきる校舎に閉じ込められた8人の生徒たち。
わずか数ヶ月前に学校で自殺した一人の生徒の名前が彼らにはどうしても思い出せない。
その生徒は8人の中の誰かなのだという。
白一色に染められた風景の中、時計は時を刻むことを止める。
果たして誰が彼らをそこに閉じ込めたのか。犯人の目的は何なのか。
止まった時計が再び動き出した時、何かが起こる。

全部で1000ページ超というとてつもない長さに、"冷たい"というタイトルとは裏腹な、作者の執念と熱を感じる作品。これがデビュー作とはすごい。

っていうか。

雪が降ってとっても冷たくなった校舎の中の時間だけが止まっちゃったよ

って、タイトルそのまんまやん!  

と、思わず突っ込んでしまうぐらいドストレートなタイトルにもオドロキ。
でもなんか、逆にそれがいいんですよね。あんまり捻ったタイトルじゃないほうがこういうストーリーには向いてる気がするし、その単純さと意味不明さが、こー、妙に興味をそそられるんだな。


上巻の初めから下巻の途中まではずっとホラーテイストです。
"名前を忘れられた"生徒が自殺した時間になると、8人のうちの誰かがいなくなってしまう。
その犯人の忍び寄り方がね、もうね、ホラー映画の王道の手法でね、とっても怖いんですよ。

来るよ…

来るよ…

ほら来た!ぎゃーす!

みたいな。

そんでもって生徒が消えた場所には、その人物そっくりのマネキンが転がってるとか。怖すぎます。
実は後半になるとホラーじゃないことがわかりますが、怖がりさんは夜には読まないほうがいいかも。


それはさておき、このお話、登場人物がみんなお勉強が出来る子たちなんですよ。
県下で一番の進学校が舞台だから当たり前っちゃ当たり前なんだけども。
だからなのか、なんか高校生にしては老成しているというか皆さん大人過ぎて、それぞれが抱えてる傷はその年代特有のものにも関わらず、対処法がとても冷静。
とりあえず、関西人の私としては、高校生の男の子の「…でしょ?」はちょっとキモ…げふんげふん。

それと、主人公的位置付けの「辻村深月」(本当は"辻"の字に点がいっこ多いけど変換で出てこない)がいちいちうざい。前半ではこれでもかというぐらいの「純真で何も悪いことをしていないのにいじめられる可哀想な人」アピール。作者と同じ名前(よく見ると辻の字がちょっと違うんだけどね)を付けた上でのこのキャラメイクはどうよ、とかなり呆れました。
実は後半になって「大人しいだけじゃなく純真でもない」というその裏の顔はちゃんと見せてくれるわけで、そこらへんはやっぱり辻村深月らしいなぁと思えるんだけど、でも結局はとってもとってもハタ迷惑な騒動を繰り返すっていうね…。
その周囲の巻き込み具合が、私は好きじゃないんだよなぁ。
堂々と「助けて」って言えばいいのに。言えないならそういうそぶりを一切見せんなよ!
ああ激しくウザイ。こういう女、大嫌い。

こんなに大々的に痛々しく、派手にみんなを巻き込まなきゃ前に進めないのかね。
バックブラストすごすぎるだろーよ。みんな黒焦げだよ。

多かれ少なかれ、人は誰でも、他人に対する後ろめたさとか罪悪感とか、色々抱えてるんじゃないかな。
でもそのツケは、やっぱり一人で払わなきゃならないんじゃないだろうかね。


というわけで、ストーリーと登場人物には色々と思うところもあったわけですが、こういった仕掛けというか、舞台装置自体は嫌いじゃないです。
元々SFだのファンタジーだのは大好物なので、「ドンと来い超常現象」です(古)。
フロイトでしたかね、「集合的無意識」とかありますよね。
根本的な部分でみんなの意識が繋がっているのなら、こういうことが起こっても、不思議だけど不思議じゃない。
大島弓子の「綿の国星」にもこういうお話があったなぁ。あっちは猫が引き起こしたわけなんだけど。

というわけで、つらつら語ってしまいましたが、結論。


最後まで読んでもどうにもこうにも腑に落ちない。

だって私、どんなに考えても、巻き込まれちゃった挙句、執拗に犯人から反省を促された他の生徒たちって


何を反省しなきゃならなかったのかさっぱりわからなかったし。

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

宵山万華鏡

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る

夏は何となく苦手だ。
暑いからというだけではなく、まるでアイスクリームのように、なにもかもがゆるゆるどろどろと溶けて混じりあってしまうような、あの弛緩した感じが嫌なのだ。

まして舞台は京都なのである。
そりゃあ祭りともなれば、この世とこの世ならざる世界との境目も曖昧になって混じりあってもしょうがないさ。何が起こっても不思議じゃない。
ついでに私は「非日常なら多少のことも許される」みたいな"無礼講"という便利な言葉も苦手だけれど、それもやっぱりモリミーだからしょうがないと思えてしまう。
ノビ太少年に付き添うドラえもんの心境てこんなんだろうか。
「もう、しょうがないなぁモリミーくんは」

ところで私は昔から割と慎重派である。つまり気が小さい。
冒険心などまるでない(海賊王に、オレはなれない(・_・))。
小さい頃から規則正しく慎ましやかに日常を何となくこなすタイプだったので、大失敗も少ない代わりにあまり面白いことにも遭遇してこなかった。
逆に私の姉は活発で男の子のように冒険心に富んでいて、色々悪事を重ねては後で親からこっぴどく叱られるタイプであった。その分面白い子ども時代を過ごしたことだろう。
つまり私と姉はそのままリアル「宵山姉妹」なのだった。
そして憐れな妹は、まんまと事件に巻き込まれてしまうのが常。
あーあ、とは思うのだけど、一緒にいるとほんのちょっと"面白いこと"のお相伴にはあずかれるわけだ。
そいでもって、常に刺激を求めて止まない姉は、非日常にたっぷりと浸って存分にスリルと冒険を堪能するのよね。自分で代償を支払う覚悟があるなら、それもまた良し。
得るものが多いということは、それだけ失うものもまた多いということなのだから。
世界はそうやって均衡を保っている。

それはともかく。
この世と呼ばれる日常の世界の、ほんの隣りには、きっと"この世ならざる"非日常の世界がひろがっている。
そしてそのあいだには結構深い川が横たわっていて、近くにあるのに普通は辿り着けない。

と、私は思っている。
"平穏な日常"が何より大切な私には、たぶん死ぬまで縁のない世界。
いいんだ私はこうやって本の中でたっぷりと非日常の世界に浸かっているのだから。


だけども

なんかのはずみで

ほんのデキゴコロで

はたまた弛緩した夏の悪戯で

ふとその境界を超えてしまったとしたら

ただのヒトである私だって、常ならざる存在に出会えることもあるかもしれない。


果たしてそれを僥倖と呼ぶのか、はたまた災厄と感じるのかは、その時になるまできっとだれにもわからない。


そういえば、私には、ずっと探しているモノがある。
おそらく私が暮らす世界では決してもう出会えないもの。
そこへ行けば、私もそれを見つけることができるだろうか。


"ほんのデキゴコロ"が芽生えた時には
懐かしい万華鏡を覗いてみることにしよう。

戻ってこれなかったらごめんなさい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑タマタマの積み重ねで世界は今日もまわっている~

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

シャドウハンター 硝子の街(シティ・オブ・グラス)

シャドウハンター 硝子の街(シティ・オブ・グラス) 上 (創元推理文庫)シャドウハンター 硝子の街(シティ・オブ・グラス) 上 (創元推理文庫)
(2012/07/21)
カサンドラ・クレア

商品詳細を見る

シャドウハンター 硝子の街(シティ・オブ・グラス) 下 (創元推理文庫)シャドウハンター 硝子の街(シティ・オブ・グラス) 下 (創元推理文庫)
(2012/07/21)
カサンドラ・クレア

商品詳細を見る

「本が好き!」で献本していただきました。

じ、実は…私、
これがシリーズ第三作目だとは知らずに応募しちゃったのです。
当然、前作未読です。大バカヤロウですね、ハイ…すみません。

でもでも。
細かいところで「??」な部分は確かに多かったけれど、それを割り引いてもとっても面白かったです。
妖魔とか吸血鬼とか妖精とか、私の大好きなものがてんこ盛りで、読み始めてすぐ、物語の世界にどっぷりと入り込んでしまいました。前作知らなくても何とかなってしまうのだからスゴイ。

とにかく最初から最後まで目が離せないスリリングな展開にページをめくる手が止まらない止まらない。
しかもシャドウ・ハンターとしてのストーリーだけではなく、恋愛要素もしっかりあって一粒で何度も楽しめます。
何よりストーリー設定がしっかりしているのが良いです。行き当たりばったりではなく、着地点まできちんと計算されたストーリーという気がします。
また、空気感というか、情景描写が巧みなので、音や風景にとても臨場感があります。
ファンタジーな世界なのに、非常に現実味があるのです。

と、ここまでベタ誉めしましたが、難点もあります。

登場人物にあまり魅力的なキャラクターがいない。(あくまで私視点です)
なんだかへそ曲がりな人が多い…。
会話がいちいち皮肉っぽいのです。こういうのを"ウィットに富んだ会話"っていうんでしょうか。私は苦手だなぁ。
そういえば、私は海外ドラマなんかでも、なんでわざわざこんな皮肉っぽい言い方するんだろうなぁと感じることが多いのですが、他の人からそういう声を聞いたことはない気がするので、たぶん私がそう感じるだけなんでしょう。(でも苦手だ)

特に主人公のクラリーがね、自分勝手というか、暴走しすぎ。
なんであんなに他人に気を遣わず思う通りに行動できるのか。
他人の表情を読んだり、本質を見抜く力はすごいのに。
これまでのいきさつを知らないせいかもしれませんが、読んでいてハラハラします。
でも、他人に気を遣って何の行動も起こせなかった…では物語がそこで終わっちゃいますよね(笑)。
これは仕方ないのかなぁ。でも今後はもうちょっと思慮深くなったほうがいいと思いますよ(と主人公にダメ出ししてみる)。

個人的には、巻き添えを食ってエライ目に遭ったサイモンに同情します。
どうやら元々はただの人間だったようだし、酷いなぁ、可哀想に。
あと、セバスチャンも、思えばある意味被害者ですよね。父親からあんなことをされてさえいなければ、もっと普通に幸せだったかもしれないのに。

結局、高みから眺めると、ダウンワールダーもシャドウハンターも同じようなもんなのよね。
結局根っこは同じ、と考えれば、人種差別なんてくっだらない!と私は常々思っているんだけどね。

まぁ終わり良ければすべて良し。

いやぁもう大満足です。映画化が進んでいるそうですが、確かにこれは人気出るだろうなぁ。
前作も早速読まなきゃ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑吸血鬼といえば、「ポーの一族」ですよね?

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。