スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロウハイツの神様

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(2010/01/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)
(2010/01/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

なんなんだ?辻村深月という人は。

ここまで読者を置いてけぼりにして突っ走っても、みんな付いてきてくれるという自信があったのか。
それとも、途中で脱落したならそれでいいと思っていたのか。

私は正直途中離脱しそうだった。

上巻のあまりのつまらなさに。
主人公の「赤羽環」の魅力のなさに。

きっと以下の2点がなければ下巻は読まなかっただろう。

チヨダコーキの、"とあるひと言"にどうしても合点がいかなかった
辻村深月作品がこんなクソつまんないお話で終わるわけがない

最後まで走り抜いて本当に良かった。
下巻に入ってもなお、ぜんぜん面白くならなかったのに…
どうして残り三分の一を切ってから、いきなり話がひっくり返るのか。

私がひっくり返ったじゃないか。
そうかそうかそういうことだったのか。
最後は涙で前がみえなくなったじゃないか。
どうしてくれようおのれ辻村め。

伏線は、確かに色々あったんだよね。
ほとんどは私の思った通りだったし、伏せられていたあれやこれやについては、特にヤラレタ感はない。
ひっかかっていたコーキのあのひと言だって、「たぶんそういうことじゃないかな」とは思っていた。
だけどだけどまさかここまでとは。

いやいやいやいや。ほんとにね。
この人の描く女主人公って、大体が初めはイヤなヤツなんだ。
特に赤羽環なんて、自分の手で栄光をつかもうとしているクリエイターだからね。
気が強くて傲慢で、「権力バンザイ」とか自分のアパートに住む住人を「面接」して「特に気に入った人しか住まわせない」とかもう本当に鼻持ちならない。
他人を勝手に分析してわかった気になっていたり、かと思えば中途半端な情をにじませたり、勝手に傷ついたり、ほんっと「なんだかなぁ」と溜息が出るような人物像。
主人公がイヤになると、それ以上読み進めるのが本当にツライのだ。

それだけに、あのラストのドンデン返しは実に見事だった。
私の中のチヨダコーキ像が、赤羽環像が、完全にひっくり返った。
そして読み終えた後はしみじみと、
「ああいいお話だったなぁ」
なんて思っちゃったりしたのだ。

なんなんだよほんとにもう。

やっぱり辻村深月はタダモノではない。
だけど今作はちょっと文章が荒れていた気がする。
この人の「○○○で、だから○○○」という独特の言い回しというのはクセだと思うんだけど、今回は特にそれが目立っていてちょっと気になった。同じ表現が続けて2回出てきたりとかね。それも効果を狙ってのこととは思えない場所だったし。
地の文が気になってしまうというのはあまり良くない文章ってことだと思うのだ。
そこだけが残念。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑読後感がいいお話はやっぱりいいですよね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

今年もお世話になりました!

こんばんは!
ブログ&ツイッターで大変お世話になりました!
また来年もよろしくお願いいたします!

Re: 今年もお世話になりました!

すすすみませんっ!

年末年始、自ブログをのぞいてなくて(汗)
すっかりご挨拶が遅れてしまいました。

こちらこそ、色々ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

No title

こんにちは。

今作に限らず、辻村深月の作品は、序盤~中盤は結構退屈で、ラストで一気に色を変えるものが多いですよね。
個人的にはそのカタルシスが癖になってしまっています。

ただ私は『スロウハイツの神様』に関しては、最初から最後まで楽しめたんですよね。
何というか、クリエイターの話が好きだと言うのが大きいのだと思いますが。
後は、道楽猫さんのおっしゃる通り、辻村深月がこれで終わるはずがないと確信していたからですかね。
まあ環の性格に関しては同意です(笑)

ごめんなさいっっ

>gakerさん

どういうわけか、一度書いたコメントがきれいさっぱり消えてしまっていました。
長らくそのことに気付かず、大変失礼しました。
時々こういうことがあって慌てます。なんでだろう。
とにかくせっかくコメントをいただいたのにお返事がすっかり遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

辻村作品は、なんだかクセになりますね。
好きじゃないんだけどなぁと思いつつ、気付くと次の作品を手にしてしまっている、みたいな(笑)。
スロウハイツは私はなかなかなじめなかったなぁ。
環の性格が鼻についてしまって(笑)。
あれも計算だったというのは、ほんとおみそれしました。
さすがだと思います。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。