スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全なる首長竜の日

完全なる首長竜の日 (宝島社文庫)完全なる首長竜の日 (宝島社文庫)
(2012/01/13)
乾 緑郎

商品詳細を見る

第9回このミス大賞受賞作。しかも選考委員が満場一致で決定したという鳴り物入りな作品だけに、大いに期待して手に取った。

結論から言えば、少々期待ハズレ。
私は、所謂ふつーの「ミステリー」を読みたかったのだ。「このミス大賞」だと言うのに、これはちょっと私の考えていた「ミステリー」とは種類が違い過ぎた。
それでも、物語自体が面白ければ、まったく問題はなかったのだが。

作者は文章力のとても高い方だと思う。
その筆力に誘われ、ごく自然に、「ドボン」と言うよりは「とぷん」という感じであっさりと物語の世界に入り込むことができる。
作中で何度も何度もリフレインされる「赤い紐の括りつけられた竹竿」「南の島の猫家の光景」「サリンジャーのバナナフィッシュ」。
そう言った諸々のメタファーが非常に上手く物語中に配置され、読む者をどんどんストーリーに引き込んでゆく。
それで、読んでいる途中は、「これは傑作になるに違いない」という手応え、ラストに向かっての高揚感を覚えていたのだ。
実際、終わり近くまではとても面白く読んだ。

けれども。読み終えて

「さて、どうだった?」

と改めて問われると、うーん…と首を捻ってしまう。
これだけヒントをばら撒いているということは、読者をびっくりさせるという意図は初めから作者にはなかったろうし、そもそも作者はミステリーを書きたかったわけではない気がする。
まぁ、そのへんは作者に聞いてみなけりゃわからないけれど。
残念なことに、その筆力の高さ故に、結局「表現の巧みさ」しか心に残っていないのだ。
こういうのを「面白かった」と言い切ってしまうことには、私には少々抵抗がある。
「このミス」選考委員の方達は、本当にこれを読んで面白いと思ったのだろうか…。

ただ、この作者の、サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」の解釈は、目からウロコだった。
そうか、そういうことだったのかも!と、あたかも難しい数学の問題が解けたときのようにすっきりして嬉しかった。
だからもしかすると、サリンジャーを面白く読める人なら、このお話も面白いと感じるかもしれない。
まぁ、それと重ね合わせると、ラストが余計に陳腐に思えてげんなりするんだけど。

ここにいる自分は本当に存在しているのか。
どこまでが現実でどこからが脳の創り出す幻か。
境界があやふやになるというのは、とても不安で落ち着かない。
こういうテーマは非常に興味深くはあるけれど、読中ずっと、足元が定まらない不安定さがつきまとって、窒息しそうで苦しかった。

作中で、主人公の弟が語る「人の死」の定義は納得できるものであった。
人々の心の中からその人の記憶が消えてしまったとき、初めて人は"死"を迎えるのだという。
確かに、人は「死」そのものが怖いのではなく、"存在の消滅"こそが恐怖の正体なのかもしれない。
自分を覚えている人が皆死に絶えて、自分についての記憶の欠片が完全に消えたとき初めて、私は本当の死を迎えるのだろう。
逆に言えば、誰かが覚えている限り、人は死ぬことはない。


ゆっくりと遠ざかってゆく首長竜の後姿。
鮮やかな南国の赤い花の群れ、女郎蜘蛛の巣。
抜けるような青い空の下、遠浅の浜に突き刺さる1本の竹竿。その先には赤い布が巻きつけてある。
ここは危険。
この先は危険。

面白くなかったのなんのと言いつつも、目を瞑れば、今でもそんな光景が瞼の裏にまざまざと浮かぶ。
やはり作者のこの筆力は只者ではない。
別の作品で是非リベンジしたい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑猫家は「みゃんか」と読むのだそうな。みゃんかー ヾ(≧∇≦)ノ゛
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ノラや

ノラや (中公文庫)ノラや (中公文庫)
(1997/01)
内田 百けん

商品詳細を見る

何事も、経験してみないとわからないものだと思うが、"猫を失う"というのも、経験した者でないとその悲しみは理解できないものだろう。

いいトシをした爺さんが、いなくなった猫を思って身も世もなく泣き崩れる。
愛猫のお気に入りだった寝床に突っ伏して、「ノラやノラや」と近所に聞こえるほどの声で毎晩号泣するのだ。
その姿を見て「滑稽だ」と嗤う者もきっと多かったに違いない。ましてそれほどまでに取り乱しているのは、頑固一徹と言われた百鬼園大先生なのだ。口には出さずとも、「いい気味だ」と溜飲を下げた向きもあったようだ。

だが、私は笑えなかった。
それどころか、百間先生と一緒になって、「ノラやおまえはどこへ行ったんだ」とめそめそめそめそ泣いてしまったのだ。
だって猫を失って嘆き悲しむ先生の姿は、そのまま私の姿そのものなのだから。

実家に、ノラと同じような猫がいた。ヒメという名の雌猫だった。
百間先生の奥様のように、母はよく
「いい子だいい子だヒメちゃんは」
と猫を抱っこして歩いていた。
ノラとヒメは共通点がたくさんある。
ヒメはノラと同じくとても頭の良い猫だった。
バスマットの上に粗相をした時、それを上手に足で蹴ってくるんで隠したこともまったく同じ。
その上、ノラと同じくある日ふいっと家を出て、そのまま二度と戻らなかった。
「ノラや」を読みながら、私はどうしても、いなくなったヒメを思い出さずにはいられなかった。

私と家族は、「あれは覚悟の上の家出だ。何故って、前の日、いつもは愛想なしのあの子が、こちらが驚くほど擦り寄ってきていた。あれは別れの挨拶だったんだろう。それにごはんもいつもよりたくさん食べていた。食べ溜めしていたんだ。」と口々に言い合ってお互いを慰めた。

だから、どこかで元気に暮らしているに違いない

そう思うことで心に折り合いをつけた。
それでも喪失感は大きく、なかなか気持ちの整理がつかなかった。

その後、はからずも、百間先生はクルツという、ノラに良く似た別の猫を飼うことになるのだが、クルを可愛がりながらも、決してノラのことを忘れていなかった。
ノラのために毎日続けているおまじないを欠かさない。何かの拍子にふとノラを思ってはまた涙する。

昨年、私は18年間連れ添った最愛の猫を亡くした。
行方不明の猫を思って流す涙は、可哀想な猫のための涙だが、亡くした猫に流す涙は、それはどちらかと言えば人間の側のためのものだろう。私は絵に描いたようなペットロス状態に陥った。毎日毎日うっかりすると人前だろうとどこだろうと涙が頬を伝い、慌ててそれをぬぐう。
ふすまを閉めるとき「あ、もう猫が通る隙間を開けておく必要なかったんだ」と思っては涙、魚を食べるとき「これ、あの子が大好きだったなぁ」と思っては涙、もう心置きなく旅行にいけるんだなぁと思ってはまた涙。涙涙涙。
だからクルの描写は、本当に読んでいて辛かった。

「クルやお前か」
このひと言に胸が締め付けられる。
「ノラや」を読んで「笑った」という感想を読んで私は憤った。人の悲しみをなんだと思っているのだ。
深い愛情を注いでいた存在を失って、うろたえる姿がそんなにおかしいか。悲しんで何が悪いのか。

正直、読んだ直後は、去年亡くなった猫を思い出して辛くてしょうがなかったし、読むんじゃなかったなぁと後悔もしたけれど、そうやって事あるごとに思い出して涙を流す、それ自体が、逝ってしまった猫たちへの、そして自分自身への供養になるんじゃないかと思い直した。
そうしてもう一度最初からゆっくり文字をたどり、可愛いノラとクルに思いを寄せた。

ノラもクルも百聞先生も、いまはもうみんなこの世にいない。

それでも、その深い想いは、時を超えて私の心に沁みてきて、知らずまた涙を引き寄せる。
本は凄い。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑またぐんにょりした毛玉を抱きたいなぁ

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ほっと文庫 ゆず、香る

ほっと文庫 ゆず、香るほっと文庫 ゆず、香る
(2011/08)
有川 浩

商品詳細を見る

発売と同時に手に入れたものの、なんとなくもったいなくて封を開けずに置いていたもの。
ようやく読みました。ちなみに入浴剤のほうは未だ使っていません。

読み終えて一番最初に感じたことは、

有川浩らしいお話だなぁ

ということ。

ま、甘さは控えめですが。

言っておきますが、これ決して誉め言葉ではありませんよ。

どや顔が、ね、見えるんですよ、作者の。
「どや、うまいことまとめただろ?」
みたいな。

タイトルに反して、ちっともゆずの香りがしないお話。
これも有川作品らしさ。どうしてこの人の書くお話からは匂いが感じられないのだろう。

それ以上に気に入らないのが、やっぱり視点が自己中心的で一面的なところ。
新しい視点がまるでない。

自分が傷つかないために
関係を失わないために

自分が自分が自分が。
いつもいつもそうだよなぁ、この人って。

こんなステロタイプなお話を読んで、本当にみんな面白いと思ったのだろうか。

伝える

ということは、相手に荷物を負わせるということだと私は思っている。
それを考慮した

伝えない

お話であれば、もう少し納得できるお話になったように思う。

残念ながら、私には

ふーん。

で?

以外の感想が持てなかった。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑ファンの方に殴られそうな気がします。でもたまには誉めていない感想もいいでしょ。

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

神様からひと言

神様からひと言 (光文社文庫)神様からひと言 (光文社文庫)
(2005/03/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

社会人になって間もない頃、当時の上司から言われた言葉がある。
「たとえ今、自分がお客様の立場でも、もしかしたら明日は相手が自分にとってのお客様かもしれない。常にそう肝に銘じていなさい。」
その言葉を、ン十年経った今でも忘れていない私からすれば信じられない話なのだが。

巷には、神様になりたがる人たちがあふれている。
ほんの些細な商品の瑕疵に目くじらを立て、或いは店員の態度に難癖を付け、彼らは「責任者を出せ」「弁償しろ」と喚く。
"神様だから何でも通る。許される"と思っている。

私もかつて受電専門のテレオペの経験があるので、クレーマー対応には慣れている。
中年のオジサン相手ならば、とにかく相手を持ち上げる。
「お客様のおっしゃる通りでございます。さすがよくご存知でいらっしゃる。」
オバサマ相手なら、とりあえず気持ちに寄り添うフリをする。
「お気持ちお察しいたします。」「お怒りはごもっともでございます。」
そして心の中で「けっ」と毒づき、中指を立てるのだ。
我ながら性格悪いと思うが、わけのわからない"神様"を毎日相手にしていると、どんどん性格が歪んできて、すさんでもくるのだよ。

この本にも様々な形のクレーマーが描かれていて、クレーマーの実態を知らない人にすれば、こんなのはただの小説の世界の話であり、誇張されているだけだと感じるかもしれないが、実はこの本に出てくるクレーマーなんて、まだまだカワイイものなのだ。
私など、話の通じない相手に何度も何度も辛抱強く説明を繰り返しているとき、頭の中をずっとひとつの言葉がリフレインしていた。

「バカの壁」

だけど、本来クレームは企業にとっては宝の山であり、それを生かすことができれば、それこそ"お客様は神様"となり燦然と光り輝くことだろう。
現在、ほとんどの企業には「お客様相談室」という名のクレーム受付窓口が用意されているが、自社の社員が対応しているところは少なく、表向きはフィードバックをしている体裁をとっているが、実際にそのクレームを品質向上に役立てているのかと問われれば、私の知る範囲に限ればそういうところは皆無であった。
旧態依然の会社の体質、自らの進退にばかり汲々とする情けない上司たち。
若い主人公にはまどろっこしくイラつくことばかりだろうが、このトシになってつらつら考えれば、背負っているものの重さを思えば、それも致し方ない面もあるとは思う。

作中の「おでん」の喩え話の通り、社長だ専務だと威張ってみても所詮、自社の「おでん」の中だけのこと。
みんな一皮むけば、ただのオヤジであったり年老いた婆さんだったりする。
そして「おでん」の中では光り輝かない具も、それが主役となる場も必ずある。
時には鍋から飛び出し、新しい道を探すのもいい。すっかり味のしみたコンニャクや大根には難しいだろうけど、新参者のじゃがいもなら、うまくいけば「肉じゃが」として主役級の人生を歩めるやもしれない。
失敗したって、なに、今の日本なら「死にゃあしないさ」。

読み終えたときには、なにやら清々しく、思わず空を見上げて深呼吸をした。
うん、大丈夫。「死にゃあしないさ」。


"本物の神様"は、ジョン・レノンの「イマジン」に、ひとり静かに耳を傾ける。


天国なんかない

ただ空があるだけ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑足なんか飾りです。エライ人にはそれがわからんのですよ。でもこのボタンは飾りじゃないからね(・_・)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アクロイド殺し

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/12)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る

私の姉が、高校生の頃一時海外ミステリにハマっていて、特にアガサ・クリスティは大のお気に入りだったので、家にはほとんどの作品が揃っていた。
にも関わらず、当時中学生だった私は、そんな姉を「下賎な民よのぅ」とナナメに見下ろして、トルストイだのブロンテだのを知ったかぶりして読みふけっているスットコドッコイな似非文学少女だったので、姉のコレクションなぞには全く興味がなかった。
なんて勿体ない。クリスティもクィーンも読み放題だったのに。今から思えば宝の山だよ。
人は、失ってから無くしたものの価値に気付くのだよね。(しみじみ)

月日は流れ、今やすっかりミステリファンとなった私だが、読んでいるのは日本の作家の、それも最近の作品ばかり。海外ミステリにはとんと疎い。
作家の名前だけは色々知っているが、実際に読んだことは全くと言っていいほどなかった。
で、まずは、かつて姉が大いにハマっていたクリスティを読破しようじゃないか、と思い立ったわけだ。

「アクロイド殺し」(姉が持っていたのは「アクロイド殺人事件」というタイトルだったと思うが)は、その中でもクリスティを一躍世に知らしめることとなったという意味で、金字塔とも言える作品である。
とは言え、まったく予備知識はなし。
「オリエント急行」と「そしてだれもいなくなった」は何故か犯人を知っているのだが、こちらは「なんだか評価が分かれて揉めたらしい」「クリスティずるい」と言われたらしい、というぐらいしか知らなかった。

で、読み終えて、「なるほどなぁ」と唸った。
今でこそ、こういった仕掛けは珍しくもないが、当時としては実に画期的で、しかも大冒険だったんじゃなかろうか。叙述ミステリーの先駆けとも言える本作品は、なるほど確かに実によく練り込まれていて隙がない。

そして、人物描写がとても巧みであることにも驚いた。
ほんの少しのセリフと仕草でその人の人となりを的確に表現する。簡単そうでこれはなかなか出来ることではない。クリスティはそれをさらりとやってのけている。
ポアロは、私のイメージとちょっと違っていて意外だったのだが、なるほどなかなか食えない探偵だなと苦笑した。

さて、前述の「クリスティずるい」の部分だが。
私は「別にずるくないよね」と思った。ミスリードに引っかかったのは読者の勝手な思い込みのせいだし、伏線は至るところにばら撒かれているので、気付かないのは、これも読者がマヌケなせい。
でも「ずるい」とじたばたしてしまう気持ちもよくわかる。
そしてそれこそが叙述ミステリーの醍醐味なのだ。
人は騙されると腹も立つが、逆にその毒に引き込まれ、「もっと巧く騙してほしい」と望むようにもなる。
手品は、タネも仕掛けもあることをみんな知っている。それでも騙されたいと一流のマジシャンの元に人は集まる。
思えば、お酒だって人の感覚や感情を騙すものだよね。
きっと、みんな何かに"酔いたい"んだなと思う。

本格ミステリの真髄に触れたい人は、この本を読むといい。
心地良い酩酊に、頭の芯が熱くなる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑押さないと脳ミソくすぐっちゃうぞ(・_・)(さて何人がこのネタわかるだろう)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。