スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒き鷲獅子 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1)

黒き鷲獅子 上 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)黒き鷲獅子 上 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)
(2013/05/30)
マーセデス・ラッキー、ラリー・ディクスン 他

商品詳細を見る

黒き鷲獅子 下 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)黒き鷲獅子 下 (ヴァルデマール年代記/魔法戦争1) (創元推理文庫)
(2013/05/30)
マーセデス・ラッキー、ラリー・ディクスン 他

商品詳細を見る

現実離れしててついていけないからファンタジーやSFは嫌い、という人がいます。
特にファンタジーは子ども騙しだと毛嫌いする人も。

いやー実にもったいない!

「ヴァルデマール」シリーズは確かにファンタジーですよ。グリフォンとか魔法使いとかバンバン出てきますからね。そりゃ有り得ない世界のお話ですよ。

でもね。単なる御伽噺じゃないんだな。
作中に登場する人間も動物たちも、現実世界の我々と何ら違いのない感情を備えていて、それぞれが悩み苦しみ、時には大笑いし、涙を流し、愛を育んでいくんですよ。

だからタンスに潜ったら異世界に辿り着くことも、そらたまにはあるっちゅーねん!
(いやないっちゅーねん)
それのどこがあかんねん。
(あかんとは誰も言うとらんちゅーねん)
ぜえぜえ…。(落ち着け)
↑作中では、こんなふうに()付で自己突っ込みが多発します。


で、この「黒き鷲獅子」シリーズは、ヴァルデマールの世界の中でも最も古い時代の魔法戦争のお話。
これまで伝説の中でしか登場しなかった、"沈黙の魔法使い"アーゾウが、初めて血肉を備えた人物として登場します。
しかも、蓋を開ければ結構きさくな普通のオッサンだったとか!
自分の生み出した生物に出し抜かれるとか結構お間抜け。
なんだこの親近感…。


もちろん、他の登場人物たちもそれぞれ個性的で魅力的。
主人公的位置付けの黒鷲獅子スカンドゥラノンを始め、"みにくいあひるの子"を地でいくザニール、天賦の癒しの力を如何なく発揮しつつも孤独にさいなまれる"琥珀の竜"、痒いところに手が届くまめまめしさとユーモアのセンスを併せ持つ、心優しいトカゲ族のゲステン。
これら多彩な登場人物(と人外)の織り成す人間関係(と人外関係)を元に、作者は現代に生きる我々にも通じる様々な問題にも言及していくのです。

いつの時代にも親は子どもを自分の複製物であり所有物であると勘違いする。そして子どもはそんな親を蹴倒して(もちろん精神的にです)飛び立ってゆく。
いつの時代にも異質なもの、弱いものをいじめ、排除しようとする構造がある。

それでも、それでも…。
どんな時代、どんな世界にも、生けるものの間には愛が育まれ、切っても切れない情も生まれるのです。
エンディングに向かっての息詰まる展開、父と子の絆の深さには、ただただ涙するしかありませんでした。

黒(そして白?)グリフォンたちの明日はどっちだ!

ああー、続きはやく読みたい!

↓良いと思ったら押してケロ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

魔法の代償

魔法の代償 上 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)魔法の代償 上 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)
(2012/02/18)
マーセデス・ラッキー

商品詳細を見る

魔法の代償 下 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)魔法の代償 下 (最後の魔法使者3) (創元推理文庫)
(2012/02/18)
マーセデス・ラッキー

商品詳細を見る

本が好き!」さんから献本いただきました。感謝!

「最後の魔法使者」シリーズもいよいよ大詰め。
前作「魔法の誓約」で、「魔法使者」としてヴァルデマールのために生命を賭する決意を固めたヴァニエル。
その悲壮な決意のもと、「もう決して誰も愛さない」と心に誓っているヴァニエルなのだが、死の床にある王を"癒す"ために召喚された、まだ歳若い詩人「ステフェン」に、どうしても惹かれてしまう自分を認めざるを得ない。

けれど、そんなヴァニエルの深い苦悩を知らないステフェンは、若さ故に真っ直ぐに一途にヴァニエルに想いを寄せ、どんなにアタックしても自分の想いを受け止めてくれないヴァニエルに焦れている。
そしてついに、あるキッカケを経て、二人はお互いが「生涯の絆」で結ばれている存在であることを知るに至るのだった。

ああ、なんてBLの王道。
私は、実のところBLは少々ニガテ。
そんなわけで、上巻は読むのがちょっとキツかった。
それが、ヴァニエルが何者かに命を狙われるあたりから、物語は大きく動き出し、まったく目が離せない展開に。

どんなに平穏な人生を望もうと、生まれながらに魔法の力を身に付けている「魔法使者」であれば、国のため、民のため、先頭を切って戦いの場に自ら飛び込むのが掟。
一人、また一人と、重鎮が倒されてゆく中、ヴァニエルはついに、最後の魔法使者として、見えざる敵に立ち向かうため、一人旅立つ決意をするのだった。

…一人?
いやいや、彼には常にその身に寄り添う"共に歩む者"「イファンデス」がいる。
イファンデスもまた、ヴァニエルを守るため、命を賭ける覚悟をしているのである。
そして、ヴァニエルの生涯の絆の相手であるステフェンも、片時もヴァニエルのそばを離れない決意を固め、彼と共に旅立つ。

だが、彼らが対峙するのは、想像を超えた魔法力を備えた強敵。
最悪の事態に向けて、刻一刻と時計は進む。
その悲愴な決意をステフェンに隠さざるを得ないヴァニエルの深い苦悩、戦い方も知らず愛する人をただ守りたいとひたすらに願うステフェンの一途な想いに胸詰まる思いでページをめくる。
下巻は、まさにヴァニエルとステフェン、そしてイファンデスと共に、全ページ一気に駆け抜けてしまった。

それなのに…。ああそれなのに。
一番のクライマックスを、「続きはCMの後で」みたいにさんざん引き伸ばした挙句、結局見せてくれないってのはいったいどういう趣向なんだい?

結局、あの戦いの場で何があったのか、読む者には謎のまま、終わってしまうのだ。
それはきっと作者の思惑があってのことなのだろうが、少々腑に落ちないし脱力してしまう。
それまで私も一緒に旅している気分に浸っていただけに、突然放り出されてしまって実に残念。

ともあれ最後の魔法使者は伝説の魔法使者へ…。
そして若き詩人は伝説の大詩人へと名を変え、人々の間で永遠に語り継がれる。

ラストは、一筋の涙と深い余韻の残る、とてもいい終わり方だった。
はやく次が読みたいなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑魔法で家を片付けたい(・_・)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

魔法の誓約

魔法の誓約上 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)魔法の誓約上 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)
(2010/12/18)
マーセデス・ラッキー

商品詳細を見る

魔法の誓約下 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)魔法の誓約下 (最後の魔法使者2) (創元推理文庫)
(2010/12/18)
マーセデス・ラッキー

商品詳細を見る

本が好き!にて献本していただきました。
「ヴァルデマール年代記」シリーズの中の「最後の魔法使者」第二部です。
残念なことに、私は第一部は読んでないのですが、第二部だけでもきちんとひとつの物語として成り立っており十分楽しめる出来となっています。

主人公は、人々から、尊敬というよりは畏怖される存在である「魔法使者」として、最愛の人を失った傷も癒えないまま孤独な闘いを強いられる"超美形"な青年「ヴァニエル」。
連日の戦闘で疲弊したヴァニエルが束の間の休息を得るべく故郷に戻るところから物語は始まります。
とはいえ、実は故郷は彼にとって決して心休まる場所ではなく、彼が"同性愛者"であることから父親や母親との確執を抱え、更には幼い頃から彼を虐げてきた武道ノ師範とも顔を合わせなければならない、苦痛に満ちた場所なのです。
それでもなんとか故郷の人々との儀礼的な挨拶を終え、ようやく休息をとれると喜んだのも束の間、彼の"共に歩む者"イファンデス"によって隣国の異変が伝えられます。
そしてイファンデスと共に駆けつけた小国リニアで、彼は亡き恋人にそっくりの少年「タシール」と出会うことになるのです。


「魔法使者」であるが故に人々から畏敬の念を持って迎えられ、そのために常に疎外感と孤独にさいなまれるヴァニエルの姿は、読んでいて本当に痛々しいばかり。
自分の身を危険に晒し、常に死と隣り合わせの壮絶な毎日。
それでも彼は自らの使命を全うすべく必死に闘うのです。

上下巻の長いお話ですが、精神的にも肉体的にも危ういヴァニエルの行く末(?)が気になり読む手が止まらず、あっという間に読了してしまいました。

物語の面白さはもちろんのこと、ヴァニエルが作中で扱う魔法が、なんとも素晴らしい。
リアル…というのは、実際に魔法を知らないのにおかしな表現かもしれませんが、"魔法"というものが本当にあるとするならば、きっとこんな風に違いない、と思わせる見事さがあるのです。
そして、一般の人から見るとただの馬にしか見えない"共に歩む者"イファンデスがまた、茶目っ気たっぷりで実にヴァニエルと良いコンビなのです。

物語の中盤、最愛の人との辛い思い出を、タシールによって楽しく美しい思い出へと昇華することが出来たヴァニエル。
そうして全ての状況が、少しずつ良いものへと変わってゆきつつあった矢先、過酷な運命が彼を待ち受けるのです。


「魔法の誓約」とはいったいなんだったのか。

安らかな死への甘い誘惑にともすれば負けそうになりつつも、その言葉の真実の意味を知り、ただ一人の孤独な闘いの世界に戻る決意をするヴァニエル。
本当に胸が痛くなるほどに真っ直ぐな彼の姿に感動を禁じ得ませんでした。


「ヴァルデマール年代記」は、とても長い長い物語で、まだまだ私はその世界のほんの僅かな部分しか知りませんが、読めば読むほど深みに嵌りつつある自分を感じます。
これから先、もっともっと深くこの世界を知りたい、と強く思うのです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

太陽神の司祭

太陽神の司祭 上 (ヴァルデマールの嵐1) (創元推理文庫)太陽神の司祭 上 (ヴァルデマールの嵐1) (創元推理文庫)
(2010/07/27)
マーセデス・ラッキー

商品詳細を見る

「本が好き!」にて献本していただきました。

実は私、「ヴァルデマール年代記」というシリーズを全く知らず、それ故、この「太陽神の司祭」が、シリーズの中のごくごく一部であることも、本をいただいて初めて知ったという大馬鹿者なのでした…。

さてさて、そんな真っ白な状態で読み始めた私なわけですが…。

正直なところ、上巻は退屈でした。
物語の背景が全くわからない私には「?」な部分が多く、お話はあまり変化がないし、大きな山もない状態でたらたらと進むので。
ところが、これが下巻に入ると、一転、ストーリーはどんどん進み、俄然面白くなるのです。
いつのまにか、本当にいつのまにか、私はすっかりカラルに感情移入し、ある場面では手に汗を握り、またある場面では一緒に号泣し、まるで一緒にそこで過ごしているかのような気持ちになってしまっていました。
カラルは本当に心根の良い好青年で、悩み迷いながらも、人生で最大とも言える大きな悲しみを乗り越え、このお話が終わる頃には大きく成長していきます。
一方のアン=デシャも、カラルに支えられ、長い迷路を抜け出し、こちらも大きく変わってゆきます。
シリーズの一物語としてではなく、カラルとアン=デシャの成長物語として読んでも十分読み応えがあり面白いです。

そしてそして、忘れちゃならないのが、"火猫"アルトラ!!
もーーっ猫大好きな私は、アルトラが出てくるたびにうっとり。
しかも、最初は神秘的で近寄りがたい存在に思えたアルトラの、意外な一面を知ってからは、ますますこの猫のファンになりました。
火猫だけではなく、"共にあゆむ者"や鷲獅子など、ファンタジーに欠かせない"人外"たちもみんな魅力的です。

そうか、登場人物がこんなに魅力的だから、このシリーズを全く知らなかった私でも、飽きることなく楽しんで読むことができたんですね。(今更かよ)

下巻が終わる頃には、すっかりこの物語のファンになってしまった私。
是非、シリーズ全部読みたぁぁぁい!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。