スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらの中の宇宙

てのひらの中の宇宙てのひらの中の宇宙
(2006/09)
川端 裕人

商品詳細を見る

だれでもそうだと思うが、小さい頃、私は死が怖かった。
母親が死ぬ夢を見ては飛び起き、傍らにちゃんと母が眠っているのを確認してほっとしていた。
身内が死ぬなんてこと、考えられもしなかった。

けれど5年前、その母の死が現実となった。
父が死に、その僅か1ヶ月後に母も見送ることとなった。

いのちは、どこから来て、どこへ還ってゆくのだろう。

小さな頃からの疑問は、未だ謎のまま。
たぶん自分が死んでも、それを理解することはないのだろう。
だって死は万物に平等に訪れるけれども、自ら感じ取れるものではなく、客観的にしか捉えられるものではないのだから。

子宮体癌の再発のため入院している妻。母親を失うかもしれない5歳と3歳の子どもたちに、父はこの世界の生と死を、どう教えてゆくのか。

青少年読書感想文コンクールの課題図書として選定されていた本書は、息子の夏休みの宿題のため、ずいぶん前に買ってあった。
しかし、身内の死を前面に出している物語が苦手で、なんとなく私自身は手に取らないままになっていた。

身内の死を扱う小説は、どことなくあざといものが多い。死を殊更に美化していたり、それで涙を誘うことが目的であったり。
けれど、実際読むと、本書にはそういった部分がまったくなかった。
そして、あまりの面白さに何故もっと早く読まなかったのだろうと後悔した。

主人公の5歳の息子ミライは、「なぜ?どうして?」真っ盛りな年頃。
理系の父親は、そんな息子の素朴な疑問に、真っ直ぐに向き合う。
そうして、宇宙について生について死について、淡々と、かつわかりやすく息子に語るのだ。

思えば、私も「なぜ?どうして?」少女だった。
物心ついた頃はテレビが映るのがふしぎでふしぎで仕方なく、何度もその原理を母親に問うては「どうしてだろうね」の返事にがっかりしたり、「底なし沼」のことを考えて怖くなってしまったり(本当に底がないのだと思っていた。)もう少し大きくなると、無限とはなんだろうとか宇宙の果てとは?とか、だいたいがぼーっとした子だったので、それはそれは色々と考えていた。
ミライはいいなぁ。「なぜ?」にきちんと答えてくれる存在がいて。
あの頃は、ひとつ物事を知るたびに目の前がぱっと開けて世界が広がるんだよね。
私もこんなとーちゃんが欲しかった。

そして、息子に語りながら、父親自身も様々なことに気付いてゆく。
すべてのものは原子で出来ている、その一番小さいものは素粒子で、と言いつつ

つぶつぶより雲のほうがいいな。境界がはっきりしないほうがいい。

なんて考えていたりする。
そして、すべての生き物は「好き」で繋がっている、と説明をする。
この父ちゃんも結構な夢想家なのだ。
やがて、息子と娘に夜毎語っていた空想の物語を童話として執筆するに至る。
この物語がまたいい。
「人間を背中に乗っけたまま眠っていたカメが目を覚まし、宇宙の果てを目指して旅をする」
てなお話。実際面白い童話になりそう。是非こちらも本当に書いて出版してほしいものだ。

お終いまで読んでも、この物語には劇的なクライマックスなど存在しない。
けれどそこかしこに散りばめられた、きらきらと輝く珠玉の言葉たちは、読み終えて何日も経過してしまった今でも、しずかに心に沈んでいる。
そして、アスカちゃんが「アンモナイト」のダンスを笑いながら踊っている光景がほっこりと浮かぶのだ。
(2~3歳の頃の子ってほんとよく踊るのよね)

それにしても、人ってすごい。
宇宙ほどの大きさのものでも、想像の世界では自分のてのひらに乗っけることさえ出来てしまうんだものね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

夏のロケット

夏のロケット (文春文庫)夏のロケット (文春文庫)
(2002/05)
川端 裕人

商品詳細を見る

社会人になりそれぞれの道を歩んでいた高校の天文部の同窓生が、数々の困難を乗り越え自前でロケットを打ち上げようというお話。

面白かった。
ロケットてそんなカンタンな仕組みだったのかと驚いた。
そりゃ実際に飛ばすにはいろいろ難しい問題は多いのだろうし、実際ごく簡単な学習用のペンシルロケットでさえマトモに打ち上げるのは難しいものらしいが、なんというか、ロケットなんてものは国家が計画して、宇宙開発センターとかNASAみたいなそれなりのちゃんとした機関が作って打ち上げるものだという先入観があるじゃないすか。少なくとも民間人が商売にするようなものだとは思えない。それが見事に覆された。

それと、ロマンあふれるイメージのロケットと、戦争の道具であるミサイルが基本的には全く同じ構造のものだということにも驚かされた。ロケット開発の歴史は明るい部分ばかりではなく、それが光り輝く陽の部分に向かうとロケットに、暗い陰の部分に進むとミサイルにと分化するわけなのだな。

そしてこの、大胆にも個人の集団でロケット打ち上げを計画した元高校の同級生たちは、ただふわふわと夢を見ているのではなく非常に現実的で冷静に事を進める。過激派との繋がりを疑われたり、いろんな法律に触れそうなことをやって警察に追われる立場になったりもするのだが、そんないろんな問題をクリアしてついにロケットを現実に飛ばしてしまうのだ。
しかもロケット打ち上げただそれだけが目的ではなく、最終的にはそれを使って自らが火星に降り立つことを夢見ている。

夢を実現するにはまず現実を見つめて綿密に一歩ずつ進める。そうすればどんなに困難な問題が立ちはだかってもいつかは夢を叶えることができる。そういう気持ちにさせてくれる物語。
どんなロマンも現実の裏打ちがあってこそ、なんだよね。

プロローグであり同時にエピローグでもある場面で流れる
「フライ・ミー・トゥー・マーズ(わたしを火星に連れてって)」
という曲は、その元天文部のメンバーであったロック歌手が歌う曲。思えばロケットのために全財産をなげうった彼こそが一番のロマンチストだったのだろうな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。