スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜宵

桜宵 (講談社文庫)桜宵 (講談社文庫)
(2006/04/14)
北森 鴻

商品詳細を見る

ビアバー「香菜里屋」再び。

前作「花の下にて春死なむ」ですっかり「香菜里屋」のマスターのファンになってしまった私。
早速続編にも手を出してしまいました。

ひとつ前に書評を書いた「チェーン・ポイズン」はタイトルとは裏腹にほとんど毒のない物語でしたが、この「桜宵」は、そのタイトルの美しさからは想像が出来ないほどの毒に満たされた物語ばかりの短編集でした。
それも、最初に登場する「十五周年」では、あしらわれた毒の量もごく微量で、ほろ苦い程度だったものが、「桜宵」「犬のお告げ」と進むにつれどんどんその量が増え、ラストの「約束」になるとかなりの猛毒小説と化すのです。
おかげで読んでいる私にも毒が回った感じで読後はちょっとした酩酊状態になったほど。

そんな猛毒を、マスターの工夫を凝らした絶品料理と共に味わう。
なんという贅沢。
そう、この「香菜里屋」シリーズの醍醐味は、日常の謎をマスターに解明してもらうといったミステリとしての楽しみのみならず、想像だけでも生唾の出そうな、その料理の数々にあるのです。

ただ、この小説、巷の評判的には「花の下にて春死なむ」に劣っているようです。
確かに「花の下にて春死なむ」のほうが読後感が良かった、といえばそうだと思います。
でもどちらが心に残るかといえば、私は「桜宵」に軍配を上げます。

特にラストに位置する「約束」は、ある種底冷えのする怖さがありました。その後味の悪さは天下一品(笑)。
喩えて言えば、人間の心の深い闇を覗くような恐怖、でしょうか。
こんなこと、有り得ない、と言い切れる人は、きっと幸せな人生を歩んで来られた人でしょう。
けれど"妄執"に囚われた人間は、この物語の女性のように、平衡感覚を失い、自らの狂気に気付かなくなってゆくのではないかと思います。
十分に、だれでも起こり得る怖いお話だと私には感じられました。
そして、その"狂気"に気付けたマスターもまた、きっと他人には伺い知れない過去をもっているのだろうな、なんて想像を膨らませてしまうのです。
そうそう、今回は、マスターの古い知り合いである別のバーのマスターも登場し、舞台はいっそう賑やかです。

食いしん坊さんにも、ミステリ好きにも、そして"毒"のある小説を読みたい人にもオススメできる上質な物語。
どうぞ味わってみてください。
ただし、ニガイものが苦手な人には、ちょっとキツイかも、です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

花の下にて春死なむ

花の下にて春死なむ (講談社文庫)花の下にて春死なむ (講談社文庫)
(2001/12/14)
北森 鴻

商品詳細を見る

「新鮮な、若鶏が手に入ったので、たまねぎと煮て、たまごでとじて炊きたてのご飯に乗せてみました」


…それはただの親子丼(・_・)。

いいじゃないか。
ただの親子丼でも、『香菜里屋』のマスター風に言うと、途端にごちそうに思えてくるのが素晴らしい。

この本に出てくる安楽椅子探偵役の、ビアバー『香菜里屋』のマスターは、万人受けしそうな年齢不詳な人物。
とても魅力があるんだけど、ちょっとステレオタイプ過ぎかな。よしながふみや今市子にイラストにしてもらえたら、きっと雰囲気出るだろうなぁ。
(どちらもBL系の人だというあたり、私もちょっとアレだな。←アレってなんだ)

肝心のお話の方だが、タイトルにもなっている、最初の「花の下にて春死なむ」は、『香菜里屋』の料理の如く、絶品。でも語りすぎると、せっかくの味が台無しになってしまいそうなので、多くは語るまい。
ただただ胸を抉られるような、切ない切ない物語。草魚の故郷にまつわるミステリーに、早過ぎる桜の開花のミステリーを絡ませ、見事な話の展開だった。

ただ、6つのお話の中には、ちょっと、これはどうかなという残念なものも。
特に「殺人者の赤い手」は、無理矢理なこじつけ感が拭えない。
いくらなんでも、犯人の設定が苦し過ぎて興醒め。都市伝説の誕生秘話は意表を突かれた感じで良かったと思うのだけれどね。
「七皿は多すぎる」も、発想はいいけど、ちょっと納得し難い話だなぁ。
だいたい、毎日人のいない昼間に回転寿司屋を訪れて鮪ばっかり食べるおぢさんなんて、怪しすぎてあまりに目立つでしょ。
作中の人物の創作物語だとしても、あんまり出来は良くないし、オチもあやふや。
私個人としては、この二つは要らなかったんじゃないかなと思う。

ラストは、また第一話に繋がる物語に戻り、これもまた、何とも切ない物語で、ミステリーとしても素晴らしく、クオリティが高い。

冬の寒い日に、温かい布団の中で、美味しい食べ物にヨダレを垂らしつつ(笑)ぬくぬくと、ゆっくりと楽しみたい一冊。

『香菜里屋』のマスターの新しい謎解きは、残念ながらもう決して披露されることはない。
けれど、いまでもひっそりと、本当にどこかの街で、あのマスターは、訪れる客たちに、美味しい料理をふるまい、謎解きに興じているんじゃないか、なんて、楽しい想像をしてしまうのだ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

メビウス・レター

メビウス・レターメビウス・レター
(1998/01)
北森 鴻

商品詳細を見る

騙されるだろうなーとは思ってたんですよ。うん。
読む前から、相当トリッキーな話だという噂はそこここで見聞きしていたので。
案の定…というか、見事に落とし穴に落とされまくりましたよ。それはもうどっすんどっすんと。
ラスト近くになり、「ああそういうことか」と納得しかけたところでまたどっすん。
どうしてこう、私って騙されやすいのでしょう。作者の術中に嵌り過ぎですよもう。
それにしても、この捻り方はすごいです。よくここまで考えられたなぁと感心しました。お見事!

お話としても面白かったです。
ただまぁ、母親として読めば「それはないだろう」というような心理描写が多く、少々納得し難い面もあります。
無理矢理だなぁとも思うし、結末は、なんだかサスペンスドラマの山場のよう…。
けれど、人間の心の闇と言えば、そう言えなくもないかもしれないなぁ。
作中に「山月記」の一節が出てきますが、誰であれ、本能に従う"獣"の部分を持ち合わせているのでしょう。

どこまでも清冽で、透明な…
「ぼく」と「彼」の純粋な魂は、あの結末で少しでも救われたのでしょうか…。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。