スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICO-霧の城-

ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ゲームのノベライズ本です。
元々こういったノベライズものが好きではなかったのと、いくつかレビューを読んでいて評価がイマイチだったので躊躇していたのですが、いつのまにかムスメが買ってきていたので読ませてもらいました。

なるほどゲームだなぁ。
というのが当初の感想。
最初に手に入れるのが「木の棒」だったり、色々な仕掛けを解いていったりといった趣向がそれを窺わせます。

でもなんだろう。
やっぱり宮部さんはすごい方なんですよね。普通にファンタジー小説としてもきちんと面白い作品に仕上がっているんですよ。
そして相変わらず少年を描くのがうまい。
主人公のイコも、友達のトトも非常にいきいきとしているので、容易に物語に入り込め、大いに感情移入して、ドキドキしたりハラハラしたり、憤ったり悲しんだり、その世界観を存分に楽しむことができました。

これは宮部さんが考え付いたことではなく元々の設定なのかもしれませんが、霧の城やニエのしきたりを産み出した根源について言及する部分など、人の浅ましさ、哀しさを、冗長になることなく的確に語るあたり、これはやはり作者の力量がモノを言った部分だと思います。
一応、善と悪的な前提でお話は進みますが、それだけで終わらないのが宮部さんですよね。

ゲームのストーリーを、ただだらだらと文字にして綴っているだけの本って結構ありますが(そしてだからこそ私はノベライズって意味を見い出せず好きではないのですが)、これは宮部さんの挑戦本だなぁと読み終えてつくづく思いました。
大のゲーム好きでもある宮部さんが、目の前に広がるゲームの世界をいかに文字で表現できるか。
中でも、あの「霧の城」を描き切ることができるか。
その意味に於いては、大成功したのではないかなと思います。
ただ、私が、「それはないだろう」と思ったのは、ヨルダのその後。
あそこは、やっぱり「現実」を突きつけてほしかったなぁ。
そういう意味での甘さは、私はあまり好みません。

総括すると、私は楽しかったですが、ゲームを知らない人や、ファンタジー好きな人には、割とあっさりした結末がほんの少し物足らないかもしれません。
そして逆に、「ICO」というゲームを好きな人には、納得できない小説かもしれません。
そういう意味で、他人に紹介するのは、ちょっと躊躇してしまいます。

そうだな、YA本として他人に安心して勧められるのは、どちらかと言うと「ブレイブ・ストーリー」のほうかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ばんば憑き

ばんば憑きばんば憑き
(2011/03/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

角川書店の「無料読者モニター」に当選して、発売前に一足早く読ませていただきました。
(完成前の白い本って初めてでビックリしました^^;)
もう既に書店に並んでいるし、角川書店のサイト上にも感想が掲載されたようなので、こちらに書いても差し支えはないかな。


本当に怖いのは、物の怪の類などではなく人の煩悩の方だ、とは巷間よく言われることである。
私も常々そう思っているし、「ばんば憑き」を読んでその想いをいっそう強くした。

妖怪話など、本来"あるはずのないもの"なのだから、下手な描き方をすれば、それこそ嘘くさく、単純に「ああ面白いお話だった」で終わってしまう。実際世の中にはそういう怪異譚が数多く存在する。
それがいったん宮部みゆきさんの手にかかれば、こんなにもリアリティをもってしまうのだからその筆力には驚く他ない。
「坊主の壷」の、"ある者"にしか見えない坊主の姿に、また、人知れず行われる「ばんば憑き」の儀式に、私は底冷えのする恐怖を感じた。
頭の中で想像するしかない「江戸怪奇譚」が、本当に目の前で展開されているようなおどろおどろしさがあるのだ。しばらくトラウマになりそうなほどだ。

しかしこの物語たちは、単に怖いだけでは終わらない。どの話も、非常に物悲しく奥深いのだ。
今の世の中よりも、人の命が相当に軽い時代。病に罹ったり人の手にかかったりで簡単に人は死ぬ。
子どもの死もまた多い。
けれど、その死を悼む気持ちはいつの世も同じ重みを持っている。
それは此の岸も彼の岸も同じ。
それだからこそ、想いは残り続ける。

私自身は、ふつうの妖怪話とは少し趣が異なるが、「討債鬼」が一番心に残った。
我が子を差し出してでも、自分の心の負債を祓おうという浅ましい心根の持ち主に対峙する主人公とその周囲の人物像がとても素晴らしく、心塞がれる物語であるにも関わらず、ある種の清々しさが残る。
真っ当な人間がやっぱり私は好きなのだ。
「野槌の墓」もまた、哀しい物語であるにも関わらず読後感が良かった。
猫又の粋なはからいに思わず落涙。
いかに「怪奇譚」と言えども、あまりに後味が悪いのはやるせない。
そういう意味でも、物語の締めくくりにこのお話を持ってきたのはとても良かったと思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

模倣犯

模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

「どうして人を殺してはいけないのか」

道義的な意味合いや観念論に頼らず、その問いに説得力を持って明確に答えられる人はどれぐらいいるだろうか。

「模倣犯」の犯人は、己の自己顕示欲を満たすためだけに人を殺す。
そしてそのことに一切ためらいや疑問をもたない。もちろん後悔もしない。
それどころか、保身のためであれば、幼なじみを犠牲にすることすら厭わない。
彼には、"人を殺してはいけない理由"をどんな言葉で語って聞かせても、きっと理解できないのだろう。
彼にとって、すべての他人は、自分を輝かせ、優越感に浸らせるための役割しかもたない"脇役"に過ぎないのだ。


宮部みゆきの社会派小説の特徴のひとつとして、登場人物の人となりや抱える背景を、これでもかというほど丁寧に描いている、という点があげられる。
この小説にしてもそれは同様で、事件に関わるほとんどの人物について、ページを割いて仔細に描いている。
それがあればこそ、物語の世界に容易に入り込め、感情移入することができるのだ。
にも関わらず、どういうわけか、この事件の犯人"ピース"についてだけは、ほとんど背景が描かれない。
犯人に必要以上に感情移入してしまうことを避けるための、それは作者の意図的な手法だったのだろうか。

だとしても、私は、敢えてそこに突っ込んで、もっと犯人の人物像を掘り下げて描いてほしかった。
彼の犯行は、決してやむにやまれぬ、といった事情あってのものではないのだ。
人を虫けらのように殺して何の良心の呵責も感じない、彼の精神の病理を知りたかった。

「模倣犯」というタイトルの本当の意味は、最後にわかる仕掛けになっている。
そのあたりは、さすがだな、と唸らされた。
にしても、これほどまでに物語として完成度が高いにも関わらず、結果的に回収されないままに放置された伏線がいくつかあったことが非常に残念。
宮部みゆきほどの作家であれば、どれだけ物語が長くなっても、きっちりとすべてを回収して綺麗に着地してくれるだろうと期待していたのだけどな。


ともあれ。
冒頭の、「人を殺してはいけない理由」は、物語のエピローグとして語られる、一人の被害者遺族の言動に凝縮されている。
目に入れても痛くないほどに可愛がっていた、たった一人の血縁者である孫娘を無残に殺された老人。
彼は、事件の間中、ずっと冷静だった。犯人に振り回されても、どんなに辛い目に遭っても、「孫娘のためなら」とじっと耐えて耐え抜いていたのだ。
その老人が、犯人が逮捕されたことを伝えるニュースアナウンサーの

「これで事件もようやく終わりを迎えました。」

という何気ない一言に、声を荒げ、荒れ狂う。

「なにが終わりだ。なにも終わっちゃいないんだ」
と。

老人の慟哭こそが、すべてを語る。

慎ましく、それでも平凡に、小さな幸せに満ちていたであろう、老人と孫娘の生活。
決して派手ではなくても、それぞれに懸命に生きていた被害者とその遺族の人生。
それらはすべて、犯人によってズタズタに切り裂かれ、彼らの心も同時に殺されたのだ。

人を殺す、と言うことは、そこに関わるすべての人々の人生を、心を、共に殺すことなのだ。
被害者側のみならず、加害者側の関係者であっても、損なわれない者は一人もいない。

そして憎悪は次の憎悪を呼び込み、決して終わることがない。


「どうして人を殺してはいけないのか」

そんなこと、問うことすら思いつかない、そんな普通の人生を、愛しく思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

理由

理由 (新潮文庫)理由 (新潮文庫)
(2004/06/29)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

直木賞受賞作である社会派ミステリー。
嵐の夜、東京都荒川区の超高層マンションで起きた一家四人殺人事件。
この物語は、その事件の顛末の一部始終を一人のルポライターが事件の関係者にインタビューする形式で書かれている。
なのでまるでノンフィクションのルポを読んでいるかのような錯覚に襲われる。

裁判所による不動産競売のカラクリなど、非常に勉強になるところが多かった。占有屋なる職業(?)の存在もこの本によって初めて知ることになった。
ただしこの内容を面白いと思えるかどうかは好みが分かれるところだろうなぁ。私は結構面白いと思ったけど。

結果から見ればひとつの事件も、切り口を変えるといろんな断面が見える。
人にはそれぞれ事情があり、この事件の関係者の行動にもそれぞれの「理由」があるわけだ。
その一人一人の人物すべてに光を当て、その背景を丁寧に描写している。いろんな人間模様が入り混じってひとつの「出来事」が起こるわけだな。作者が書きたかったのも実はそういうところなのだろう。
なので、各人の背景についての記述が多過ぎてうんざり、だの蛇足だのという論評は間違っていると私は思う。その部分が抜けると「理由」というタイトルに意味がなくなる。
現実に一見複雑に見える事件だって、動機は案外単純なものだったりするのかもしれないよね。その単純な「理由」が積み重なって、取り返しのつかない「事件」に発展してしまうのだろう。

心に残った言葉
「人間には「見る」というシンプルな動作はできない。
できるのは「観察する」「見下す」「評価する」「睨む」「見つめる」など何かしら意味のある目玉の動かし方だけ…。」

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。