スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子のハンマー

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
(2007/10)
貴志 祐介

商品詳細を見る

貴志祐介初の本格ミステリーなんだそうな。

探偵役の、自称「防犯コンサルタント」榎本(本業は泥棒?)と、女性弁護士の青砥コンビが、不可能犯罪の謎に挑む。

巧妙に張られた様々な伏線が読む者の目をくらませる。
なるほど前半は本格の名にふさわしい面白さ。これでもかと次々に捻り出す推理を、
「おおっこれぞ真相か」
と膝を打ちかけたところで、探偵自ら打ち消してゆく。前半はその繰り返し。
後に残るのは、いよいよ鉄壁に見える密室の謎。
二転三転四転五転…の推理の後に、果たしてどんな結末が待っているのか。

…とわくわくしかけたところで、一転して物語は倒叙形式へと変貌する。
つまり、犯人の手記のような形をとった解答編へと突入するわけだ。
ここからは、ミステリーではなく「サスペンス」。
さながら同じ作者の「青の炎」を思わせる展開となってゆく。

これは…
評価がはっきりと分かれるだろう。
"本格"を目指すのであれば、倒叙の後半は、イマイチなじまない。
個人的には、前半の流れで最後まで突っ走ってほしかったとは思う。
けれど、そうするとやはり動機の点で厳しかったのだろうな。
うーん、でも、いくら考えても、「何も殺すこたぁなかろうに」と思ってしまうのだな、私は。
その意味で、「青の炎」ほどには感情移入ができなかった。
犯人に同情はしたけれども。

結局、完全犯罪なんてムリなんだよ、と作者は言いたいのか。
それとも殺人は何があってもダメなんだってことが言いたかったのか。
いやいやむしろ、防犯意識をしっかりもちましょうってことが主題?(それは違う)

いずれにしろ、「黒い家」の時も感じたことだけれど、貴志祐介はちょっと登場人物に語らせすぎるきらいがあるよなぁ。
私はあまりそういうストレートな"語り"は好まない。なんだか美しくないのだ。
物語、なんだから、ストーリーで語ってくれ。

総括すると、
これは決して「本格ミステリー」…ではない気がするなぁ私は。
面白くなかったわけでもないのだけど。
別にこれをシリーズ化してほしいとかは思わなかったし、やや小粒。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

青の炎

青の炎 (角川文庫)青の炎 (角川文庫)
(2002/10)
貴志 祐介

商品詳細を見る

17歳の男子高校生が、たった一人で、家族を守るために完全犯罪を目論み義父を殺す。

この小説は、犯人側の視点で物語が進む「倒叙ミステリー」のため、どうしても主人公に感情移入してしまい、追い詰められていく主人公と共に自分も追い詰められて行くような気がして精神的にキツかった。
結末は、最初から予想はついてました。破滅に向かってゆっくりと進む時計。

この主人公の気持ち、私にはとてもよくわかるのです。
何故なら私にも彼と同じように苦しかった時期があったから。
彼の場合は、かつての義父。私の場合は実父だったけどね(笑)。
ほんとに殺してやりたいと思っていた。特に高校生の頃なんて学校と家庭以外に自分の場所なんてないもの。その安らぐべき家庭が自分にとって安らぎの場でなかったら。アイツさえいなければ家族は平和だったはずなのに。
あの頃の私はいつも父親を殺すことを考えていたような気さえする。なんとか、なんとか事故にみせかけてアイツを殺せないものか。毎日そんなことを夢想してた。

あの頃に今のようにネットを通じて何でも出来る環境があって、私にもっと頭脳と行動力があったら、もしかしたら実行に移していたかもしれない。なんて。
ああ、なんか怖いこと書いてますね(笑)。まぁたぶん条件が揃っていても実際には私にはそんな勇気も行動力もなかったろうけどね。

だけど彼と私との最も大きな違いは、その動機。私の場合は「家族を守る」なんて純粋なもんじゃなかった。確かに母親のためにという思いもあったけれど、一番の理由は「自分の平安のため」だったように思う。けれど彼は純粋に家族を守るために闘ったんだよね。その方法は間違っていたけれど、その暗い決意があまりにも健気で憐れで泣けてくる。
彼がもっと大人で思慮深かったら、あんなに頭脳明晰な子だもの、もっと他にいい方法も見つかったかもしれない。時を待つ、ということが、けれど若い彼には出来なかった。
最初の頃は主人公の気持ちで読んでいたのが、終わり近くにはもうほとんど「母親」の視点で読み進めていたのはやはり私が人の親だからだろう。

以下ネタバレですのでご注意を。

法律だとか道義的な問題は脇にどけておくとして、彼の行動を私は許せる。とても責める気にはなれない。
けれど最後の行動だけは「人の親」である私には許せない。彼は家族を守ろうとして結局一番家族を悲しませる行動を選んでしまった。親にとって一番の苦しみは、子どもがいなくなることなんだよ。どんな姿でもいいから、生きているということだけでもう親孝行なんだということをわかってほしかった。

ラストではもう涙を止めることが出来なかった。あまりにも痛ましい。
「切ない殺人者」という言葉がほんとにピッタリくる、心に痛い1冊でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

黒い家

黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る

他の人から「ものすごく怖い」とさんざん脅されていたので、かなりビビりながら手に取ったのですが、別に怖くはなかったです。
怖いというよりはキモチワルイ。もっとオカルトなお話かと思ってたのでちょっと肩透かし。
もちろんいちばん怖いのは生身の人間だってことは承知の上で、もちっとぞくぞくするものがほしかったな。
私は、サイコパスとかいう、そもそも"普通とは言えない人たち"が何か猟奇的なことをやるのは別にオドロキもないし、それが実生活で関わりがあるなら別だけど、あくまでお話の上でのことなら怖くない。
本当に怖いのは、一見ふつうに暮らしていて、性格も穏やかで、という人が、何かをきっかけにして壊れていくのだけど、それがなかなか表面に表れない、とかいう設定のほうじゃないのかな。
肝心な「黒い家」もあんまり存在が生かされていない気がするし、そもそも犯人がだれだか私は最初からわかっちゃったのが痛かったな。ひねりがなさすぎるんだもの。
あと、周りの人たちが実にカンタンに殺されていくのにも関わらず、作者にとって死ぬと都合の悪い人たちは決して死なないってとこがあまりにご都合主義で萎える。その殺され方にもちっとばかりムリがあり過ぎると思うしなぁ。ムリヤリ猟奇にもっていっているみたいな。
それと、色々語りすぎで鬱陶しい。言いたいことはわかるんだけど、言葉にし過ぎでくどい。このお話だったら狂言回し的存在は必要なかったし逆効果だったのでは。

うーん。
総括すると、なんだかいろいろわかり易すぎて、ちょっとグロい火サスを見ているような気分でした。
なんでだろうなぁ。人物描写に深みがなかったのが原因かなぁ。だれ一人として感情移入できる人がいなかったのが致命的かもしれない。
もっと驚かせてほしかったです。「日本ホラー大賞」受賞作品とはとても思えず、色んな意味で非常に残念。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

新世界より

新世界より(上) (講談社文庫)新世界より(上) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る

新世界より(中) (講談社文庫)新世界より(中) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る

新世界より(下) (講談社文庫)新世界より(下) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る


コレ、ずぅぅぅぅっと読みたかったんですよね。
でもハードカバーは高くて手が出せないし、ヤフオクでもなかなか落とせず、で、指をくわえてました。
それがようやく文庫になったので、ついつい一気買い。
でもよくよく考えたら、3冊でこの厚さだと文庫でもけっこー高い。何やってんだろう私。しょんぼり。

1000年後の世界なんて、想像できるだろうか。
歴史で学んだ1000年前の世界だって、ぼんやりとしか思い描けない。
今と同じ感情をもつ同じ人間がそこにいた、とは、なかなか想像しがたい。
まして1000年後は…。

しかしこの物語は、そんな1000年後の日本が舞台となっている。
人口は、とある事情により1億から5万人程度へと激減。
工業や通信といった文明は相当後退し、電力はごく限られた用途にしか用いられない。
その代わり、何故か「呪力」と呼ばれる超能力(PK)が当たり前に存在する世界へと変貌している。

子ども達は厳重に管理され、町の端の八丁標と呼ばれる注連縄の外には決して出てはならないと戒められる。
小さい頃から、おとぎ話として、八丁標の外には"悪鬼"や"業魔"と呼ばれる恐ろしい存在がいると繰り返し刷り込まれて育つのだ。
夕暮れ時の薄明かりの中、遠くから聞こえてくるドヴォルザーク「新世界」の第二楽章「家路」。
それが流れると、子ども達は一様に、家を目指す。管理された箱庭の世界の我が家へ。

現実を疑うことも知らず。


読み終えて、貴志祐介という人は、なんて凄いんだと、つくづく感嘆した。
1000年後の世界の造型が、生態系のディテールが、あまりに緻密なのだ。
ミノシロ、バケネズミ、その他数多の昆虫や爬虫類に至るまで、非常に細かく表現されていて驚愕の一言である。
なので、1000年後という、私にとって想像の枠外の世界のお話であるにも関わらず、非常にリアリティをもって読み進むことができたのだ。
けれどそれだけに、それらの現代とはかけ離れた生態系に、なんとも言えぬ違和感も覚えた。
人の感覚からすれば、1000年は悠久とも言える長い年月だけれど、地球の歴史からすれば、1000年なんて、あっという間ではないか。なのに何故、こんなにも生態系が現代と異なっているのか。
読み進むうち、ある疑惑がアタマをよぎった。
バケネズミの正体を知るに至り、「ああ、やはり」と合点がいくことになるのだけど。

人はどうして、常に生態系の頂点にいたがるのだろう。
人と人でないものとを区別するものは、いったいなんだろう。
そもそも、人の定義とは。

読み終えて、とりとめもなく色んな思いが渦巻いた。
この余韻は半端じゃない。

ただ、疑問もいくつか残った。
守が、どうして「不浄猫」の"標的"となったのか。
そもそも、何故、彼が1班のメンバーだったのか。
"彼ら"とバケネズミの間に何があったのか。

そのへんがすっきりと解決されていれば、もっと良かったと思う。
けれど。
これは掛け値なしに傑作です。

大傑作です!(大事なことなので二度言います(・_・))

ファンタジーやらSFやらが苦手でも、長編がニガテでも、とにかく読むべし!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
(1996/04)
貴志 祐介

商品詳細を見る

人に触れることでその人の心を読み取る超能力「エンバス」を持つ加茂由香里は、その能力を活かして、阪神大震災のボランティアとして被災者の心のケアをしていた時に、12の異なった人格を有する「多重人格障害」と思われる森谷千尋という少女に出会う。彼女の心に寄り添い、なんとか人格の統合を図ろうとする由香里は、千尋の心に潜む13番目の人格「ISOLA」の存在に気付く。凶暴で怨念に満ちた「ISOLA」とは一体何者なのか。

「イソラ」と言えば、怪談「雨月物語」の中のひとつ「吉備津の釜」に出てくる、恐ろしくも悲しいヒロイン「磯良」。この物語の「ISOLA」は雨月物語を読んだ千尋が知らず知らずのうちに生み出してしまった負の感情が人格となったものだと推論された。
当初はほとんど意識にのぼらずただ黒い怨念の塊として千尋の心に深く沈んでいたISOLAが次第に知性を持ち始め、千尋のカラダを自由に抜け出し千尋に害をなす者たちを抹殺していく。
暗い夜の中、憎悪を撒き散らしながら徘徊するISOLAを想像するとぞっとする恐怖を感じた。

そして由香里がそのエンバス能力で辿りついた驚愕の真実とは…。

物語が佳境に入り、何故「イソラ」が「磯良」でなく、「ISORA」でもなく「ISOLA」なのか、その答えを知ったときにあっと驚く展開がアナタを待っています。ふふふ、ビックリするよ(笑)。

最後まで飽きさせずにグイグイと読者を引っ張る展開は素晴らしい。
でも、ラストはちょっと期待ハズレ。
もう少し、あっとおどろくエンディングを見せてほしかったなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。