スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン・フリース

ゴールデン・フリース (ハヤカワ文庫SF)ゴールデン・フリース (ハヤカワ文庫SF)
(1992/11)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

ソウヤーは面白いなぁ。
本当にどれもこれもハズレがないからすごい。
書く際に選ぶテーマには、おそらく作者自身の趣味嗜好が反映されているのだろうけれど、決して独り善がりにならず、常に読者を第一に見据え、読者を楽しませることに徹している。
好きが高じていつのまにか作者の一人語りに発展し、読んでいて辟易させられる小説が多い中、なかなかどうして、出来ることではありませんよ。

さて本題。

人間の命を守ることが第一命題のはずのコンピューターが殺人を犯す…
さてその動機は?
というのが本作のテーマ。

入念に選出された1万の人間と共に、47光年の彼方に発見された惑星コルキスをめざす宇宙船「アルゴ」を統括する、第10世代コンピューター「イアソン」。
その行程の半ば、人々の間にそろそろ地球への帰還を望む声やホームシックが蔓延し始めた頃、有り得べからざる悲劇が「アルゴ」を襲う。乗組員の一人「ダイアン」が無残な姿で発見されたのだ。
彼女の死は自殺か他殺か。閉ざされた宇宙船の中で、人々は騒然となる。
「イアソン」は彼女は自殺したのだと主張する。万全の監視体制を取っているはずのイアソンが何故それを止められなかったのかの理由も、一見納得のいくものだった。
だがしかし、ダイアンの元夫アーロンだけは、その死因に違和感を拭えず、独自の調査を始める。

倒叙形式なので、概ね第10世代コンピューター「イアソン」の視点で物語は進みます。
最初にイアソンによる殺人の一部始終が語られます。刑事コロンボですね。
しかしイアソンは、その動機については決して語りません。
彼が抱える秘密とは一体何なのか。ダイアンは何故殺されなければいけなかったのか。

作者が「2001年宇宙の旅」を意識していたのは確かでしょう。
けれど、思うにソウヤーは、HALの殺人動機に納得がいかなかったのではないかな。
真相が明かされた時、驚きと同時に「ああなるほど」と非常にストンと腑に落ちたのです。
人工知能は、いくら進歩しようとあくまで「人工」なのです。ヒトとは明らかに違うのです。
感情を持っているようで、それはやはりヒトとは全く異なった構造をしている。
"守る"という意味を、"人を傷つけない"ということの意味を、彼らは論理的にしか理解できないのです。
あれほどまでに"感情的な"イアソンでさえ…。

そう、イアソンはとても感情豊かなのです。真相に近付きつつあるアーロンのことを「いまいましい」と吐き捨て、不安に思うあまり、アーロンの脳を丸々コピーして(!)彼の思考を後追いしようとまでします。
しかも睡眠中を狙って洗脳まで試みるとか。お茶目過ぎです。
サイコーだったのは、真空シャフト内エレベーターにわざわざ音を付けているというくだり。

はじめは冗談だった。こんなものが音をたてるはずがないことに、だれかが気づくと思ったのだ。これまでに七千三百万回エレベーターを動かしたが、まだだれも気づいていなかった。


音がするはずないんですよね。真空なんだから。なのに誰も気付かない。こんなお茶目なことをやりつつもコンピューターなので、しっかり回数はカウントしている。笑えます。

最終的に最先端コンピューターイアソンの犯罪を暴いたのは、殺されたダイアンの持ち込んだ骨董品だったというのは大いなる皮肉。
しかし、この物語、そんな小さなスケールでは終わらないのです。
最後の最後に大ドンデン返し。
ええーっ!?
となること間違いなし。

やるなぁ、ソウヤー。そうかそうきたか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑「1ミシシッピ」で1秒だそうですよ。1ミシシッピ2ミシシッピ…あらほんとだ(・_・)
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

占星師アフサンの遠見鏡

占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫SF)占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫SF)
(1994/03)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

知性を持つ恐竜が栄えている、とある星のお話。

恐竜キンタグリオ族は、その獰猛な本能や過剰なほどの縄張り意識を、世襲制の国王の下、国家宗教と理性の力で抑え、非常に強固な文明国家を築いている。地球で言うなら、ちょうど中世ヨーロッパ程度の文明。
文明が栄えているとは言え、未だ天動説が常識という時代設定である。

そんな中、その聡明さと卓抜した才能を早くから見い出された主人公アフサンは、年若くして宮廷に入り、気難しい師タク=サリードに仕えつつ、宮廷占星師を目指して修行を重ねている。

彼らには、大人への通過儀礼として、狩猟と巡礼という二つの儀式をクリアすることが義務付けられている。
狩猟は、その狩りへの欲求と縄張り意識を昇華するための儀式、そして巡礼は、船で大河へと漕ぎ出し、はるか彼方にあるという「神の顔」を詣でるという長い旅。偉大な神の顔を目に焼き付け、終生の忠誠を誓わせるための儀式であるのだ。

主人公アフサンもまた、首尾よく狩猟をクリアし、次期国王であるダイボ王子と共に、ダシェター号に乗って巡礼の旅に出たのだが、手に入れた遠見鏡を使って日々天体を観測するうち、驚天動地の、とある大発見をしてしまう。
数々の書評で"少年ガリレオ"という名前を冠されていることを見れば、彼がどのような発見をしてしまったのかは自ずとわかるだろう。
そして、それと共に、もっと重大な星の危機にも同時に気付いてしまったのだ。

一刻も早く、この事実を皆に知らせねば。

しかし、キンタグリオの民族がそれまでずっと信じてきた"神の存在"を真っ向から否定してしまうこととなるこの発見を人々に伝えれば、当然、自分は異端者として断罪されることとなる。自分に関わる多くの人々を苦しめることにもなるだろう。
アフサンは苦悩する。
しかし、今、伝えなければ、そして行動しなければ、やがて星は破滅を迎えてしまうことは確実なのだ。

アフサンの苦渋の決断は、星を救うための偉大な一歩となったが、その代償として彼が失ったものもまた、非常に大きく痛ましいものだった。

果たして、キンタグリオの星の命運や如何に…。

ということで、非常に続きが気になるところなのだが、とっても残念なことに、この第一作目が出てからもう何年にもなるというのに、続編は日本では未だ出版に至っていないのだ。
何でだ?どんな事情があるのかはわからないが、こんな名作の続編が読めないのは歯がゆくてならない。

キンタグリオの食事や狩りの様子など、少々血なまぐさくグロテスクな部分もあるが、ソウヤーの本領発揮とも言える想像力豊かな異星人たちの物語を、もっともっと堪能したいものだ。

ハヤカワさん、頼むよ!ほんとにもう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑「怪獣王子」を知ってる人はいるだろうか(・_・)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ホミニッド-原人

ホミニッド-原人 (ハヤカワ文庫SF)ホミニッド-原人 (ハヤカワ文庫SF)
(2005/02)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

もしも、我々の祖先がクロマニヨン人ではなく、ネアンデルタール人だったら、この地球はいったいどんな世界になっていたのだろう。
もしも、我々の存在するこの宇宙がただひとつではなく、どこかに別の宇宙があって、我々とは少し横にずれた時間軸の中を平行に進んでいるとしたら…。

そう、この物語は

ネアンデルタールから進化した世界に住む科学者ポンターが、量子コンピューターの実験による事故で平行宇宙に飛ばされて、クロマニヨンから進化した人間に、ある日突然、出会った――(by 下條アトム『世界ウルルン滞在紀』)

ところから始まるのだ。なんてそそられる設定だろう。SF好きでソウヤー好きな私が、こんな面白そうな本を見逃すわけがないじゃないか。

で、ほくほくと読み始めたわけなのだが、もう、もう、期待に違わず、本当に面白かった。
途中で読むことをやめることができず、とうとうお終いまで一気読み。
平行宇宙の、あっちとこっちで同時に物語が進み、まるで映画を観ているかのように場面が次々切り替わるため、まったく目が離せないのだ。
我々クロマニヨン側では、突然現れた"進化の法則から外れた人間"の登場に大パニック、一方ネアンデルタール側では、実験中の科学者が突然消えたため、残された相棒に、殺人の嫌疑がかけられ、こちらもハラハラの連続。
さすがソウヤー、読者を楽しませるのが本当にお上手。

しかしながら、ただ物語として「ああ面白かった」では終わらない、非常に重い問題提起も、ソウヤーは忘れていない。
実はソウヤーが描きたかったのはそこの部分だろう。

人間の本質。

どこまでも合理性を追求し、すべての人類が平和に共存できる理想郷を築き上げたネアンデルタール人の住む地球に対し、我々の住む地球はどうだろう。
少しでも"自分たちだけが"便利で快適な生活を営むために、敢えて非合理な生活スタイルを続ける。
ひとつの種が絶滅するまで狩り尽くし食べ尽くし、大気が汚れることもおかまいなしに生産し続ける。
"正義"の名の下に争うことを決してやめない。
だれもが、いずれ破滅が訪れることを恐れつつ、合理的でないことを「まだまだ大丈夫」と嘯き、止めることが出来なくなっている。
そんな我々に、ポンターは「何故そんな生活を続けるのか」「どうして無意味な争いをやめないのか」と問いかける。

ポンターの素朴な「なぜ?」に、最早、いまの地球人はだれも答えることはできない。
だからと言って、自由に愛する人と暮らすこともできず、好きなときに好きな人と交流できない「理想郷」に住みたいとも私は思わないが、それでも、「何故やめられないのだろう」との問いは、心のどこかにしっかりと納め、折りあるごとに取り出して、自分の生活を見つめたい。

…一点、私からもポンターに素朴な問いを。

いくら嗅覚がすぐれているからって、すべての女性が揃いもそろって同じ周期で生理を迎えるなんてことは、ちょっと無理じゃないっすか?体調や精神的なことで生理周期なんて簡単に崩れるんだけどなぁ。実にフシギだ。
そこんとこ、ソウヤーさん、どうっすか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑先祖はネアンデルタール人に違いない!って人、結構いるよね(・_・)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

さよならダイノサウルス

さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)
(1996/10)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

恐竜絶滅の謎を解明するため、六千五百万年の過去にタイムトラベルをした古生物学者「ブランディ」と「クリックス」の二人。
二人がそこで出会ったのは「待ってよぅ」と言葉をしゃべりながら追いかけてくる一匹の恐竜だった…。

いやー。やっぱソウヤーはすごいなぁ。
あとがきで訳者が語っていたが

1 恐竜はなぜ絶滅したのか
2 恐竜はなぜあれほど巨大化できたのか
3 白亜紀と第三紀の境界になぜイリジウムの豊富な地層があるのか
4 恐竜の肉はうまいのか
5 火星はなぜ死の惑星になったのか
6 時間旅行はなぜ可能でなければならないのか

これらの謎(4は解明されたわけじゃないけど(笑))が実にうまく解明される。
物理学や古生物学に明るくない私なんか、うっかり本当のことなんじゃないかと信じかけてしまうほどに見事に。
しかもしかも、その絶滅の理由がねぇ…。
なんたる皮肉か。

それ以上にびっくりしたのが、「6」について。
この逆説はすごいと思った。

「可能」ではなく「可能でなければならない」

のだ。
種を植えなければ育たないのである。
…おっと、これ以上はネタバレになるのでやめとこう。

それと、主人公が、カッコイイ青年とかじゃなく、情けない中年ってとこがまたいい。
この主人公の、何事にも慎重で、決断を下すことが出来ず、石橋を叩いて叩いて叩きすぎて壊してしまうようなところが、読んでる私自身を投影しているようで、ちょっと心に痛い(笑)。
挙句に、疑心暗鬼にかられているうちに妻を寝盗られ、あまつさえ、寝盗った相手とコンビを組んではるばる六千五百万年の過去への二人旅に出るはめに陥るなんて。

「行動しないというのは、それ自体がひとつの決断」

繰り返し語られるこの言葉が心に刺さった。
私も、行動しなきゃね。

より良い過去のために…。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。