スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すベてがFになる

すベてがFになる (講談社文庫)すベてがFになる (講談社文庫)
(1998/12/11)
森 博嗣

商品詳細を見る

「どこにいるのかは問題ではありません。会いたいか、会いたくないか、それが距離を決めるのよ」 真賀田四季

ミステリーといえば、大衆文学。
そして、森博嗣といえば「理系ミステリー」とよく言われる。
けれど、私はこの人の書くものをそんな風に捉えたことはない。そんな枠では到底納まりきらない。
ミステリーとしてのクオリティの高さと十分なエンターティメント性を保ちつつも、その紡がれる言葉の数々には、最早純文学の香りすら漂っているのだ。

「天才だ。まさに、天才」

犀川先生は真賀田四季をそう評するのだが、私からすれば森博嗣こそがその名にふさわしい。

実は私はその昔、汎用コンピュータのプログラマーを2年、SEを5年ほどやっていた。
なので、冒頭の真賀田四季と萌絵の会話
「私だけが、7なのよ・・・。それに、BとDもそうね」
で、すぐに「F」の意味はピンときた。まぁ、だからと言ってそれが傷になるわけもなく、何がどう「Fになる」のかは全くわからなかったわけなのだが。
そういう個人的なこともあって、細かいことを言えば、トリックの部分では、疑問に感じる部分がないでもない。
ファイルの上書きの件だとか、たとえソフトが完璧でも、ハード面でそう何年もトラブルを起こさずOSを動かせるものだろうか、とか。
けれど、そういった疑問など全く問題にならないほど、奇想天外なトリックに酔わされる。
密室にはプラスもマイナスも存在しないはず、という常識を覆す驚愕のトリック。
そう、森博嗣は常に我々に「常識とは」を突きつける。
そして、思い込みを覆されるたびになんだかひとつ賢くなった気がするのだ。
それは錯覚だよ…という突っ込みがあちこちから聞こえる。うん錯覚。でも"思考"においては確実に成長することが出来ていると思うのだ。

ところで、天才とは一体どういう人のことを言うのだろう。
萌絵は、その驚異的な計算速度から、一見天才であるかのように思えるが、決して天才とは言えない。
彼女は様々な可能性を計算して積み上げて推理するタイプ。なので自ずと限界がある。
ところが、四季博士や最川先生は思考の跳躍が出来る。所謂「1を聞いて10を知る」タイプ。
なんだか真賀田四季博士ぐらいになれば、その脳の構造は高次元に至るんじゃないかとさえ思える。
複数の人格を備えているというあたりも、そこらへんが原因だろうか。
単一の人格では決して納まりきらないのだろう。
犀川先生もまた、多重人格者である自分を意識しているが、彼の場合、四季のそれとはどうも意味合いが違っているような気がする。犀川先生の場合は、自分を守る鎧としての人格であり、別人格に固有の名前はないのだが、四季博士の場合はそうではない。

そして、その超絶天才の言う

"生きていること自体がエラーで、死んでいることが正常な状態"

という考え方に沿えば、様々な「?」もぼんやりとながら理解することが出来る。
理解は出来ても決して賛同は出来ないわけなのだが。

うーん、色々語りたいのだが、そうするとどうしてもネタバレになってしまいそうで悩ましい。
それにしても、S&Mシリーズは、登場人物たちのなんと魅力的なことか。
目からウロコなお言葉で、私の常識をさらりと覆してくれる犀川先生や、これもまた、世の常識が通じない世界に住んでいるぶっとんだお嬢様の萌絵、「F」では男のようにしか見えないけれどそのうち意外な素顔の覗ける国枝桃子などなど、どの人物も本当に味わい深く面白い。
そして、初読時にはどうしてもなじめず好きになれなかった真賀田四季博士までもが、何度も読むうちに本当に愛おしくなってくるのだから不思議だ。

"7は孤独な数字。私だけが7"

真賀田四季の、本当の孤独の意味を理解できる人間は、この世に存在するのだろうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

少し変わった子あります

少し変わった子あります (文春文庫)少し変わった子あります (文春文庫)
(2009/06/10)
森 博嗣

商品詳細を見る

このところまた、私の中では「森博嗣」ブームが訪れております。
これは、シリーズ作品ではないのですが、森ファンならやっぱり色々と想像をめぐらせてしまう出来になっています。

びっくりするぐらい美しい「文学作品」でした。
それはそれはもう、極上のお料理を上品な器で味わったよう。
で、文学作品でありながら、どこかしらミステリアスで、そこはかとなくホラーテイストも加味されている。

毎回場所が変わる、名前のない料理屋。美しく整っていながら何故か印象に残らない容貌の女将。
客はただ一人。そして、毎回異なった女性が一人、食事のお伴をするという趣向。
行方不明になった同僚から、かつて紹介されていたその店をなんとなく訪ねてみた主人公の大学教官は、その不可思議な空間に、初めはとまどい、訝る。
食事のお伴をする女性もまた素性を明かさない。"その類"の店のように酔っ払いの愚痴を聞いてくれるわけでもない。特になんの特典もない。ただ、何故か皆、所作が非常に洗練されていて美しい。
「こんな趣向になんの意味があるのだろう。」
しかし、"ほんの少し物足りない"その余韻に何故かまた足を向ける気になり、2度3度と回を重ねることとなってゆく。

"一期一会"という言葉を突き詰めたようなシチュエーション。
膨大な時空の中で、今在る不思議。ここで出会う奇跡。
そして、そうでありながらも、詰まるところ自分は一人であり、最も愛しているのは孤独なのだと気付く。
厭世観とはまた違う。
見ず知らずの女性と相対して食事をしつつ、そんなふうに主人公は実に様々なことに思索をめぐらせる。
食事で支払う金額以上の何かを、彼はきっと得たのだと思う。
そして、同時に、日常という次元に於いて「何ものか」を失った。


私は人と差し向かいで食事をするのは苦手だ。
相手に見られている、というのは、相手を意識しているようでいて、結局は自分を顧みていることに繋がるからだ。
ゆるゆるの躾で育った私は食事のマナーもあんまりちゃんと知らないし、相手がきちんとしていればいるほど、いろんな意味で自己嫌悪のカタマリに陥ってしまうのだ。
この主人公が女性で、相手の、"所作の美しい人"が男性だったら、こういう店は成り立たない気がするなぁ。
この大学教官みたいに色んな思索に耽る余裕もなく、食べた気もせず落ち着かないだけだろう。
美しいけれど、やっぱりこれは男性視点の作品だな。

ただ、私も、所作の美しい人を眺めるのは好きだ。
小学生の頃だったと思うが、風邪かなんかで訪れた病院の看護師さんの手つきが、非常に洗練されていて美しかったことを思い出す。
脱脂綿の入った容器のふたを取る。
注射器にクスリをセットする。
それらのすべての動作が実にムダがなく流れるようで綺麗で、思わず見惚れてしまったのだ。
なんにしろ、美しいというのは心地よいことなのだな。

ラスト近く、なんだか違和感を覚えてきたな、と思ったら
やっぱりな展開。
ここで一気に背筋が寒くなった。

まったく違うお話ではあるけれど、解説者と同じく、私も
「注文の多い料理店」
を思い出してしまった。

余談であるが、「四季」シリーズを読んでいると、ちと色んな妄想が展開しそう。
女将の正体って…とか。
もちろん森先生は、そんなことどこにも書いていないし、ただのファン的迷走に過ぎないのだけど。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

どちらかが魔女

どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)
(2009/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

森博嗣の人気ミステリーである、S&Mシリーズ、Vシリーズの登場人物たちが織り成すショートミステリー集。
ぞれぞれ別の短編集に入っていたお話を、時系列順に並べて編集し直した、ファンのための特別編纂本みたいな感じかな。
どうりで、読んだことのあるお話が混じってると思った。
…というか、たぶんほとんど読んでいるけど忘れてるんでは…(汗)

【ぶるぶる人形にうってつけの夜】
タイトルは、やっぱりサリンジャーを意識したのかなぁ。
「ぶるぶる人形」のトリック自体は実はあんまり大したことないしむしろどうでもいい。
本題はそっちじゃないってのは、森博嗣ファンであればみんなわかるはず。
そう、「フランソワ」ですよね。
時系列順に並んでいるとすれば、これが最初ってことは、そして「れんちゃん」登場ってことは…
フランソワって…(以下略)
こんなことでは私は騙されないんだよん。にしし。
そして、ここの謎がラストのお話に繋がるところが実に見事。

【誰もいなくなった】
30人が一気に消失した、とみんなが言う。
でもすぐそばにいたはずの浜中フカシくんは、そもそもそんなに大勢の人物は見ていない。
萌絵の属する「ミステリー研」が催した「ミステリーツアー」。
参加した者はだれもそのトリックがわからなかったのだけど…。
(そして私は一度読んでいたはずなのに、トリックを全然思い出せなかった…)

我らが安楽椅子探偵「犀川先生」は、その謎を、話を聞いただけで即座に解いてしまう。
自慢するわけでもなく、世間話をするようにごく当たり前の顔をして。
みんなを騙せて悦に入っていたはずの萌絵お嬢様は、驚愕&茫然自失。
いつもいつも自分の前をゆく愛しの犀川先生に、萌絵ちゃんフクザツ(笑)。

【石塔の屋根飾り】
まぁ、ささやかなる歴史ミステリー。
壮大なことを言えば、ひょっとして、「イースター島のモアイ像」もそんなことのためにあったりするのかも。
一見ものすごく謎なようでいて、正体がわかると「なんだ、しょーもなっ!」っていうものって結構ありますよね。これもそんな謎。
…なんだけど、森ミステリーがそんなことで終わるはずがない。
実は、これにもオチがあったのですよ。
諏訪野さん、結構お茶目でナイス(死語)です。

【マン島の蒸気鉄道】
萌絵お嬢様の従兄弟の大御坊さん登場。
かなり強烈なキャラですよね、この人。
この大御坊さんの出すクイズが結構難しい。
結局作中に解答は出されず、で未消化。
作中人物がみぃんな「わかった」って言ってるのに読んでる自分だけが置いてけぼり。
ぐすん。だってこーゆーのニガテなんだもん私。
いいんだいいんだ、本命の"逆向きの三本脚"の謎は解けちゃったもんね。
写真ってところですぐわかっちゃったんだもんね。へへへ(泣)。

【どちらかが魔女】
ここにも大御坊さんが出てきます。
森作品ならではのひっかけ作品。
そう、作中に出てくるミステリーのトリックはとても簡単。
たいていの読者が途中でわかっちゃうような簡単なもの。
それが何故だか頭の切れる萌絵にはわからない。
先入観が邪魔をする。思い込みという魔法を、みんながかけられている。
世の中がこんなにフクザツで、どんな問題でも簡単に答えが得られないのは、たぶんそんなふうに
みんな魔法をかけたりかけられたりしているから。
実に深い。「笑わない数学者」もそんなお話でしたよね。
さて、魔女はだれだったのでしょう。

【双頭の鷲の旗の下に】
またもや読者をかついでいる森センセ。
でも私は引っかからなかったもんね。うしし。
…と思っていたら、しっかり別のところでひっかかっておりました。
くっそう!
それにしても国枝桃子が実はこぉぉんなにも可愛い女性だったなんて!
びっくりです。本小説で一番のびっくりです。

【いつ入れ替わった?】
このお話がいちばんミステリーらしいミステリーでした。
お話自体面白かったです。
でも、これはラストがもう…なんというか、ねぇ。
甘くて甘くて、とろけそうでした。
ほんとごちそうさま(笑)。

【刀之津診療所の怪】
ラストの一言で、ぶっとびました。
そーかー、そーきたかー!
うん、まぁ、このお話は、森作品を読んでいなくても、最初から通読すれば、この一冊でも完結するようには創られています。
でも、でも。
やっぱりこれは、シリーズを全部きちんと読んでいる人向けのものでしょう。
なんか、とても嬉しいエンディングでした。
そして、やっぱり森博嗣にはいつもいつもしてやられっぱなしな私なのです。
それが嬉しいというのは、もはやMの領域?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

笑わない数学者

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)
(1999/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る


この作品を評価しない人は多いと聞く。

それはトリックの単純さに引っかかってその奥に潜むもっと大きなトリックに最後まで気付かなかったからであろう。著者いわく、

「トリックはあえて簡単にしました。トリックに気がついた人が一番だまされた人だという逆トリックなのです。」

そう、この作品の一番のトリックは、たいていの読者がすぐにわかってしまうような簡単なトリックが、天才である犀川や萌絵に「何故解けないのか?」という点なのである。
かなりの人に駄作、失敗作という烙印を捺されるという危険をモノともせず、果敢に読者に挑戦した森博嗣の、これは実は相当計算された実験小説なのだ。「笑わない数学者」というタイトルにも大きなヒントが隠されているあたり、さすがだなぁ。
そこに気がつくとこの作品は俄然面白くなってくる。

そして最終章の新たな謎。

あれは一体だれだったのか。浅はかにも作者の術中にハマって、トリックにばかり気を取られていた私は肝心な部分を読み飛ばしてしまっていたようだ。おかげでもう一度最初から読むハメに陥ってしまった。作者の意図を見破った者のみが真実の解に到達することが出来るように仕組まれている。作中では「神」ではない犀川には最後まで不定だった解を。
ただまぁ、最後の謎をどう解釈するかもその人次第なのだろう。

「定義するものが存在するものだ」(by 天王寺博士)

●犀川先生語録
「負け方がわからなかったんだよ、君は」「勝つことばかり考えていた。どうやって負けたら良いのかも、考えなくちゃ。それが名人というものさ」

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

封印再度

封印再度 (講談社文庫)封印再度 (講談社文庫)
(2000/03/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

「封印再度」WHO INSIDE
という日本語と英語のタイトルが絶妙で印象的。

謎の残る少し昔の人物の死と、その場に残されていた鍵の入った壷と、そのカギでなければ決して開けられないハコ。しかし、壷から鍵は決して取り出せない。その謎を解こうと奔走する萌絵の前に新たな事件が…。壷に入れられたカギは果たして取り出せるのか。
そして萌絵がなななんと!!…どうする犀川!!

てな雰囲気でもー、続きが気になって気になって一気に読まされてしまいました。さすが森博嗣。
壷とカギのトリックは最後に明かされますが、「そんなの知らなかったもん」と思わずジタバタしてしまいました(笑)。なんか、クソー!!という感じ。まぁいいんだけど。

この話を読むと、萌絵が嫌いだった人は更に嫌いに、好きだった人は更に好きになることでしょう。
私個人としてはあのクリスマスケーキのことがどうしても納得いかない。ほんとにそれでいーんか?萌絵お嬢様…。
森ファンの間で物議をかもすことになった「例のこと」よりも私はこっちのほうが許せなかった。こんなヤツと結婚なんてダメっすよ、犀川先生(笑)。
だけど、「例の事件」でうろたえて暴走する犀川先生がとても可愛かった(笑)。いつも落ち着いていて飄々としている犀川先生の意外な一面を知った気がしました。

最後に瀬戸さんがちらっと登場してて、先に「有限と微小のパン」を読んでいた私は思わずニタリ(笑)。
こんなところに伏線が張られていたんですねぇ。してやられました。
んー、でも結局私にとって一番の謎は国枝桃子の「ごちそうさま」メールだったかも。
あれが一番面白かったように思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。