スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アインシュタインの神

アインシュタインの神アインシュタインの神
(2010/10/01)
日和 真之

商品詳細を見る

意思を持つ人工知能、とりわけマザーという名を聞くと、私はどうしても、竹宮惠子の「地球へ」を思い出す。
元々こういったテーマのお話は大好物なので、わくわくしながら手に取った。

平凡な若いサラリーマンが、ある日突然ホームレスとなり謎の死を遂げる。
別の会社員は、有り得ない状況による事故で、突然命を絶たれた。

一見何の繋がりもないように見えた、これらいくつかの事件は、実はすべてあるひとつの企業に繋がっていた…。

掴みは、とっても良かった。
真っ暗な地階で突然会社員の身に迫る恐怖の描写などかなり真に迫っており、数々の謎の提示と共にその後の展開に非常に期待を持つことができた。

しかし。
残念ながら、お話が進むにつれ、小説として読むには少々苦しい展開となってゆく。
そもそも、主人公たちが事件に関わろうとした動機が曖昧。
冒頭の、サラリーマンがホームレスとなってしまった事件の経緯も、あまりにこじつけめいていて不自然。
何より致命的なのは、人物に個性があまり感じられないこと。
北斗も長田も圭子も、なんだかみんな薄ぼんやりと良い人たちで、はっきりとした個性を持っているのは羽黒ぐらい。なので感情移入が難しかった。

また、私には登場人物の名前の呼び方が非常に気になった。
「北斗さん」「隆志さん」
当人たちは旧友どうしなのでそれでもいいが、その後の登場人物たちも皆、彼らを下の名前で呼ぶのだ。
ふつう大人が、それも出会ったばかりの人の名を、ファーストネームで呼ぶだろうか。
ここに非常に違和感を覚えた。
なんだか小姑のように細かい指摘をして申し訳ないのだが、物語がSFなどの完全なフィクションの世界であればあるほど、そういった細かい点にリアリティがないと、読んでいてツライのである。

ただ、さすが人工知能を長年研究している作者らしく、現在の人工知能技術の話やインターセル構想については、読んでいてとても興味深く面白かった。
人工知能が意識、というより意思?を獲得してゆく経緯は納得できるものであったし、何よりマザーそのものが人類を制圧しようなんていうぶっとんだ設定ではなく、あくまでそれを人間が利用して理想世界を築こうとする、というあたりが現実的で良かったと思う。

もう少しお話を整理して登場人物にふくらみを持たせれば、とても面白い近未来SF映画ができるんじゃないかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑神はサイコロを振らない。インディアン嘘つかない(・_・)
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。