スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスター

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
(2012/04/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る

「本が好き!」様より献本していただきました。いつもありがとうございます!

この作者の本を読むのは「永遠の0」に続き2作目。
「永遠の0」がとても良かっただけに、大変期待をして手に取りました。

元来、考え方が割合保守的な私ですが、実は整形手術に関しては否定派ではありません。
もちろん、程度の問題はありますが、「バケモノ」と揶揄されるほど醜い女性が整形によって見事に変身し、生き難い世の中を少しでも明るく楽しく生きていけるようになるのであれば、むしろそれは歓迎されるべきものではないでしょうか。
第一、女にとって「化粧は社会人としてのたしなみ」なんて言われるのですよ。「美しく身ぎれいに」いることが世の中で求められているのならば、すっぴんとは別人と思えるほどの化粧を毎日毎日飽きずに時間をかけて繰り返す女性と、どんっ!と整形手術にお金をかける女性との間に、それほどの違いがあるとは私には思えないのです。
いずれにしろ「化けて」いるには違いがないでしょう。
なのに何故、「整形美人」はこれほどまでに非難されるのでしょうね。
生まれ持った美しか認められないのならば、「化粧美人」だって同じく非難されてしかるべきでしょう。

一口に整形と言いますが、主人公和子の努力は並大抵ではないのです。
それこそ地を這うような生活をして金を作り、少しずつ自分を変えて行ったのです。
そんな彼女を「バカじゃないか」と嘲笑うことは簡単です。価値観が違えば、彼女が整形に注ぎ込んだ金はドブに捨てたようなものとしか思えないでしょう。
事実、花の季節は短く儚いものです。きっと彼女があのまま無事に生活していけたとしても、他人に羨まれもてはやされるのもほんの一時に過ぎなかったでしょう。

けれども、それがどんな生き方であれ、悔しさをバネにして上を目指すことを私は否定したくありません。
私自身、ほんのささやかなプライドを守るために、他人から見れば本当にくだらないと思えることで血のにじむような努力をして"世間にとっての普通"を手に入れたことがあります。
和子の生き方は、確かに痛ましいけれど、だからこそ、そんな彼女の苦しみが少しは理解できてしまう私がいるのも事実なのです。

人間なんて本当に浅はかな生き物です。
男も女も、等しく皆、見た目や印象でしか物事を判断できない。
美しくないものは、目の端にも入れない。脳が「見なかったこと」にさえできてしまう。

和子がどんどん美しくなり、彼女を取り巻く周囲の反応が見事に変わってゆく様は、読んでいて爽快感がありました。スライムにさえやられていた勇者が、ついにラスボスを倒すまでに成長してゆく「ドラクエ」のプレイを見ているようで、彼女に見惚れる男の姿に「ざまあみろ」と、いつしか私も喝采を送っていました。

他人の人生をああだこうだ言う権利は誰にもないし、彼女に人生を狂わされた男にしても、それは狂ったほうがバカなのです。
和子を悪女だとも思わないし、彼女の人生を不幸だったとも私は思いたくありません。むしろ堂々と自分の人生を最大限に"生き切った"満足の生涯だったのではないでしょうか。

私は、そんな生き方をしたいとはまったく思わないけれど。


花のいのちはみじかくて

苦しきことのみ多かれど

風も吹くなり

雲も光るなり

(林芙美子/「浮雲」)



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑綺麗になりたいと思うのは誰もが持つ願望だよねぇ
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。