スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルネック

ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
(2009/09/29)
米澤 穂信

商品詳細を見る

うーん、不完全燃焼。
私は、物語はきちんと着地してほしいのだ。ハッピーエンドだろうとバッドエンドだろうと。
作者には作者なりの考えがあってのことなのだろうが、こういう曖昧さを残す終わり方は好きじゃない。

主人公は、若いうちに老成しちゃったような、人生を"あるがままに受け容れている"青年。
イヤになるほど暗い。
まぁ、物心ついた頃から両親が不仲でお互い浮気三昧、兄は交通事故で意識不明の果てに死亡、おまけに最愛の彼女さえも事故で失うなんていう不幸にみまわれれば、だれでも人生を諦観しちゃうだろうし、ネガティブ思考にも走るわな。そこは同情する。

で、彼女の弔いにやってきた東尋坊で、崖から落ちて辿り着いた先は、何故か自分の世界では生まれなかったはずの姉が生まれていて、自分は生まれなかったという設定の、パラレルワールドだったと。
そこでは、姉のおかげで(?)すべてがうまく行っている。両親は不仲を乗り越え今じゃラブラブ。彼女もピンピンしている。
主人公は気付く。というか思い込む。ああ、現実世界でのボトルネックは自分だったのだと。

…バカジャナイデスカ?

なんですべてがアナタのせいなわけ?
たかが世界の取るに足らないひとコマに過ぎない自分にどんだけの影響力が備わってると思ってんのよ。自意識過剰もいい加減にしやがれ。このスットコドッコイ(死語)!
と私は主人公を小一時間問い詰めたい。

両親の不仲を解決したという姉の逸話も、"たまたまうまくいった"だけ。姉の交通事故もたまたま。彼女のことに至っては、別に自殺したってわけじゃないんだから、絶対に主人公のせいじゃないし、これもたまたま。ていうか明らかに別人のせいでしょ?
(タマタマタマタマうるさくてすみません)

たぶん、別のパラレルワールドでは、姉のいる世界でもうまく行っていないところがあるんじゃないかと思うよ。
そして同じくらいの確率で、あなたがいようがいるまいが、起こったり起こらなかったりする出来事が積み重なって、世の中は良かったり悪かったりしているんだよ。

私自身がそういう自意識過剰な性格だったから、実は主人公の気持ちはよくわかる。
そんでもって、周囲にもこういうこと言う人ってよくいる。
「私が観戦すると、ひいきのサッカーチームは必ず負ける。だから観ない」とか
「私は雨女だから、私が外出すると雨が降る」とか

んなわけねーっつの!
みんな冷静になればおかしいとわかるはずのことなのに、何故かそんなオカルト思考に走ってしまう。
それはきっと

自分を中心に世界を見ている

から。
自分が、社会を構成する単なるひとつのコマであり、自分の影響力なんて取るに足らないものだと自覚すれば、こういうねがてぃぶな人たちももう少しぐらいはラクに人生を過ごせるのじゃなかろうか。
ただ、そういうラクな思考に自分を持っていくには、もう少しばかり年齢と経験値が必要になる。
私もずい分辛かったもの。

きっと、こういうお話って、思春期真っ只中の人には受けるんだと思う。
主人公と自分を重ね合わせ、そうだその通りだと思うんだろう。
だからこそ、だからこそね、それはアンタのせいじゃないんだよと言ってあげてほしかったんだな。
まぁ、アンタのせいもほんの少しはあるだろうけど、それをどう受け止めるかは相手次第だし、そこまで責任を一人でかぶって辛くなる必要なんてひとっつもないんだよ、と。

世の中ポジティブに生きていける人ばかりじゃなくて、言いたいことも言えなくて遠慮したりガマンしたりで損ばかりしている人も大勢いる。
でもそういう人たちもいなけりゃ世の中はもっと息苦しくなってしまうよ。
主人公は「流されてばかりで何もしなかった」と自分を嘆いているんだろうけど、そうでもないよと私は思う。
動かないことで流れがうまくいくことだってきっとある。

ボトルネックは、それはもちろん何にでもあるだろうけど、ネックがあるからこそ、うまく機能することも多いわけよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑タマタマの積み重ねで世界は今日もまわっている~
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。