スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッペリア

コッペリア (講談社文庫)コッペリア (講談社文庫)
(2006/07/12)
加納 朋子

商品詳細を見る

人は何故「人形」に惹かれるのか。
そして「人形」に何を求めているのか。

ここで語られる人形は、所謂アンティークドールではなく、現代作家の手になる「球体関節人形」。
本作では、幻の人形師「如月まゆら」が産み出した至高の作品「まゆらドール」を巡って、様々な人間模様が描かれる。

天地創造の神は、自らに似せて「人間」をつくった、という。
もしそうなら、人形師もまた、自らの手で生殺与奪の権限を持つ存在を産み出した、人形にとっての万能の神と言えるのだろうか。
確かにある意味ではそうだろう。人形が、それを産み出した人形師の手元にあるうちは。
けれど、人形師が、自らつくりだした人形に込めた情念は、決してそれを手にする「ヒト」や、その"型"の元となった人間までは届かない。
そして物言わぬ人形の力を妄信した如月まゆらに悲劇が訪れた…。

そもそも人形とは一体なんだろう。
ヒトガタ…人の形をとらなくてはいけないもの。
「人形」は誕生の瞬間から「完成品」であり、決して成長しない。変化してはいけない。
そしてそれを手にする人間により、様々な役割を演じさせられる運命にある。

昔、親戚に、子どもの出来ない夫婦がいた。
その夫婦は、人間で言えば2歳の子ぐらいの大きさのお人形を、どこに行くにも連れてきていた。
名前を付け、人間の子どもの服を着せ、食事の際には子ども用の椅子にきちんと座らせ、子ども用の食器に食べ物を入れて食べさせるマネまでしていた。
「この子は好き嫌いが多くて困る」「我儘でねぇ」
なんて冗談とも本気ともつかない事を口にしては笑っていた。
今思い返せば、とても切ない。
人形が、夫婦の子どもの身代わりをしていた。それが、あの人形の"役"。

主人公「聖」もまた、自らに"役"を与え、それを演じてきた。
自分をお人形のように可愛がった末に捨てた父親に「あれが自慢の娘だ」と言わせたくないがために、類まれなる美貌をもちながら、決して表舞台に立とうとしない。

一方、その生い立ちゆえ生身の人間と上手く関係が結べず、「まゆらドール」と、「まゆらドール」にそっくりな「聖」に焦がれる青年「了」。
聖は、自分が「コッペリア」であり、一方でスワニルダでもあることに気付き苦しむ。
役を演じることで楽になる人間と、苦しくなる人間がいる。
どちらの心情も理解できてとても心に痛い。

物語は中盤から、それぞれの立場をひっくり返し、実に見事な展開を見せる。
けれど、残念ながら、私は途中でそのからくりに気付いてしまった。
それは決して仕掛けが安易だという意味ではなく、たぶん私が加納朋子を信じていたからだろう。
だって、あの加納朋子だもの(笑)。きっと救いが…みたいな。

人は人であり人形ではない。
役を演じつつも、どんどん変化し続け、成長し続けることができる。

いつかそれぞれの人形は、それぞれが在るべき処へ帰る。
そしてそれぞれの人間も、納まるべきところへ納まる。
エンディングの了の"策略"に思わずにんまり。
やっぱり加納朋子はいいなぁ。

加納朋子といえば、「ななつのこ」や「ささらさや」のように、「ふんわりと温かく、清潔な優しさ」に満ちた作品群を思い起こすが、この作品は、そんな優しい作品とは少し毛色が違う、暗いどろどろとした作品だとよく評価される。
けれど、私は思う。
加納朋子という人は、やっぱり優しさで出来ている。
「コッペリア」も、毒に見える表面をはがすと、中はきちんと優しさで満たされているのだ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

百鬼夜行抄(19)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄(19)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄(19)
(2010/10/07)
今 市子

商品詳細を見る

飯嶋律は今は亡き祖父から不思議な力を受け継いだ。それは、普通の人間には見えない妖魔を見る力。律とさまざまな妖魔との出会いが織り成す不思議絵巻。

私の大好きな「百鬼夜行抄」をご紹介します。
掲載雑誌が隔月刊なこともあり、だいたい年一冊のペースで単行本になっています。
なので忘れた頃に新しい本が出るという感じで、ゆっくりと楽しんで読んでます。
巻が進むにつれ、わかりにくい話が多くなり、一度読んだだけでは「?」なものが多くて、また、絵が少し雑になってきた感があって残念だったんだけど、18巻あたりから、また調子が戻ってきたようで嬉しいです。

この物語は、たいていが1話完結の形なので、どれから読んでもまぁ大丈夫なんですが、それでも全体のストーリーは少しずつ進んでいたりするので、やっぱり最初から順を追って読んでいただきたいです。
特に19巻は、18巻で大きな展開があったので、前巻を読んでからのほうがわかりやすいかなと思います。

「百鬼夜行抄」は登場人物が脇役や人外(笑)に至るまで、みんなとても魅力的なのです。
お話も、怖いだけじゃなくてくすっと笑えるものも多く、また非常によく練りこまれていてどれも素晴らしい。
ミステリーでいうところの叙述トリックっぽい話まであって実にバラエティ豊かで良質なホラーファンタジーです。
また、絵が非常に上手いので、それがストーリーとマッチしていていっそう幻想的な雰囲気を醸し出しています。
私は、律の押しかけ式神(?)の「尾白」「尾黒」コンビが大好き。最近あまり出番のなかった二匹(人?)ですが、19巻ではまた活躍してくれて嬉しい限りです。

19巻の中身のレビューを少し。

■寒螢
前話で、ひょんなことから「律を守る」という契約から開放された青嵐。
てっきり自由を満喫していると思いきや…?
「ボランティア」とか「弱小企業」とかどんどん人間臭くなるなぁ、青嵐。
まぁ何年も人のカラダに入って人と交わればなぁ…とは思うけど、尾白尾黒にとっては3年も3日のようなものらしいから、たとえば20年とか言っても彼らにはそれほどの年月ではないのかも。

■嘘つき地蔵
一度読んだだけでは、意味がわかりにくい話。
最後は、ああそういうことなのね、と腑に落ちたけど。
司ちゃんが言うように、「なんで気付かないの?」という疑問が。
でも思い込みが強いと、普通わかるだろうってこともきちんと眼に映らなくなるのかもね。

■石段の底
水の中で死んだ人の霊が詰まった一升瓶って、ひぇぇ。
人の念って怖いのねん(←最近どうもオッサン化が激しくてすみません)。
尾白・尾黒の「我らは昼間はただのしゃべる鳥でござる」に大ウケ。可愛すぎだからあんた達。

■赤将軍到来
自分の棲家を守るためにその家の住人を抹殺するって…どっかで聞いた話だなオイ(笑)。
それにしても「赤将軍」のオチはちょっと残念でした。
途中で出てきた「紅葉前線」説のほうが良かったのに。(ネタバレにつき、読みたい方のみ反転でお願いします。)

■名前のない子供
19巻で一番好きな話。
八重子さんの若い頃のお話はやっぱりいいなぁ。別の意味で私の好きな赤間さん(律の天敵妖魔)も出てくるし。
で、これはまた、色々な解釈が考えられる話だなぁ。
素直に読むと「律子」に助けられたから「律」の名前が「律」なのかなと思うけど、タイムスリップした「律」説(タイムパラドックス)も捨て難い。うむむ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

クラインの壷

クラインの壷 (講談社文庫)クラインの壷 (講談社文庫)
(2005/03/15)
岡嶋 二人

商品詳細を見る

読んでる途中はそれなりにワクワクドキドキハラハラ。
でも終わってみると、何とも後味が悪い。

クラインの壷とは、2次元でいうところのメビウスの輪を3次元にしたもの。
つまり、内側にいたはずのものがいつのまにか外側になっているという。

どこまでが現実の世界で、どこからがバーチャルなのか。
その境界がわからなくなり、主人公を狂わせる。

「はじめのところから始めて、終わりにきたらやめればいいのよ」

けれどクラインの壷にはそもそもはじめも終わりもないのだ。


うーん。
発表年が結構古いので、その頃には画期的な話だったのかもしれない。
こういう話って、もうそれなりに書かれているので、今読むと残念ながら新しさは感じられない。
どこかで読んだ、あるいは観たよなぁ、という感じがどうしてもしてしまうのだ。

だけどこういうのを読むと、自分が認識している世界の現実感が危うくなってきて怖いな。
どこまでが表でどこからが裏なのか。
そもそも表ってどっちなんだ。

読み方によって「裏」と「表」をどのようにでも解釈できる。
こういうお話は結構好き。

一点残念なのが、情景描写や人物描写。
「幅4メートル、奥行き7メートルぐらい」
っていう表現、ヘンだと思わないかい?
そんなきっちり測ったような数値で「ぐらい」とか言われても…。
そして、ヒロインの描写にしても、いきなり「美人」なんて、あまりに直球な表現で、なんだかな。

決して嫌いな文体ではないんだけど、なんかそういうとこだけ気になってしまった。
姑根性な私。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

眠れるラプンツェル

眠れるラプンツェル (角川文庫)眠れるラプンツェル (角川文庫)
(2006/06)
山本 文緒

商品詳細を見る

ラプンツェルと言えば、私は何故か、萩尾望都の美麗なイラストを思い出す。
高い塔の小さな窓から長い髪を地面まで垂らす美しい囚われの少女。

ラプンツェルを閉じ込めていたのは魔女だったが、この物語の主人公を閉じ込めているのは自分自身。
閉じ込めているものは「心」「感情」。
そのことに、気付いていながら、気付かないフリをして退屈な毎日を楽しんでいるつもりでいる。

そんな怠惰な生活に、突然飛び込んでくる猫。
猫も自分もこのぬくぬくと守られた場所から出て行ったら、おそらく生きてはいけない。
出て行くことなんて考えられない。
しかし、放り出される自分の末路を想像し身震いしつつ、隣りに住む男子中学生の"ルフィオ"に知らず知らずに惹かれてゆく自分を抑えることができない。
そうしてどんどん秘密を積み重ねてゆく。

きっと彼女は、とっくに壊れていたのだ。
秘密がばれて暴走して、大変なことになるずっと前に。


痛いなぁ。
グサグサグサグサ心に突き刺さってくるよ。
主人公を嫌悪する気持ちが、そのまま自分に返ってくる。

同族嫌悪

だな、こりゃ。
いやマイッタね。

でもねぇ。
中学生男子にハマってしまう気持ちって、ものすごくわかる気がしてしまうんだよ。
で、そんな自分に嫌悪してしまうのだよ。

男はいつまで経っても子どもだけど
女は最初から女で、死ぬまで女なんだな。
そんできっと
男のほうがピュアだとかみんな言ってるけども
私は、本気になったら女のほうがずっとずっとピュアなんだと思う。

永遠に叶うことのない恋。ピュア過ぎて胸が痛い。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

異星人の郷

異星人の郷 上 (創元SF文庫)異星人の郷 上 (創元SF文庫)
(2010/10/28)
マイクル・フリン

商品詳細を見る

異星人の郷 下 (創元SF文庫)異星人の郷 下 (創元SF文庫)
(2010/10/28)
マイクル・フリン

商品詳細を見る

「本が好き!」にて献本していただきました。

中世ドイツの山奥の小さな村に突如不時着した宇宙船から現れたのは、バッタのような容姿の異形の生物だった。
村人は彼らを"悪魔"と畏れ忌避するのだが、重傷を負い、体液を撒き散らして息絶えた彼らの仲間を見て、「悪魔が死にますか」と、"隣人"として、村の教会の神父は彼らに手を差し伸べる。そして様々な思惑から、神父と共に彼らを手助けする人々と異星人との交流が始まる。
一方、21世紀の現代では、一人の歴史学者が、歴史の中にぽっかりと穴があいたように失われた中世の村の謎を追い、その恋人は、一見物語とは無関係に見える物理学の研究に没頭している。

私は中世という時代背景に疎い。そして物理学にはもっと暗い。
なので、なかなか本書に書かれていることが理解できず、読み進めるのが時々辛かったりしたのだが、とにかく先が気になって頭の中の「?」は無視して一気に読んだ。
途中でやめなくて大正解。本当に最後まで読んでよかった。

異質なもの、未知なるものとの出会いは、何もSFの世界の「宇宙人とのファーストコンタクト」に限ったことではない。
未知なる国との対峙、いやもっと身近に存在する"宇宙人のような隣人"との、嫌になるほど現実的なご近所付き合いの中にもそれは存在する。
いみじくも、作中の神父は語る。
「クレンク人(バッタ型宇宙人)は最初はみんな同じ顔に見えたが、いまではそれぞれがまるで違った顔や個性を持っていることを知っている。」

よく知らない人間のことはぼんやりとしか見えない。
よく知らない民族はみんな同じに見える。

それはお互い様であり、相手は決して
「ワレワレハウチュウジンダ」
とは言わない。相手からすればこちらこそが「宇宙人」なのだ。

今、世間を賑わす様々な民族紛争も、お互いをすりガラス越しに見るように"ぼんやりとしか知らない"ことも軋轢の一因に思えて仕方がない。
分かり合うことは無理でも、認め合うことはきっと出来るはず。
神父との交流により、キリスト教の教えを信じ洗礼を受けるクレンク人まで現れたくだりを読んでつくづく考えさせられた。
しかし、神父もまた、ただの"人"。
時には"バッタの友"を疎ましく感じ、相手のためにではなく自分たちの平安のために彼らが出て行ってくれることを望んでしまったりもする。そしてそんな自分を嫌悪し懺悔する。
そんなふうに、神父が超人的な聖人ではなく、過去の罪に怯え、贖罪の日々を過ごすただの人だからこそ、この物語は輝くのだ。


「どうせ死ぬなら 笑って跳ぼう」

自分の身に降りかかる運命を、時には足掻きつつ、けれど最後には従容として受け容れるクレンク人たち。
全ての生命は、いずこかの地に誕生し、成長しやがて死を迎える。
そうであるなら、彼の種と我々との間に、どれほどの違いがあるというのだろう。


エンディングに待ち受けていたのは、震えるほどの感動。

しばらくの間、痺れたように茫然と空を眺めた。


この宇宙のどこかに"バッタの友"の故郷もきっとあるに違いないのだ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ねこタクシー

ねこタクシー 上 (竹書房文庫)ねこタクシー 上 (竹書房文庫)
(2009/09/30)
永森 裕二

商品詳細を見る

ねこタクシー 下 (竹書房文庫)ねこタクシー 下 (竹書房文庫)
(2009/09/30)
永森 裕二

商品詳細を見る

カバーの猫にひとめぼれして衝動買いしてしまいました。
三毛猫さんですよっみけねこーっ
(落ち着け)

正直、内容はあんまり期待してなかったんです。よくある動物との愛と感動の物語とか…。
ところがところが。
意外なことに(←激しく作者に失礼だな)これが非常に良作でした。

教師という職業からドロップアウトし、口ベタなのにタクシー運転手を嫌々やっている冴えない中年親父の主人公。やる気がないので当然売り上げも微々たるもので、全く一家の支えになっていない。
収入は、ほとんど奥さんに頼っている。

そんな、すっかり人生を諦めたダメ親父が、とあることから一匹の猫に出会う。
この猫「御子神さん」は、当然猫なので何もしゃべらないし言うことも特に聞かない。
ただ、何故か「御子神さん」は、クルマの助手席が大好きで、主人公の運転するタクシーに、自分から勝手に乗り込んでくるのだ。
かくて、期せずして「猫タクシー」の誕生となった。

この猫を媒介として、主人公は、色んな人生を垣間見、勇気付けられ、いつしか自らも人生の再生をはかろうとし始める。
ここからの行動が実に現実的でバイタリティに溢れている。
根が真面目なだけに、いったん行動を起こすと、真っ直ぐで一生懸命なのだ。
そして、そんな父親を中心に、バラバラだった家族も再生を始める。
この過程が実に自然で、押し付けがましくなく感動的。

エンディングはちょっと予想外の展開で、私としては残念。
だけど、きっとあのオッサンは、これからはきっと、何があっても乗り越えていけることでしょう。
なんだかしみじみと、「いいお話だったなぁ。」と素直に思えました。

ただ、私は、猫って、「ねこ」でも「ネコ」でも、ましてや「cat」でもなく

"猫"

だと思っているのです。
「猫」という字って、まさしく"ネコ~~"って感じしません?
私は「猫」という漢字が大好きなんです。字を見るだけで「ほやー」っとして目がきらきらしてしまうのです。

だから、この本のタイトルがとても残念。

「猫タクシー」だったらもっとよかったのになー。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

空色勾玉

空色勾玉 (徳間文庫)空色勾玉 (徳間文庫)
(2010/06/04)
荻原 規子

商品詳細を見る

その昔、日本が「豊葦原」と呼ばれた神話の時代が舞台のファンタジー。
しかも超美麗な登場人物てんこもり。

…ナニその素敵すぎる設定はっっ

てことで、わくわくしながら手に取りました(不純な動機ですみません)。

だがしかし。

うむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむむ。

確かに登場人物は魅力的です。
たぶんこれをアニメとかにすると、「キャラ萌え」必至でしょう。
世界観もしっかり確立されていて、安心して物語の世界に入り込むことができます。
描写も非常に美しいです。「松虫草」が広がる草原など、鮮やかに目に浮かぶようで、その文章力は素晴らしいと思います。
読んだ人は皆さん絶賛されてます…。

でも、それって本当に"物語として"面白いと思ったのかな。

周囲に引きずられ過ぎで主体性のない主人公。
いったい何がしたいのか意味不明な月代王。それに輪をかけてもっと意味不明な行動に出る照日王。
それでも途中までは、胸にせまるエピソードも多く、それなりに感動的なシーンも色々ありました。
このまま最後まで突っ走ってくれれば…
と期待していましたよ。

なのに…。

あまりにもご都合主義なエンディングでみんなぶち壊し。
それまでの展開を楽しんでいただけに、心底がっかりしました。

んで、総括。

結局これは、神話の世界の壮大な「兄弟喧嘩」?
そしてラストに父ちゃん登場で「これこれみんな仲良くしなさい」
で、大団円、と…。

なんだかなぁ。

世界観とキャラクターが素晴らしいだけに非常にもったいない。
これはこの作者のデビュー作らしいので、今はもっといいものが書ける人になっているのかもしれないですが、このシリーズは残念ながら、もう読みたいとは思わないです。ゴメンナサイ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
(2010/09/22)
テッド・チャン、クリストファー・プリースト 他

商品詳細を見る

時間SFは私の大好物。
だけど正直、こんなにもバラエティ豊かなものだとは思っていなかった。
単に過去や未来を行き来するオーソドックスなタイムパラドックスもの、同じ時間がループする世界、場所によって流れる時間の速度が違う世界、はたまた、時間が造られている舞台裏(?)まで、本当に様々な趣向の物語が網羅され、とても贅沢な一冊。
山本弘さんは「SFは筋の通ったホラ話」と語ったが、的を射た言葉だとつくづく思う。
(で、私としては、筋が通らないものをファンタジーと呼ぶのかなと)
すべてを挙げるのは大変なので、いくつか印象に残ったものの感想を。

■商人と錬金術師の門(テッド・チャン)
千夜一夜の形式で語られる3つのショートストーリーはどれも味わい深い。
この物語では、過去は変えることができないものとして定義される。では、変えられない過去に旅する意義はどこにあるのか。

"過去も未来も変えることは出来ない。けれど、よりよく知ることは出来る"

大いに納得。ちょっと目からウロコだった。

■限りなき夏(クリストファー・プリースト)
人生で、一番輝いている幸せな夏の一日に、突然凍結された恋人たち。
そして、何故か一人だけ先に元に戻ってしまった男は、毎日、恋人の「活人画」をただ眺め続ける。
とても切ない物語だけど、私としては凍結者の視点の物語も読みたいなぁ。

■彼らの生涯の最愛の時(イアン・ワトスン&ロベルト・クアリア)
"マックドナルド"(決してマクドナルドではなく)がタイムトラベルに最適の場所とは(笑)。
とうてい有り得ないだろう設定なのだけど、主人公の執念に打たれる。
失敗の連続で"リセット"を繰り返し…ああ、なんだか全く違うお話なのに、北村薫の「リセット」を思い出す。
人の想いの強さは時間をも超えるのか。

■世界の終わりを見にいったとき(ロバート・シルヴァーバーグ)
ただの物見遊山として「世界の終わり」見学ツアーに参加した自慢話に興じる人たち。
自らの足元が、音を立てて崩れていることにも気付かずに…。
強烈な皮肉。だけどこれって時間SF…なのかなぁ。

■昨日は月曜日だった(シオドア・スタージョン)
これはSFというよりファンタジーの領域だなぁ。
「役者」と「舞台裏」
もう少しお話を膨らませれば、面白い童話が1本書けそう。

■旅人の憩い(デイヴィッド・I・マッスン)
場所によって時間の流れる速度が違う世界の物語。
速度が遅くなるにつれて、どんどん名前が長くなっていくのが面白い。すごい発想だと思う。
召集され、戦地に赴く主人公。彼が戦地で過ごすわずか数秒の間に、残された家族はどんどん年をとってゆく。
しかも自分が参加させられているのは、考えるのも恐ろしいほど無意味な戦争。
切なく、とても印象深い物語だった。

■いまひとたびの(H・ビーム・パイパー)
死の直前に、子どもの頃に戻ってしまった男の物語。
"人生やり直し"パターン。
だけどそううまくいくものかなぁ。だって、過去が変えられるものなら、自分が知っている賭け事の結果だって、どんどん変わってしまう気がするよ。

■ここがウィネトカなら、きみはジュディ(F・M・バズビイ)
自分の人生を、意識だけタイムリープしながら、細切れに生きる男の話。
奇妙なタイトルの意味も、そういうことかと納得させられる。
若い意識で自らの臨終に接し、次の瞬間には胎児として母親の胎内にいる。
…なかなかに耐え難いことだと思うのだが、生まれながらにそうであれば、それが普通だと思ってしまうのかな。
だけど、閉じた輪の中を往ったり来たりしているに過ぎないと思っていた彼は、ある日、自分の愛する人もまた、同じ"体質"なのだと知る。

意志を強く持てば、変えられないものなどない。

エンディングの大いなるカタストロフィに大満足。締めくくりにうってつけの物語。


お終いまで読んで、つくづく思う。
ああ、私は、きちんと収束する物語が好きなのだなぁ、と。
いいところまで語り、さんざん盛り上げて、役者と舞台装置だけ残して「あとはご自由に」的にぽんっと物語を放り出されるのはたまらない。
往々にして、短編にはそういうものが多い。で、想像力の貧困な私は、消化不良な気持ちを抱えて悶々としてしまうのだ。

ラストがこのお話で良かった。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。