スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る

マドレーヌ夫人が猫だったとは!
知人の書評を読んでびっくり。
この本はタイトルだけは知ってましたが、「女の子と近所に住むフランス人のおばさんが何かをするお話」とか勝手に思い込んでいて、あまり興味がなかったのです。

猫ならば読まねば!
ということで早速読んでみました。
私、無類の猫好きで(愛読書は「猫ぱんち」)、猫と名の付くものならなんでも読みたいのです。

で、マドレーヌは「夫人」です。「婦人」じゃなく「夫人」。
そう、夫がいるのです。種を超えた愛がそこにあるのです。
マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦愛はとても素晴らしいものでした。
これを読むと、人種争いなんてほんとうにくだらないなとつくづく感じます。
好きな相手がたまたまそういう種だった。それだけです。
人間も、みんながもっとシンプルに、あるがままに物事を捉えることが出来れば、世の中はもう少し生きやすくなるのではないかなぁ。なんて思います。
作者は別にそういう大袈裟なことを言いたかったわけではないと思うけども。

ところで、マドレーヌ夫人とその夫は種を超えてお互いの言葉を理解することができますが、人間であるかのこちゃんにはマドレーヌ夫人の言葉はわかりません。
かのこちゃんの「知恵を啓いた」のも、かのこちゃんのために色々活躍したのも実はマドレーヌ夫人だけれども、当のかのこちゃんはそれに気付いていない。
けれど、猫であるマドレーヌ夫人は特にそれについて何とも思わない。
どう動こうが自由。
至って猫なのです。

猫を擬人化したお話は世の中に本当にたくさんあるけれど、「ああ猫だ」ときちんと思えるものって意外に少ない。でもこのお話は、きちんと「ああ猫だ」と思えたので、猫である猫好きな私は大満足です。

しまった。
このお話は、かのこちゃんの成長とすずちゃんとの友情が主題のはずなのに、猫のことばっかり書いてしまったよ。イカンイカン。

もちろん、かのこちゃんのお話もとても面白いです。
かのこちゃんとすずちゃんの「鼻てふてふ」や、「茶柱」をめぐるお話は爆笑もの。
そう、こどもって大体があんな感じで、意味のないことやキタナイものが大好きなのよね。
でもそれもね、小学2年生ぐらいまで。
(私の感覚からすると、女の子の場合もっと早く面白くなくなる気がする)
子どもに絵を教えている方が以前おっしゃっていたのだけど、小さい頃とても伸び伸びとした素敵な絵を描いていた子も、3年生ぐらいになるとヘンに知恵がついちゃって、他人を意識した"小賢しい"絵を描くようになることがとても多いらしいのです。
もったいないよなぁ。でも仕方ない。ニンゲンダモノ。

ラストは余韻の残るとても良い終わり方でした。
マドレーヌはどこまで行っても(たとえヒトの姿になったとしても)"猫"を貫き通すだろうし、かのこちゃんもすずちゃんもそれぞれの道を自分らしく歩んでゆくことでしょう。みんな幸せになってほしい。心からそう思えるお話でした。

それにしても、かのこちゃんのお父さんて…。

ん?あの方?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑だれか私の知恵を啓いておくれ。
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

去年はいい年になるだろう

去年はいい年になるだろう去年はいい年になるだろう
(2010/04/02)
山本 弘

商品詳細を見る

もうずい分前になるけれど、この人の書いた「時の果てのフェブラリー」と「サイバーナイト」を読んだ。
山本弘と言えば、世間的には「と学会」会長の名を出すほうが通りが良いだろうが、私にとっては「トンデモ」についてはどうでもよい。
単純にこの人の書くSFはとてもわかりやすく面白い。難解な理論もわかりやすく噛み砕いて説明してくれ読者に優しい。だから好印象を抱いている。
その山本弘さんが、また面白いSFを書き、それが星雲賞を獲ったというので、「これは是非読まねば!」と遅れ馳せながら手にしたわけだ。

9.11が起こったのって、2001年だったんだ。もう10年にもなるのか。
今でも、あの信じられない映像は目に焼きついている。CGかと思ったぐらい凄かった。
あれが"なかったこと"になるのなら、諸手を挙げて歓迎する人も多いだろうな。
けれど、本来起こるべき出来事って、そんな簡単に回避しちゃって大丈夫なのか?
(どうしても、回避してほしかった出来事も、あるけれど…。特に今年は思うところも色々ある。)

私は、昔から占いは無意味だと思っている。
たとえば、「あなたは右の道に行くと事故に遭う」と言われ、それならと選んだ左の道でもっと悲惨な目に遭うかもしれないし、ある出来事を回避したせいでそこからの未来が大きく変わることも有り得るだろうと思っているからだ。
遠い未来からオーバーテクノロジーと共にやってきたガーディアン(アンドロイド)がそんな単純なこともわからないはずはない。
彼らは、"その時代の人類を救えとプログラムされている"からそう動いているに過ぎない。
ガーディアンにとって「目の前の人間を守る」ことのみが使命であり、善なのだ。
それがどういう結果を招こうと、彼らにとっては知ったこっちゃない。
アンドロイドたちにとっては、さかのぼる1年1年が実験であり練習台。
いつも「次こそはもっとうまくやろう」と思うのみだ。
まさに「去年はいい年になるだろう」と思いながら人類救済に血道をあげる。
だがそれに巻き込まれる人類のほうはたまったものではない。

荒唐無稽とも思えるこのようなお話が、何故これほどリアリティをもって迫ってくるのかといえば、それはやはり「山本弘」という実在する作家の「手記」という形がとられているからだろう。
作者であり主人公でもある「山本弘」もガーディアンの出現によって、様々な被害に遭うこととなる。
けれど、それはガーディアンの出現のせいではなく、すべて自らの行動が招いた結果であると、実にSF作家らしい視点で客観的に自らを省みる。
私なら、どうだろう。そうも客観的になれるものだろうか。
「コイツらさえ来なければ」
そういう思考に陥りそうだ。
相手のせいではない。すべて自分次第。
いつもそう言い聞かせて行動しているつもりではいるけれど、許容量を超えるほどの出来事が起こったときにもそう考えられるか、自信はない。

ただ、私は思うのだ。
来年をいい年に出来るのが今の自分次第であるならば、
去年をいい年に出来るのも、今の自分だけ。

人は、過去にも未来にも生きられないからね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑新しい技術の開発に一度や二度の失敗がなんだ。

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

買っちゃいました!

DSC_0004.jpg

「小説+入浴剤 ほっと文庫」

とりあえずモリミーと、あさのあつこと有川浩をゲット。


いやー楽しみ♪

テーマ ヒトリゴト
ジャンル | 小説・文学

順列都市

順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
(1999/10)
グレッグ イーガン

商品詳細を見る

順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)順列都市〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)
(1999/10)
グレッグ イーガン

商品詳細を見る

人は決して神にはなれない。
たとえある"種"の創世の神となれたとしても、作り出したものは、神の手を離れた時点で最早別の存在。決して創世者の思い通りには成長しない。
けれど、一人の人間の中には、原因も結果も過去も現在も未来も、そのすべてが内在し、なにもかもを自分で選び取ることができる。

かもしれない。


ふぅぅぅぅぅ。
ようやく、です。ようやく順列都市から抜け出すことができました。
いやー長かった。ひとつの本にここまで時間をかけたのは初めてです。さすが難解と言われるイーガンさんです。
わけわからない言葉がこれでもかと登場するんですよ。
「塵理論」「セル・オートマトン」「エデンの園配置」…。
頭の中を「?」が延々と左から右へ流れ、数ページ読むごとに頭がぼんやりしてきて、がくりと頭が下がる(つまり寝ている)。そしてはっと目を覚まして慌てて本に目を戻す…の繰り返し。

みなさーん「水飲み鳥」が電車にいますよー

状態でした。
それでも投げ出さなかったのは、やっぱりラストが気になったから。
惑星ランバートはどうなるのか。永劫に続く生命は存在するのか。
で、読み終えた後、冒頭の考えに至ったわけです。

そもそも。
生命はコピーできるのか。
人間の脳を丸ごとスキャンすることで、その人の感情までコピーする。
感情が脳の働きの一種であれば、脳の状態をそのままコピーすることで、それは理論的に可能かもしれない。
だけど、私は、「生きてる」ってそういうことではない気がする。
攻殻機動隊で言うところの「ゴースト」。
魂は、その生命の、いつ、どこの時点で宿るのか。

萩尾望都の「アロイス」という漫画があって、主人公の双子のうちの片方であるアロイスは生まれる前に亡くなってしまうのだけど、もう一人のカラダに精神だけが憑依し、次第にカラダを欲するようになり…というお話。
果たしてこれは単なる多重人格のお話なのか、それとも…。
というわけで、読んだ当時非常に様々なことを考えたものです。

多重人格といわれるものは、「障害」と名のつくように、本当に単に一人の脳の働きの異常がもたらしたものなのか。
ひょっとすると、魂は必ずしも一人に一つ、ではないのかもしれない。
でもそもそも魂って何だ?…などなど。

その答えは、未だ闇の中。
でも何となく、量子力学の世界がそれを明かしてくれるような気がしている。
残念ながら、私が存命中にはきっと無理だろうけど。
誰かシュレディンガーの猫を連れてきておくれ。


それにしても"永遠の命"か。

古来から様々な人間がそれを欲したというけれど。
「生きている」って、元々「死ぬ」ことが前提ではないのかな。
永久に存在するものは、そもそも「生きて」などいないのかもしれない。
終わりがないってことは、始まりもないのでしょう。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑書けている、書けていない、それは同時に存在しているのだ~(意味不明)

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

3月のライオン

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野チカ

商品詳細を見る

1巻から6巻まで一気読み。
そしてその後、今度は舐めるようにもう一周。

羽海野さんの描く女の子は本当に可愛い。
ふんわりとしたその雰囲気を味わうだけでも読む価値がある。

だけど今回は、ハチクロとは全く違った趣の、重い重いお話。
しかも題材が「将棋」
なんと渋い!

実は私、将棋は全くわからない。
ただ、エラく奥の深いもので、勝つには大変な頭脳が要る、というイメージと、チェスは取った駒は死んでしまうだけだが、将棋では自分の持ち駒になるんだよという、昔だれかから教えてもらった知識があったぐらい。
実際この漫画の中でも、主人公の零は、他の有段者との非常に熾烈な戦いをくぐり抜けていくわけで、それだけであれば、ただ
「ああ、やっぱり将棋って難しいもんなんだな。」
で終わってしまっていたと思う。
ところが、である。
ここが羽海野さんのすごいところだと思うのだが、そんな難しいイメージの将棋のルールを、この漫画の中では、なんと猫のキャラクターで(しかも絵本という形で)優しく教えてくれるのだ。
私も、読みながら「ふむふむ。なるほど、これは面白そうだ」と、思わず前のめりになり、
「将棋、やってみようかな」
なんて思っちゃったりもしたぐらいなのだ。

それと、情景の表現が非常に巧み。
背景の絵と、そこに時折差し挟まれる詩的な言葉が非常にマッチしていて、くらくらするほど酔わせてくれる。

"水色の空に水銀をぽろろところがしたような淡い閃光"

なんて、なかなか出てこないよこんな表現。
さすが、スピッツとスガシカオが好きな作者だけある(関係あるのかそれ?)
ただね、心象風景を表す横書きの文章を、コマとコマの間に挟み込むという斬新な手法はとっても効果的で良いとおもうんだけど、あまりそればかりだと、読むほうはちょっとツライ。
だってセリフは基本的にタテ書きなんだもの。そこに唐突に横書きが混ざるわけだからね。
効果的だからこそ、ここぞという部分だけにしとくべきかなぁとは思ったかな(えらそう)。

ストーリー自体は非常に面白く、私にとっては目が離せない漫画のひとつになったけれど、6巻の不穏な展開は、私はあまり好きじゃない。
なんだか説教臭くてね…。
もちろん、そこで取り上げられていることは、とても大切な問題だと思う。それは重々承知の上で。
この漫画でそこまで問題を拡げちゃうかなぁ、と。それは別の漫画で描くべきじゃないかな。
いやぁな予感がするのだ。
今まで、私はどんなに多くの小説や漫画で、これをやられて興ざめし、読むのをやめてしまったことか。
いつのまにか、お話の主題からどんどん逸れて、作者の"青年の主張"みたいになってしまうものが非常に多いのだ。延々と作者の主張を聞かされ、「イジメかっこ悪い」みたいな、道徳っぽい話になってしまった残念なケースが。
杞憂に終われば良いのだけど。ていうか、信じてるからね、羽海野さん。

最後に、猫好きさんなら、この漫画は必見ですゾ。
可愛いニャーたちがてんこ盛り出てきなさるよ。
しかもひとつひとつのセリフがとっても面白いよ。

兎にも角にも、今後に大いに期待。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑書けてないにもほどがある…でも押して下さると嬉しい♪

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

西原理恵子の人生画力対決 2

西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)
(2010/09/13)
西原 理恵子

商品詳細を見る

実は私…。

少女漫画家では竹宮惠子先生を崇拝しております。その昔はファンクラブ入ってました。会報誌「さんるーむ」むさぼるように読んでました。

この人生画力対決を買ったのも、竹宮先生が参加されてると小耳にはさんだのでどうしても読みたかったというのが本当は一番の理由です。

サイバラ…

ぶちかましてくれやがりました。

あろうことか、全ての竹宮惠子ファンを敵に回してしまうだろう荒技を繰り出しました。

「殺される。でもやる。」

その意気や実にアッパレ。
昔の純粋な頃の私が見たら本当に「サイバラ殺す!」と思ったかも(笑)。
私のジル様が汚された…(号泣)

いや、今の私は爆笑しましたけどもね。

それにしても、心底絵の上手い人は、いつでもどこにあっても"描ける"んだなぁ。
ケーコたんは本当にすごい!
(サイバラさん、竹宮惠子先生は、ファン的には「おタケさん」じゃなく「ケーコたん」なんすよ)

あ。

すごいと言えば、

浦沢直樹!

この人は、もっほんっとーに、嫌味ですね、うますぎて(笑)。

いやー、今回の対決も色んな意味で大笑いさせていただきました。


でもね…

私が一番大笑いしたのって、

たぶん


松本零士(本家)の描いた「宇宙戦艦ヤマト」


みんな遠慮してか誉め称えてますけど…



そんなテキトーでいいんすか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑書けてないにもほどがある…でも押して下さると嬉しい♪

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。