スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫語の教科書

猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
(1998/12)
ポール ギャリコ、スザンヌ サース 他

商品詳細を見る

面白いと思える本には2種類あるように思う。
ページをめくるのももどかしく、その世界に引き込まれ、あっと言う間に読了してしまう本と、美味しいおやつを楽しむように、ちびちびとすこーしずつ時間をかけてゆっくりと読み進める本。

私にとってこの本は後者。
読んでいる最中、ずっとくすくすにやにやが止まらなかった。
いや、えへらえへらだったかも(笑)。

だって

人間の"躾け方"が書いてある本なんですよ?
猫が人間の家を乗っ取る方法が書いてあるんですよ!

最初の方の、人間の男を躾ける方法なんてもう、抱腹絶倒!
まーさーに!
うちにいた猫と夫の関係なのだもの。

夫はずっと悦に入っていた。
「あの子は自分が呼ぶと、何を置いてもとんで来る。そして撫でてやるとゴロゴロとのどを鳴らして喜んでくれる。うちで一番あの子に懐かれているのは自分なのだ」
と。

だけど私は知っていた。
夜、寝る前にそうやってゴロゴロ甘えていた猫が、夫が寝入ると、さっさと寝床を抜け出して
「しょうがないわねぇ」
てな顔をしてすたすた歩いてゆくことを。
私は、これを「猫による夫の寝かし付け」とこっそり呼んでいた。

本当に、ギャリコはかつて猫だったことがあるに違いない。
なんたって、猫にとっての秘密兵器である「声を出さないニャーオ」を知っているし、
猫が書いた文字を解読できたのが、その何よりの証拠(…笑)

随所に散りばめられたモノクロの写真をながめるのもまた楽しい。
著者さんはとても美形な猫様なのだ。

うっとりと、ゆめごこちで本を閉じ、また開き。
一冊で、二度も三度も楽しめる、お得感満載の逸品。
(なんの営業トークだよ)

ああ、私もまた猫に家を乗っ取られたい。
そして夫を躾け直してもらいたい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑猫好きは「猫ちゃん」じゃなく「猫さん」って言うよね。
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

おやすみラフマニノフ

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)
(2011/09/06)
中山 七里

商品詳細を見る

「さよならドビュッシー」の続編と銘打たれているが、同時系列でのお話なので、続編というより姉妹編だろう。
前作が面白かったので、こちらも期待して手に取ってみた。

が…。

かなーり薄味。

「さよならドビュッシー」のエッセンスと中の具をちょっと使って10倍ぐらいに薄めてみました、なイメージ。
謎解きの重要人物としてちゃんと岬先生は出てくるし、あの「プチ子ヘミング」も登場するんだけど、
なんというか、とっても軽いのだ。

もちろん音の表現は今回も素晴らしかったんだ、うん。
臨場感もばっちりだし、バイオリンをよく知らない私にも、その音の凄さは十分に伝わってきた。

でもね。
なんだか途中で飽きちゃった。
前回は、主人公がそれこそ死に物狂いで、崖っぷちに立っての挑戦だったから、延々と一曲丸々表現されても手に汗握る感じで読み進めることが出来たわけだけど、今回はね…まぁ本人にとっちゃ死活問題だったんだろうけどさ……結局のところ、コンクールというわけでもなく、定期演奏会だもんなぁ。
で、作者には本当に申し訳ないけれど、何ページにもわたる素晴らしい音の表現の部分は、ついつい読み飛ばしちゃったのだ(すみません)。

犯人も、途中で目星はついてしまうし、ミスリードもちょっとミエミエな感じだったのでさすがに引っかからず、ミステリーとして読むとしても中途半端でつまらない。

何より致命的なのは、やはり前作同様、人物表現が巧くないこと。
セリフがセリフにしか聞こえないのだ。血の通った人間がしゃべっているように思えない。
そしてかなり説教くさい。この部分でかなり興醒め。
言いたいことはとてもよくわかるし、良いこと言ってるんだけどね。

主人公の、初音さんに対する想いもあまり伝わってこないし、柘植学長の人となりも見えてこない。
そんなこんなで感情移入が難しいため、肝心のクライマックスも心を打たなかった。
ていうか、演出に凝り過ぎ。

結局最後まで、酔った作者の一人語りを少し離れたところから冷めた目で眺めているような置いてけぼり感満載で、前作がとても良かっただけに非常に残念だった。

でも何故だか次作も懲りずに挑戦したいなと思っている。
「残念」だと言うのは、やはり作者にどこかしら期待しているからこそ、なのだ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑ピアノもいいけどバイオリンもいいね。

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

トマシーナ

トマシーナ (創元推理文庫)トマシーナ (創元推理文庫)
(2004/05/25)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る

ずいぶん前に書かれた本だけれども、100年、いや1000年読み継いでもらいたい名作。

かの「ジェニィ」を大叔母に持つ由緒正しきトマシーナは、気高くも慎み深く礼儀正しく、猫の良いところをギュッと濃縮したかのような愛すべき雌猫。
「ですます」調で丁寧に話し、飼い主宅への宿賃として献上するネズミを捕獲する手段を、何日もかけて用意周到に実行する辛抱強さとアタマの良さも兼ね備えている。そして世話になっている家の娘メアリ・ルーに、自分の計画を邪魔されあちこち引っ張り回されたりしても文句も言わずに大人しく従っている。トマシーナはメアリ・ルーのお守り役も果たしているのだ。

けれども、一家の主であるマクデューイは、そんなトマシーナには目もくれず、トマシーナの素晴らしさに気付きもしない。
むしろ、彼が唯一溺愛している娘のメアリ・ルーが、自分よりもトマシーナにべったりであることを快く思っていないフシがあり、トマシーナを邪険に扱ったりする。
そんなマクデューイの職業はなんと獣医。
本当は人間のお医者さんになりたかったのだが、獣医だった父親の跡を無理矢理継がされた形であるため、獣医の仕事には全く熱意を持っていない。むしろ最愛の妻を動物からの病気感染で亡くしてからは、彼の動物嫌いには益々拍車がかかり、少しでも治る見込みがないと診断した動物は、飼い主の気持ちも考えずさっさと安楽死させてしまう始末。

そして運命の日。
憐れトマシーナは、多忙なマクデューイのおざなりな診断で「髄膜炎でもう治る見込みがない」とあっさり安楽死させられてしまうのだ。
その日からすべての歯車が狂ってしまった。
トマシーナはただの猫ではない。幼くして母親を亡くしたメアリ・ルーにとっては母親であり姉であり大切な友達。かけがえのない存在だったのだ。
メアリ・ルーは、トマシーナを手厚く葬ると同時に、敬愛していた父親も心の中で殺してしまった。それは彼女にとっては自分自身をも殺すことと同義の行為であった。
最早生きる希望のすべてを失ってしまったメアリ・ルーは、食べ物も受け付けず次第に衰弱し、やがて死を待つばかりとなってしまう。

無神論者で傲慢だったマクデューイの苦悩がここから始まる。
牧師である友人のアンガスとの非常に有意義な対話にも、心を動かされはしても道を拓くことはできない。
医者にも匙を投げられてしまう。

転機となったのは、人里を離れ、森に住む"魔女"と噂されるローリーとの出会い。
彼女は自然を愛し動物を愛し、傷ついた生き物を優しく癒す。
彼女と触れ合う中で、マクデューイは長い間閉じていた目と耳を開かれ、次第に大きく変わってゆくこととなる。

祈ることを知る

生かされて今が在ることを知る

しかしもうすべては遅過ぎるのか…。


クライマックスは、まさかの大ドンデン返しに震えるほどの驚きと大感動の嵐。
ファンタジーと現実の見事な融合に大いに魅せられた。

猫が好きならもちろん、猫が好きではない人も楽しめること請け合い。
もう一匹の主人公ともいえる神様猫「タリタ」こと「バスト・ラー」の、神秘に満ちた語りと共に、その豊かで示唆に富んだ魂の物語を、じっくりと堪能してみてほしい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑猫はやっぱり神様だと思う。

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。