スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵山万華鏡

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る

夏は何となく苦手だ。
暑いからというだけではなく、まるでアイスクリームのように、なにもかもがゆるゆるどろどろと溶けて混じりあってしまうような、あの弛緩した感じが嫌なのだ。

まして舞台は京都なのである。
そりゃあ祭りともなれば、この世とこの世ならざる世界との境目も曖昧になって混じりあってもしょうがないさ。何が起こっても不思議じゃない。
ついでに私は「非日常なら多少のことも許される」みたいな"無礼講"という便利な言葉も苦手だけれど、それもやっぱりモリミーだからしょうがないと思えてしまう。
ノビ太少年に付き添うドラえもんの心境てこんなんだろうか。
「もう、しょうがないなぁモリミーくんは」

ところで私は昔から割と慎重派である。つまり気が小さい。
冒険心などまるでない(海賊王に、オレはなれない(・_・))。
小さい頃から規則正しく慎ましやかに日常を何となくこなすタイプだったので、大失敗も少ない代わりにあまり面白いことにも遭遇してこなかった。
逆に私の姉は活発で男の子のように冒険心に富んでいて、色々悪事を重ねては後で親からこっぴどく叱られるタイプであった。その分面白い子ども時代を過ごしたことだろう。
つまり私と姉はそのままリアル「宵山姉妹」なのだった。
そして憐れな妹は、まんまと事件に巻き込まれてしまうのが常。
あーあ、とは思うのだけど、一緒にいるとほんのちょっと"面白いこと"のお相伴にはあずかれるわけだ。
そいでもって、常に刺激を求めて止まない姉は、非日常にたっぷりと浸って存分にスリルと冒険を堪能するのよね。自分で代償を支払う覚悟があるなら、それもまた良し。
得るものが多いということは、それだけ失うものもまた多いということなのだから。
世界はそうやって均衡を保っている。

それはともかく。
この世と呼ばれる日常の世界の、ほんの隣りには、きっと"この世ならざる"非日常の世界がひろがっている。
そしてそのあいだには結構深い川が横たわっていて、近くにあるのに普通は辿り着けない。

と、私は思っている。
"平穏な日常"が何より大切な私には、たぶん死ぬまで縁のない世界。
いいんだ私はこうやって本の中でたっぷりと非日常の世界に浸かっているのだから。


だけども

なんかのはずみで

ほんのデキゴコロで

はたまた弛緩した夏の悪戯で

ふとその境界を超えてしまったとしたら

ただのヒトである私だって、常ならざる存在に出会えることもあるかもしれない。


果たしてそれを僥倖と呼ぶのか、はたまた災厄と感じるのかは、その時になるまできっとだれにもわからない。


そういえば、私には、ずっと探しているモノがある。
おそらく私が暮らす世界では決してもう出会えないもの。
そこへ行けば、私もそれを見つけることができるだろうか。


"ほんのデキゴコロ"が芽生えた時には
懐かしい万華鏡を覗いてみることにしよう。

戻ってこれなかったらごめんなさい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑タマタマの積み重ねで世界は今日もまわっている~
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。