スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り裂きジャックの告白

切り裂きジャックの告白切り裂きジャックの告白
(2013/04/27)
中山 七里

商品詳細を見る

久々に面白くて一気読み。

普段は大変な遅読っぷりを誇る私なのだが、ごく稀にとてつもないスピードで読み終えてしまう本がある。この本もそういう一冊。
そう、先が気になってうずうずしちゃって途中で止まらなくなるのだ。

同じ作者の「さよならドビュッシー」では叙述ミステリーと知りつつすっかり騙されてしまったので、今度こそは絶対騙されまいと注意深く読んだつもりだったのだが、やっぱり見事に騙されてしまったよ。うーん悔しい!
でも仕方ない。あのドンデン返しはとても素晴らしかったもの。うん、悔しいけれどここは素直に拍手を送るよ。

というわけで、読んだ人は誰でも最後の最後に「あ」という声が出ること間違いなし!


脳死と人の死の問題や、臓器移植の是非については、色々な意見があるのは周知のことで、私個人にも思うところはある。
どこまでがヒトの踏み込んで良い領域で、どこからが神の領域かなんてきっと誰にも分からないし、どんなに議論を尽くしても明確な境界線なんてどうやったって引けないだろう。
冷静な目で見れば、脳死は決して人の死ではないと私には思えるけれど、翻って自分の身に引き寄せて考えれば、身内の命の危機となれば、他人の臓器をもらってでも助けたいと思うのもまた事実。だから私は臓器移植そのものを否定する気にはなれない。

ただ、移植医療は決して純粋な善意のみで成り立っているわけではなく、現実には様々な立場の人々の欲望や思惑も多く絡んでしまっているという側面もあり、この本で垣間見る通り、綺麗事では語れない部分もたくさんあるのだろうなと想像する。
でも、それにしたって…。
そんな理由で本当に人殺しが出来るものなのか、という疑問は、読んでいる間ずっと付きまとっていた。

そしてラスト、驚愕のドンデン返し。
「真」犯人の本当の動機を知り、なんというか、拍子抜けというかひどく暗澹とした気持ちになってしまった。
この動機について納得できるか否かで、ある意味この本の評価は大きく分かれてしまう気がする。
「そんなことで」と思うのか、それとも「そんなこともあるだろうな」と頷くのか。
私は、悲しいことになんとなく犯人の気持ちが理解できる気がしてしまうのだ。そしてそんな自分に嫌悪する。

失敗体験のない人ってとても脆い。失敗したり悪いことして怒られたりっていう、人生において普通の人ならごく当たり前に経験してくるはずのことを、全く経験してきていない人って、とても傲慢で、そしてびっくりするほど弱い。
昔から真面目で優等生だった自分自身にもそういう部分があることを常々感じているので、この犯人の動機には、ある意味身につまされる部分がないでもない。
けれども、他人の命をないがしろにするような、そんな恐ろしい行為ができるのであれば、自己保身に走る前にそういう弱い自分を乗り越えて欲しかったと強く思う。

それだけに、エンディングの、素朴だけれども至極真っ当な、血の通った人間の行為を目の当たりに出来て、なんだか救われた思いがした。

人間の臓器は、やっぱりただの物でも機械でもない。色々な事情はそれぞれあるだろうけれど、様々な思惑を超え、「医は仁術」と胸を張って言える、そういう医療者が増えてほしいと心から願っている。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。