スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫語の教科書

猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
(1998/12)
ポール ギャリコ、スザンヌ サース 他

商品詳細を見る

面白いと思える本には2種類あるように思う。
ページをめくるのももどかしく、その世界に引き込まれ、あっと言う間に読了してしまう本と、美味しいおやつを楽しむように、ちびちびとすこーしずつ時間をかけてゆっくりと読み進める本。

私にとってこの本は後者。
読んでいる最中、ずっとくすくすにやにやが止まらなかった。
いや、えへらえへらだったかも(笑)。

だって

人間の"躾け方"が書いてある本なんですよ?
猫が人間の家を乗っ取る方法が書いてあるんですよ!

最初の方の、人間の男を躾ける方法なんてもう、抱腹絶倒!
まーさーに!
うちにいた猫と夫の関係なのだもの。

夫はずっと悦に入っていた。
「あの子は自分が呼ぶと、何を置いてもとんで来る。そして撫でてやるとゴロゴロとのどを鳴らして喜んでくれる。うちで一番あの子に懐かれているのは自分なのだ」
と。

だけど私は知っていた。
夜、寝る前にそうやってゴロゴロ甘えていた猫が、夫が寝入ると、さっさと寝床を抜け出して
「しょうがないわねぇ」
てな顔をしてすたすた歩いてゆくことを。
私は、これを「猫による夫の寝かし付け」とこっそり呼んでいた。

本当に、ギャリコはかつて猫だったことがあるに違いない。
なんたって、猫にとっての秘密兵器である「声を出さないニャーオ」を知っているし、
猫が書いた文字を解読できたのが、その何よりの証拠(…笑)

随所に散りばめられたモノクロの写真をながめるのもまた楽しい。
著者さんはとても美形な猫様なのだ。

うっとりと、ゆめごこちで本を閉じ、また開き。
一冊で、二度も三度も楽しめる、お得感満載の逸品。
(なんの営業トークだよ)

ああ、私もまた猫に家を乗っ取られたい。
そして夫を躾け直してもらいたい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑猫好きは「猫ちゃん」じゃなく「猫さん」って言うよね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

テンプレがハロウィン仕様だ~!
すっかりギャリ子サンにハマってますね。
これは小説ですよね?もちろん?
面白そうです☆

No Title

声を出さないニャーオって、どんなんだろう・・・そして猫が文字を書くってナーニ!??(わくわく)
それにしても、猫と人間の女性って、やっぱり似ていると思います。
猫好きな人間の男性は、きっと、従順な女性より気まぐれな女性がタイプなんじゃないかと思います。勝手な決めつけ?

惺さん

お返事が遅くなってすみません。

ハロウィンテンプレかわいいですよね~
でも最近すっかり右メニューに慣れていたのでちょっと使いづらいかな。
まぁ期間限定なのでいいですけども。

そう!ギャリ子さん(誰)にハマっちゃってるんですよ。
特に猫モノは絶品ですねぇ。
一応小説ですけど、特にストーリーとかはないです。
猫を愛でる本です(・_・)キッパリ!

ジャイさん

この本、原題が「The Silent Miaow」なんですよ!
声を出さないニャーオは素晴らしい最終兵器なのです。
うるんだ目でじっっっと見つめて口の形だけで「ニャーオ」です。
これをやられると、もうどうにでもしてっ!となります。

そう、この本の中でも猫と人間の女性は同類なので、人間の女性の躾は男性のようにはいかないと書かれています(笑)。
こちらの手の内を知られているから、だそうですよ。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。