スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄鼠の檻

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)
(1996/01/05)
京極 夏彦

商品詳細を見る

坊主が…

坊主が多すぎるのですよ。榎木津のセリフじゃないが。

実は私、抹香臭いのが大のニガテ。
禅寺が舞台だなんて、知らなかったんだよ。そういうことは先に言ってくれよ。
わかってたら読まなんだ(お坊様風)。
…てなわけもなく、京極堂シリーズだというだけで、どうしたってキミ、いずれ読むことにはなるんだがね(京極堂風)。

そんなわけで、元々ページ数が半端ないことも加わって、まぁ読了するのに大変時間がかかってしまった。
「私はいつこの檻から抜け出せるのだろう…」
と、正直ちょっとウンザリしちゃったほど。
禅に関する京極堂の薀蓄は相変わらず面白く、目からウロコなことがてんこ盛りではあったのだけど、清涼とは言いがたい陰鬱な空気の世界に囚われたまま長く過ごしていると、気分まで鬱々としてしまったのですよ。

けれど、そのような世界にあっても、榎木津は何ら影響されない。独立独歩唯我独尊。
今回は、本当に榎さんの突き抜けた奔放な性格に救われました。
いや
マジで今回の榎木津は凄かった。
京極堂の十八番の『憑き物落とし』をたったのひと言でやっちゃったよこの人。
当に一刀両断とはこのことか。
後々結局不幸な出来事に巻き込まれたあの人も、榎木津のひと言できっと救われたのだと思うな。『大悟』に至ったのだから、かの禅僧にとっては本望だったことでしょう。
榎木津さんは本当は良い人に違いないのです(今川風)。

人は皆、何かに囚われている、か。確かになぁ。
"開放されたいと望むからこそ自ら望んで檻に入る"んだよね。
この逆転の発想は実に面白い。

所詮、高僧と言われる者であってもただの人。
煩悩は絶ち切ろうとしても絶てるものではないのです。
にんげんだもの。
高尚な動機であろうと低俗であろうと、煩悩と嫉妬は人には欠かせないエネルギーなのだと私は思うな。
煩悩と嫉妬の薪を燃やして私は上を目指すのさ。

そんなこんなで。
読むのがしんどいーつらいーなどと文句をぶーぶー言っていたくせに、結局、読み終わったときには、私から何かの憑き物が剥がれ落ち、もっと良い新たな何かが身に付いている。
なんだかそんな気がしてしまうのです。
やー、京極堂シリーズって、やっぱりいいですよね。

だけど、私にとっての最大の収穫は、京極堂さんちの飼い猫の名前がわかったこと。
『柘榴』ですって!ざーくーろー!!(大喜び)
「欠伸をすると柘榴のような顔になる」からだそうだけど、柘榴ってなんだか存在自体がちょっと怪しいですよね。そういう名前をさらりと猫に付けてしまうところがまた京極堂らしい。

結局最後は妙にテンション高い萌え語りになってしまってすみません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑坊主が多すぎる(=_=)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。