スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球移動作戦

地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
(2009/09)
山本 弘

商品詳細を見る

"未来"という言葉には、漠然とながら、明るいイメージがある。
しかし、そこに"地球の""日本の"という言葉がプラスされると、途端に暗澹たる気分になってしまうのはどういうわけだろう。
ほんの少し前までは、確かに日本の未来も地球の未来も明るかったはずなのに。

私は(年齢がバレてしまうが)、人類が月に降り立った様子を子どもの頃テレビで見た年代である。
近所のお風呂屋さんに行く道すがら、夜空に輝く月を眺めて「うさぎはいなかったねぇ」と母と話しながらも、何となく、科学の力がもたらす薔薇色の未来に、胸がワクワクしたことを覚えている。

いったいいつから、科学は魔法の力を失ってしまったのだろう。いつから、世界は輝きを無くしてしまったのだろう。
人類が大航海時代の逞しさを取り戻すことは、もう二度とないのだろうか。

いやいや、そんなことはないのだよ。人間はどんな苦境をも乗り越えられる程度に逞しく、そしてそんな人間が操る科学はやっぱり万能なのだよ。

というような感慨をもたらしてくれるのがこの本である。


人類滅亡の危機が27年後に訪れる。
それが逃れようのない事実であったとしたら。
その時人間は、その恐怖とどう闘い、それをどのように回避してゆくのか。

「妖星ゴラス」という古いSF映画へのオマージュ作品でもある本作は、遠い宇宙の彼方から27年後に地球に最接近する惑星がもたらす厄災から、人類が叡智を結集して逃れることがテーマとなっている。
今よりずっと科学が発達した未来の世界でありながら、そんな大きな天体が、何故そんなに近づいてくるまで気付かれなかったかと言えば、実は、彼の星は、目に見えない鏡像物質(ミラー・マター)で構成されていたためである。
(よく考えてあるなぁ。)
で、ミラー・マターは、どんな物質をも透過してしまうという性質があることから、彼の惑星自体を動かすことは不可能。
じゃあ、どうすりゃいいの?と世界は大パニック。

で、優秀なる科学者は考えた。

"押してもダメなら引いてみな"

ってんで、なんと地球と月の軌道を変えちゃおうぜ!という壮大なプロジェクトがついに始動したのだ。

もちろん、地球の危機だからと言って、すぐに世界がひとつになったかと言えば決してそんなことはない。
様々な思惑、各国の利害、思想、そんなものに邪魔され、計画は遅々として進まない。
この物語中には、大きな軸として「ACOM」という存在があり、これはARなる拡張現実の世界に存在するバーチャルな人格のことであるのだが、そのACOMに人類の未来を託そうというような、厭世観に満ちたアイディアに多くの人々が魅力を感じて心動かされたりもしてしまう。

実は、正直なところ、登場人物にはあまり魅力を感じず、なかなか感情移入も出来なかった。
そのせいか、いよいよ作戦が始まっても、あまりドキドキもワクワクもハラハラもしない。
なのに…なのに、である。
なんでこんなにもクライマックスで涙が出てしまうのか。
それはきっと、今の日本の境遇に、思いを馳せてしまったからだろう。
それもまた、物語の持つ力だ。

作戦が成功してもしなくても、どうやっても多くの犠牲は出てしまう。
地球で運命に翻弄される人々も、地球移動作戦に関わり闘う人々も、そしてバーチャルな人格であろうと、すべての命は決して「駒」ではない。心がある。失われた命があれば、それを悼み、嘆く者が確実に存在するのだ。

けれど人は負けない。

作中に流れるのは「シュテルンシフリート」という曲だが、私の頭の中では、ずっと別の音楽が流れ続けていた。

それは「甲斐よしひろ」の「嵐の季節」という歌。
甲斐バンドのファンでなければきっと知らない名曲。

そうさコートの襟を立てじっと風をやり過ごせ
みんな拳を握り締めじっと雨をやり過ごせ
今は嵐の季節



耐える時間は長く、辛い。
今、日本は耐えねばならない時期なのだろう。
けれど嵐はいつか止む。吹き飛ばされないように立ってさえいれば。
高次元の神ではない私たちは時間を操れないから、過去は捨てて未来に踏み出してゆくしかない。
戻れない時間に縛られ、もがきながら、嘆きながら、じっと雨をやり過ごすのだ。

空の彼方に、微かに明るい日が差したら、雨も終わり。
SFは、やっぱり祈りであり希望だ、と私は思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑やっぱり萌えは必要なのかそうなのか(・_・)゛
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。