スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホミニッド-原人

ホミニッド-原人 (ハヤカワ文庫SF)ホミニッド-原人 (ハヤカワ文庫SF)
(2005/02)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

もしも、我々の祖先がクロマニヨン人ではなく、ネアンデルタール人だったら、この地球はいったいどんな世界になっていたのだろう。
もしも、我々の存在するこの宇宙がただひとつではなく、どこかに別の宇宙があって、我々とは少し横にずれた時間軸の中を平行に進んでいるとしたら…。

そう、この物語は

ネアンデルタールから進化した世界に住む科学者ポンターが、量子コンピューターの実験による事故で平行宇宙に飛ばされて、クロマニヨンから進化した人間に、ある日突然、出会った――(by 下條アトム『世界ウルルン滞在紀』)

ところから始まるのだ。なんてそそられる設定だろう。SF好きでソウヤー好きな私が、こんな面白そうな本を見逃すわけがないじゃないか。

で、ほくほくと読み始めたわけなのだが、もう、もう、期待に違わず、本当に面白かった。
途中で読むことをやめることができず、とうとうお終いまで一気読み。
平行宇宙の、あっちとこっちで同時に物語が進み、まるで映画を観ているかのように場面が次々切り替わるため、まったく目が離せないのだ。
我々クロマニヨン側では、突然現れた"進化の法則から外れた人間"の登場に大パニック、一方ネアンデルタール側では、実験中の科学者が突然消えたため、残された相棒に、殺人の嫌疑がかけられ、こちらもハラハラの連続。
さすがソウヤー、読者を楽しませるのが本当にお上手。

しかしながら、ただ物語として「ああ面白かった」では終わらない、非常に重い問題提起も、ソウヤーは忘れていない。
実はソウヤーが描きたかったのはそこの部分だろう。

人間の本質。

どこまでも合理性を追求し、すべての人類が平和に共存できる理想郷を築き上げたネアンデルタール人の住む地球に対し、我々の住む地球はどうだろう。
少しでも"自分たちだけが"便利で快適な生活を営むために、敢えて非合理な生活スタイルを続ける。
ひとつの種が絶滅するまで狩り尽くし食べ尽くし、大気が汚れることもおかまいなしに生産し続ける。
"正義"の名の下に争うことを決してやめない。
だれもが、いずれ破滅が訪れることを恐れつつ、合理的でないことを「まだまだ大丈夫」と嘯き、止めることが出来なくなっている。
そんな我々に、ポンターは「何故そんな生活を続けるのか」「どうして無意味な争いをやめないのか」と問いかける。

ポンターの素朴な「なぜ?」に、最早、いまの地球人はだれも答えることはできない。
だからと言って、自由に愛する人と暮らすこともできず、好きなときに好きな人と交流できない「理想郷」に住みたいとも私は思わないが、それでも、「何故やめられないのだろう」との問いは、心のどこかにしっかりと納め、折りあるごとに取り出して、自分の生活を見つめたい。

…一点、私からもポンターに素朴な問いを。

いくら嗅覚がすぐれているからって、すべての女性が揃いもそろって同じ周期で生理を迎えるなんてことは、ちょっと無理じゃないっすか?体調や精神的なことで生理周期なんて簡単に崩れるんだけどなぁ。実にフシギだ。
そこんとこ、ソウヤーさん、どうっすか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑先祖はネアンデルタール人に違いない!って人、結構いるよね(・_・)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。