スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモンの犬

ソロモンの犬 (文春文庫)ソロモンの犬 (文春文庫)
(2010/03)
道尾 秀介

商品詳細を見る

表紙のわんこにそそられます。

でも、子どもが死ぬ話はイヤだなぁ。
このお話の中では必然だったかもしれないけれど、死ななくても良かったんじゃないのかなぁ。もっと他の方法はなかったのかなぁ。
甘いのかもしれないけれど、悪いことをしていない者が救われないというのは、私は好きじゃないです。
それが動物や子どもだと、更に切ないです。
その部分が邪魔して、これを青春群像劇と呼ぶにはちょっと…と私は感じました。
面白かったんだけど、手放しで「あー面白かった」とは言えない。
そんな感じ。なんだかモヤモヤするのです。

けれど、主人公には好感が持てるし、他の登場人物もなかなか個性的で、作品自体は良い感じでした。
特に間宮教授が味わい深いです。

少年の死は本当に事故だったのか。
すべてを知っている犬のオーピーの話が聞けたら。
そこから、動物と会話が出来るようになるという「ソロモンの指輪」の逸話が出てくるわけですが、実はみんな元々「ソロモンの指輪」を持って生まれてきているのよね。
五感と更に第六感も寄せ集めて脳を働かせれば、犬の気持ちや行動の理由はきっと理解できる。
そしてそれは動物に対してだけではなく、人にも当てはめることができる。
要は観察力だと思います。
漫然と"見て"いるだけでは何もわからない。
うーん、何だかナショナルジオグラフィックチャンネルの「カリスマドッグトレーナー」シーザー・ミランを思い出しました。
彼も、常に犬の行動をよぉぉく観察します。耳の向き、尻尾の位置、目の動き、鼻の動き。何一つ見逃さない。
そして「この犬は今こう思っている」と判断し、犬に合った方法を採る。
いつも凄いなぁと思うんだけど、それって別に魔法でも何でもなく、観察の結果なのよね。

私は、いつもぼへーっと生きているので、なかなか観察力が研ぎ澄まされない。
シーザーや間宮教授を見習わねば。ねば。

閑話休題。

さすが道尾作品らしく、仕掛けは幾重にも施されています。
「えっ!?」とビックリした後、またまたどぱーんと「ええーっ!?」の波が来ます。
一粒で二度美味しい。

だけどなぁ。
やっぱり一番弱い者が一番悲しい目に遭うお話というのは、ちょっとなぁ、という思いが最後まで付き纏い、付き纏い…なんだか胸の痛みがいつまでも消えないお話でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑「カリスマドッグトレーナー犬の気持ちわかります」の大ファンです私。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。