スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
(1996/04)
貴志 祐介

商品詳細を見る

人に触れることでその人の心を読み取る超能力「エンバス」を持つ加茂由香里は、その能力を活かして、阪神大震災のボランティアとして被災者の心のケアをしていた時に、12の異なった人格を有する「多重人格障害」と思われる森谷千尋という少女に出会う。彼女の心に寄り添い、なんとか人格の統合を図ろうとする由香里は、千尋の心に潜む13番目の人格「ISOLA」の存在に気付く。凶暴で怨念に満ちた「ISOLA」とは一体何者なのか。

「イソラ」と言えば、怪談「雨月物語」の中のひとつ「吉備津の釜」に出てくる、恐ろしくも悲しいヒロイン「磯良」。この物語の「ISOLA」は雨月物語を読んだ千尋が知らず知らずのうちに生み出してしまった負の感情が人格となったものだと推論された。
当初はほとんど意識にのぼらずただ黒い怨念の塊として千尋の心に深く沈んでいたISOLAが次第に知性を持ち始め、千尋のカラダを自由に抜け出し千尋に害をなす者たちを抹殺していく。
暗い夜の中、憎悪を撒き散らしながら徘徊するISOLAを想像するとぞっとする恐怖を感じた。

そして由香里がそのエンバス能力で辿りついた驚愕の真実とは…。

物語が佳境に入り、何故「イソラ」が「磯良」でなく、「ISORA」でもなく「ISOLA」なのか、その答えを知ったときにあっと驚く展開がアナタを待っています。ふふふ、ビックリするよ(笑)。

最後まで飽きさせずにグイグイと読者を引っ張る展開は素晴らしい。
でも、ラストはちょっと期待ハズレ。
もう少し、あっとおどろくエンディングを見せてほしかったなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ^^

貴志さんはすごい作家さんですよね~。本書は未読なんですけどね(^^;)
貴志さんのは全部読みたいくらいなので本書もいずれ読むと思いますが、「イソラ」って「雨月物語」
の中のガジェットだったんですね!それに絡めた驚きも面白そうだなぁ~^^見つけたら買おっとw

今後とも遊びにこさせていただきたいので、リンクさせてくださいね~^^

Re: こんばんわ^^

いらっしゃいませ。
貴志祐介さんは私は他に「青の炎」しか読んだことないんですよ。
そのうちに是非、と思っているんですが、皆さんの感想読むと「怖い」ってのが多くて(笑)
ちょっと尻込みしてます。

リンクありがとうございます!
実はお願いしたかったのですが、小心者なので迷惑かもとなかなか言い出せず(汗)
なのでとても嬉しいお言葉です。
こちらからも是非リンクさせてください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

初コメントです。
この本やっぱり面白そうですね。
貴志祐介さんは「新世界より」を読みましたが、隣にあったこの本も気になってたのです。。
「新世界より」は、ジャンルはホラーでなくSFになるのかと思いますが、こちらも面白いですよ。

全然関係ないですが、プロフィール写真のネコちゃん可愛すぎです。
私も、同じ色のDS持ってます・・・。

わぁ

> ジャイさん
いらっしゃいませ♪
「新世界より」はとても興味があり、読みたい本の一冊です。
SFは大好きなので。うーんやっぱり読んでみよう。
ご紹介ありがとうございます。
プロフィール写真…猫も実はDSをやるんですよ(・_・)
ちなみに私のDSはLLです。
腕の筋力を鍛えるためで、老眼のためではないです、ええ決して(・_・)。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。