スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい校舎の時は止まる

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

雪が降りしきる校舎に閉じ込められた8人の生徒たち。
わずか数ヶ月前に学校で自殺した一人の生徒の名前が彼らにはどうしても思い出せない。
その生徒は8人の中の誰かなのだという。
白一色に染められた風景の中、時計は時を刻むことを止める。
果たして誰が彼らをそこに閉じ込めたのか。犯人の目的は何なのか。
止まった時計が再び動き出した時、何かが起こる。

全部で1000ページ超というとてつもない長さに、"冷たい"というタイトルとは裏腹な、作者の執念と熱を感じる作品。これがデビュー作とはすごい。

っていうか。

雪が降ってとっても冷たくなった校舎の中の時間だけが止まっちゃったよ

って、タイトルそのまんまやん!  

と、思わず突っ込んでしまうぐらいドストレートなタイトルにもオドロキ。
でもなんか、逆にそれがいいんですよね。あんまり捻ったタイトルじゃないほうがこういうストーリーには向いてる気がするし、その単純さと意味不明さが、こー、妙に興味をそそられるんだな。


上巻の初めから下巻の途中まではずっとホラーテイストです。
"名前を忘れられた"生徒が自殺した時間になると、8人のうちの誰かがいなくなってしまう。
その犯人の忍び寄り方がね、もうね、ホラー映画の王道の手法でね、とっても怖いんですよ。

来るよ…

来るよ…

ほら来た!ぎゃーす!

みたいな。

そんでもって生徒が消えた場所には、その人物そっくりのマネキンが転がってるとか。怖すぎます。
実は後半になるとホラーじゃないことがわかりますが、怖がりさんは夜には読まないほうがいいかも。


それはさておき、このお話、登場人物がみんなお勉強が出来る子たちなんですよ。
県下で一番の進学校が舞台だから当たり前っちゃ当たり前なんだけども。
だからなのか、なんか高校生にしては老成しているというか皆さん大人過ぎて、それぞれが抱えてる傷はその年代特有のものにも関わらず、対処法がとても冷静。
とりあえず、関西人の私としては、高校生の男の子の「…でしょ?」はちょっとキモ…げふんげふん。

それと、主人公的位置付けの「辻村深月」(本当は"辻"の字に点がいっこ多いけど変換で出てこない)がいちいちうざい。前半ではこれでもかというぐらいの「純真で何も悪いことをしていないのにいじめられる可哀想な人」アピール。作者と同じ名前(よく見ると辻の字がちょっと違うんだけどね)を付けた上でのこのキャラメイクはどうよ、とかなり呆れました。
実は後半になって「大人しいだけじゃなく純真でもない」というその裏の顔はちゃんと見せてくれるわけで、そこらへんはやっぱり辻村深月らしいなぁと思えるんだけど、でも結局はとってもとってもハタ迷惑な騒動を繰り返すっていうね…。
その周囲の巻き込み具合が、私は好きじゃないんだよなぁ。
堂々と「助けて」って言えばいいのに。言えないならそういうそぶりを一切見せんなよ!
ああ激しくウザイ。こういう女、大嫌い。

こんなに大々的に痛々しく、派手にみんなを巻き込まなきゃ前に進めないのかね。
バックブラストすごすぎるだろーよ。みんな黒焦げだよ。

多かれ少なかれ、人は誰でも、他人に対する後ろめたさとか罪悪感とか、色々抱えてるんじゃないかな。
でもそのツケは、やっぱり一人で払わなきゃならないんじゃないだろうかね。


というわけで、ストーリーと登場人物には色々と思うところもあったわけですが、こういった仕掛けというか、舞台装置自体は嫌いじゃないです。
元々SFだのファンタジーだのは大好物なので、「ドンと来い超常現象」です(古)。
フロイトでしたかね、「集合的無意識」とかありますよね。
根本的な部分でみんなの意識が繋がっているのなら、こういうことが起こっても、不思議だけど不思議じゃない。
大島弓子の「綿の国星」にもこういうお話があったなぁ。あっちは猫が引き起こしたわけなんだけど。

というわけで、つらつら語ってしまいましたが、結論。


最後まで読んでもどうにもこうにも腑に落ちない。

だって私、どんなに考えても、巻き込まれちゃった挙句、執拗に犯人から反省を促された他の生徒たちって


何を反省しなきゃならなかったのかさっぱりわからなかったし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。