スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時生

時生 (講談社文庫)時生 (講談社文庫)
(2005/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。

どう評価するか非常に難しい作品。

単純に読めば、息子がダメな父親を立派な人間に成長させるというタイムパラドックスもの。
そこだけ言えば、東野版”バック・トゥ・ザ・フューチャー”とも言える。
けれどこれはそれほどオメデタイ話ではない。
ダメな父親を立派な人間に変えた息子は、しかし永遠に救われない輪廻の狭間に落ちていくのだ。
生まれては不治の病にカラダを蝕まれ、やがて死ぬ。その繰り返し。

時生は、果たして幸せなのか。

彼は語る。

「明日だけが未来じゃないんだ。それは心の中にある。それさえあれば人は幸せになれる。」

そして彼の祖父母のエピソードで出てきた言葉。

「君が生き残ると思えば、今この瞬間でも僕は未来を感じることができるから。」


確かに彼は幸せなのだろう。長く生きるだけが良いわけでもない。
それはわかる。わかるけれども、それでも切ない。

父から息子への、最後で、そして全ての”始まり”の言葉が胸に迫った。
スポンサーサイト

テーマ 読書感想文
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。