スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
(2010/09/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る

抱腹絶倒!風呂浪漫。

勤務先の同僚に「ガラスの仮面」最新巻(・_・)と共に手渡されたコミック。

正直、表紙絵を見たときは
「うわー…なんじゃこりゃ。」
なイメージでした。
「これはダメかもしれない…。」
でもせっかく貸してくれたのだし…と思い直し、思い切って開いてみたらば。

これがもー面白いのなんの!!

最初から最後まで笑いっぱなしでした。

まず着眼点がいい!
考えてみたら、「大衆浴場」って日本が世界に誇れる文化のひとつなわけですよね。
で、むっかぁぁしのローマ帝国の人々も、今の日本人と変わらない位「お風呂」大好きだったわけで、そのローマ人が現代日本にタイムスリップ(風呂限定)して色々と技術を学ぶ(盗む?)っていうのは、理にかなっているというか、とてもよく出来たお話なわけですよ。
その発想は眼からウロコでした。

ローマ帝国万歳、ローマ帝国サイコーと思っている古代ローマ人のルシウスにとっては、"平たい顔族""(日本人/笑)から技術を盗むってのは、ある意味とっても屈辱的なことなんですが、実際"平たい顔族"の技術のほうが明らかに優れているのだからしょうがない。
かくしてルシウスは、風呂についての問題が起こるたびに現代日本にタイムスリップし、様々なヒントを得てそれを自国で生かして成功を収めてゆくのです(風呂限定)。ただし妻には恵まれなかったようですが(笑)。

それにしても、当然のごとくハダカがあふれ、ともすればとっても下品なお話に成り下がってしまうであろう"風呂"というテーマを、バカバカしくも熱烈に、でも決して品を損なうことなくここまで描き切る作者の力量というものも、また並ではないようです。
マンガ大賞2010、手塚治虫文化賞を受賞したというのも頷ける、老若男女だれにでもお勧めできる斬新なコミックです。
もうすぐ3巻目が発刊されるそうですが、果たしてルシウスの手がけるお風呂はどこまで進化するのか、いやそれよりそこまで風呂だけでネタがあるものなのか、興味津々。

あー、温泉入りたい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。