スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

なんだろう。

登場人物は、相変わらず小汚い四畳半に住む貧乏大学生だったり、ぼさぼさ頭で浴衣を着た仙人のようなオッサンだったり、と割とむさくるしい雰囲気が溢れているのに、何故かとっても皆、愛らしい。
そして物語のほうはぐだぐだゆるゆるしているくせに、なんともいえない妙な疾走感がある。
まさに、ノンストップロマンチックエンジン!

やーもう、ほんっと、森見サン好きだ。
こんなにも読み終わっちゃうのが残念だと思える本って、希少だと思うよ。
でもこれ、主人公の一人語りだったら、きっととても読むに耐えない妄想小説で終わってしまっていたと思う。
それが、主人公の視点と黒髪の乙女の視点で交互に書かれているだけで、こんなにもドキドキワクワクハラハラさせられる物語に変貌するとは!

そんでもって全編通して、表現がことごとくオモチロイ。
「何ゆえ不毛にご活躍?」とか、電車の中で読んでて思わず「ぷっ」と噴き出しそうになって慌てたことが何度あったか。そのたびキョドウフシンになった私。周囲はとてもキモチ悪かったことだろう。すまぬ。
あっそうか、森見ファンの方がよく使われる「オモチロイ」とか「なむなむ」ってなんの符丁だろうと思っていたのだけど、こういうことだったのね。納得納得。

それにしても、黒髪の乙女の可憐なことといったら!
いいなぁ「でっかい緋鯉のぬいぐるみを背負って歩く女の子」
めがねっ娘とか猫耳エプロンとか色々あるけど、「緋鯉っ子」もいいよ(ナニソレ)。
羽海野チカさんの「あとがきにかえて」の黒髪の乙女がまた、あまりに私のイメージとどんぴしゃでびっくり。
そういえば、私もうら若きオトメの頃、でかいシャチのぬいぐるみを背負って歩いたことがあるが、ちっともモテなかったな。(遠い目)
何故だ。20年ほど早すぎたのか?それともシャチか?シャチだったからなのか?(ちがうとおもう)

文体とかお話の展開とかは、非常にクセがあるので、やっぱり相当好みがはっきり分かれると思うけど、鮒寿司とかクサヤの干物的に、きっと慣れると虜になって抜け出せなくなるよ森見ワールド!
…いや私はどっちも食べたことないけどな!
でもまさかラストでこんなにもきゅんとさせられるとは予想もしてなかったよ。
そんでもって、ここまでご都合主義的展開で、腹が立たなかったお話も珍しい。
いろいろと突き抜けたところにいるよなぁ、森見サンは。

さて、次はどのお話を読もうかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森見登美彦 『夜は短し 歩けよ乙女』

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ^^

登美彦氏の作品中最も人気があるといっていいこの作品読まれたんですね^^さぞオモチロかったでしょう(笑)初読時の新鮮さは読み返しすぎてないですが(笑)、今でも再読につぐ再読してる作品です。ここから下鴨納涼古本市に毎年いくようになりました^^w随分前の感想なので、イマイチ何言ってるかわからないですがTBさせてください^^;

次読む登美彦氏の子供は、どれがいいだろ。。。今と以前とは随分作風が変わっていて、「昔のほうがよかった」という方が多いので、もしかしたら古い作品から読んだ方がいいのかも。でも僕は登美彦氏の作品は今のも昔のも愛してますが(笑)

こんばんは☆

つ・い・に
森見ワールドの真髄に!!

電車の中はマズいでしょう~。自分も知らずにソレやって悶絶しまくりました。今思うと苦く懐かしい思い出です。
おともだちパンチとか、電気ブランとか……この意味がわかったあなたはもう深みから抜け出せません!←なんのこっちゃ!!
自分も森見作品の中ではコレが一番好きですi-178 なむなむ!

No title

いいですよね~。この作品。
私も何回も読み返してはニヤニヤしてます。
主に通勤電車で読むので不振がられているかもしれません。
でも黒髪の乙女の一挙一動にもうニヤニヤが止まらないんですよね~。

次はデビュー作の『太陽の塔』辺りがいいんじゃないですかね?

ジュンパイロ。

私も大好きです。。
モリミーにはまったキッカケがこの本でした。
風邪薬ジュンパイロを飲んでみたくなりました。シロップみたいなもんでしょうか??
買ったのはハードカバーなんですが、文庫になったあとも立ち読みして、羽海野チカさんのイラストにうっとりしました。すれてないし、弱そうに見えて実は確固たる「自分」を持っている、可憐な乙女。私のイメージとも合いました。かわいかったです。。

No title

こんにちは~。
私もこの本から、モリミーにはまりましたっ!
他にもたくさんの爆笑本ありますから、
ごゆるりと堪能してください!!
私も、下鴨納涼古本市に行くようになりました~
楽しいですよ!!ぜひ覗いてみてください!

チルネコさんへ

うんうん、オモチロかったオモチロかった!
下鴨納涼古本市には私も是非行ってみたいです。
トラックバックありがとうございます。
私はチルネコさんによって森見教を布教されたようなもんですから(笑)。
次…実は「ペンギンハイウェイ」を買いました。
ちょっと読まねばならぬものが溜まってるので読むのは先になりそうですが
また読了したら感想書きますね。

惺さんへ

おおお真髄でしたか!
悶絶しますよねぇ(笑)。面白いしきゅんきゅんするし。
おともだちパンチも大好きです。早速オットに伝授(お見舞いしたともいう(・_・))しときました。
はい、もう抜け出せる気がしませんです。

gakerさんへ

ニヤニヤですよねーっニヤニヤへらへらうへうへ。
黒髪の乙女の可愛さは悶絶ものです。
主人公の外堀埋め作業もとても可愛かったんですが(笑)。
おお『太陽の塔』!
何故か本屋さんで見つからないんですよね。
ううむ。密林に頼るか…。

ジャイさんへ

そういえば、ジャイさんも森見さんお好きなんでしたよね。
羽海野チカさんのイラストは萌えますよね!
ちと樋口先輩がオトコマエ過ぎる気はしますが(笑)。
ジュンパイロ、あまーいシロップ味の水あめみたいなもんかなぁ。
昔、ルルの風邪シロップが大好きだったんで、とってもそそられます。

るるる☆さんへ

おーっるるる☆さんも森見ファンだったとは!
お仲間さんがとっても多くてびっくりです。
チルネコさんへのレスにも書きましたが、下鴨納涼古本市とっても興味があります。
機会があれば是非行ってみたいです。

私も好き~♡

私も森見くんめっちゃ好きです。

特に「夜は短し歩けよ乙女」は森見ワールド全開ですね☆
gakerさまおすすめの「太陽の塔」も良かったです☆☆
森見くんデビュー作からこんな調子だったのね、とオモチロイやら呆れるやらです。

読書系女子さんへ

森見さんいいですよねーっ!
ほんと大好きです。
おお、やはり「太陽の塔」おススメですか。
では次はそれを読もうかな。
そうそう、今「ペンギンハイウェイ」読んでます。
これもまたとってもオモチロイです。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。