スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズム

リズム (角川文庫)リズム (角川文庫)
(2009/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る

するすると読みやすく、私ほどの遅読人間でも行きと帰りの電車で読み終えてしまった。
でもそこはしっかり森絵都。やわらかであたたかい風が心の中を吹き抜けるようなお話でした。
うん。森絵都は、やっぱり大人向けなお話より、こういうヤングアダルト系のものを書かせたほうがうまいよね。

人にはそれぞれ個性があって、それぞれに固有のリズムがある。
主人公のさゆきのように、脇道にそれまくりで道草ばっかり食っていて、なかなか前に進めないタイプもいれば、さゆきのおねーちゃんのように、目標に向かって一直線!な人間もいる。
どっちがいいとか悪いとかってことではなく、それぞれがみんな自分らしく自分のリズムを刻んで歩いている。

さゆきが、変化してゆく周囲についてゆけず、周りに引きずられそうになったとき、大好きな従兄弟の真ちゃんが教えてくれた言葉。

「まわりのことが気になって自分がめちゃくちゃになりそうな時、心の中でリズムをとるんだ。まわりの音なんて関係ない。自分だけのリズムを。」

それはとっても素敵な魔法の言葉で、もちろん落ち込んでいたさゆきの心にすっと沁みこむ。

でもね、結構トシくっちゃった私はおもうんだ。

周囲に引きずられて辛い思いをしたり、泣いたり笑ったりして時には滅茶苦茶なリズムを刻むときもあったっていいんじゃないかって。
そして自分だけのリズムを刻むには、メトロノームが必要だったりもする。
さゆきにとっては、今は真ちゃんだけが自分にとってのメトロノームだけれど、この先いろんな人に出会って、いつかとてもとても大切なメトロノームとなるほかの誰かに出会うかもしれない。
時には自分自身が別のだれかのメトロノームになることもあるかもしれない。
そうやって、いろんな人たちのリズムが合わさって、新しい何かもきっと生まれることだろう。

自分を見失いそうになったときに、私も真ちゃんの魔法の言葉を心の中で繰り返そうとおもう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~♪

森絵都サンいいですよね~☆
フィールドはYA系だけど、オトナが読んでも充分面白いところがものすごい魅力だと思います!
道楽猫サンのレビューも、いつもながらお上手!!
カンドーしますi-178

Re: こんばんは~♪

コメントありがとうございます!
最近ちょっとホラーな本の読みすぎだったので、
ちょっと心の洗濯を(笑)。
ほんとに森絵都さんは、安心して読めますね。
そしてどれも面白いところがすごいです。
ところで私は何故か「DIVE!」が未読なのですよ。
近いうちに読みたいなぁと思ってます。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。