スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い家

黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る

他の人から「ものすごく怖い」とさんざん脅されていたので、かなりビビりながら手に取ったのですが、別に怖くはなかったです。
怖いというよりはキモチワルイ。もっとオカルトなお話かと思ってたのでちょっと肩透かし。
もちろんいちばん怖いのは生身の人間だってことは承知の上で、もちっとぞくぞくするものがほしかったな。
私は、サイコパスとかいう、そもそも"普通とは言えない人たち"が何か猟奇的なことをやるのは別にオドロキもないし、それが実生活で関わりがあるなら別だけど、あくまでお話の上でのことなら怖くない。
本当に怖いのは、一見ふつうに暮らしていて、性格も穏やかで、という人が、何かをきっかけにして壊れていくのだけど、それがなかなか表面に表れない、とかいう設定のほうじゃないのかな。
肝心な「黒い家」もあんまり存在が生かされていない気がするし、そもそも犯人がだれだか私は最初からわかっちゃったのが痛かったな。ひねりがなさすぎるんだもの。
あと、周りの人たちが実にカンタンに殺されていくのにも関わらず、作者にとって死ぬと都合の悪い人たちは決して死なないってとこがあまりにご都合主義で萎える。その殺され方にもちっとばかりムリがあり過ぎると思うしなぁ。ムリヤリ猟奇にもっていっているみたいな。
それと、色々語りすぎで鬱陶しい。言いたいことはわかるんだけど、言葉にし過ぎでくどい。このお話だったら狂言回し的存在は必要なかったし逆効果だったのでは。

うーん。
総括すると、なんだかいろいろわかり易すぎて、ちょっとグロい火サスを見ているような気分でした。
なんでだろうなぁ。人物描写に深みがなかったのが原因かなぁ。だれ一人として感情移入できる人がいなかったのが致命的かもしれない。
もっと驚かせてほしかったです。「日本ホラー大賞」受賞作品とはとても思えず、色んな意味で非常に残念。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ^^

おっと、これダメでしたか^^;僕の周りでは傑作という方も多く、僕も傑作だと思いましたが(笑)ホラー大賞のなかでも『夜市』か『黒い家』が飛びぬけてると思ってます^^
これはオカルトじゃないからこそ凄いんですよ^^。またサイコパスも生まれながらにしてサイコパスであったのではないんですよね。最初は普通だったハズなんです絶対。その変化が作品には描写されてないけど、何かのきっかけでジワジワと心が侵食されていったのです。その同じ人間が猟奇的狂気的行動に走るとこが恐ろしく信じられないですし、描写も上手いです。道楽猫さんは「あくまでお話の上でのことなら怖くない」や「感情移入できる人がいなかった」とおっしゃってるので、そもそも本書に入り込めなかったのかも知れませんね。でも初めて聞く意見がいっぱいあって為になりました^^

Re: こんばんわ^^

うーん、ごめんなさいです。
チルネコさんのおっしゃる、当に「サイコパスになるに至る」経緯が全くなかったことも底が浅く感じた一因かなぁ。
だって、あの犯人については、全くと言っていいほど内面が描かれていなかったですもん。最初から普通の人にはとても見えなかったですしね。
なので、それならオカルトのほうがまだ良かったと私は感じたのです。
というか、あまりにも登場人物たちが滔々と自説を述べるので、興醒めだったのですよ。
語りすぎるお話は美しくなくて好きではないです。
人間の心の深遠に潜む狂気なら、「殺戮にいたる病」のほうが私にとっては衝撃だったしずっと怖かったです。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。