スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑わない数学者

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)
(1999/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る


この作品を評価しない人は多いと聞く。

それはトリックの単純さに引っかかってその奥に潜むもっと大きなトリックに最後まで気付かなかったからであろう。著者いわく、

「トリックはあえて簡単にしました。トリックに気がついた人が一番だまされた人だという逆トリックなのです。」

そう、この作品の一番のトリックは、たいていの読者がすぐにわかってしまうような簡単なトリックが、天才である犀川や萌絵に「何故解けないのか?」という点なのである。
かなりの人に駄作、失敗作という烙印を捺されるという危険をモノともせず、果敢に読者に挑戦した森博嗣の、これは実は相当計算された実験小説なのだ。「笑わない数学者」というタイトルにも大きなヒントが隠されているあたり、さすがだなぁ。
そこに気がつくとこの作品は俄然面白くなってくる。

そして最終章の新たな謎。

あれは一体だれだったのか。浅はかにも作者の術中にハマって、トリックにばかり気を取られていた私は肝心な部分を読み飛ばしてしまっていたようだ。おかげでもう一度最初から読むハメに陥ってしまった。作者の意図を見破った者のみが真実の解に到達することが出来るように仕組まれている。作中では「神」ではない犀川には最後まで不定だった解を。
ただまぁ、最後の謎をどう解釈するかもその人次第なのだろう。

「定義するものが存在するものだ」(by 天王寺博士)

●犀川先生語録
「負け方がわからなかったんだよ、君は」「勝つことばかり考えていた。どうやって負けたら良いのかも、考えなくちゃ。それが名人というものさ」

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。