スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんば憑き

ばんば憑きばんば憑き
(2011/03/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

角川書店の「無料読者モニター」に当選して、発売前に一足早く読ませていただきました。
(完成前の白い本って初めてでビックリしました^^;)
もう既に書店に並んでいるし、角川書店のサイト上にも感想が掲載されたようなので、こちらに書いても差し支えはないかな。


本当に怖いのは、物の怪の類などではなく人の煩悩の方だ、とは巷間よく言われることである。
私も常々そう思っているし、「ばんば憑き」を読んでその想いをいっそう強くした。

妖怪話など、本来"あるはずのないもの"なのだから、下手な描き方をすれば、それこそ嘘くさく、単純に「ああ面白いお話だった」で終わってしまう。実際世の中にはそういう怪異譚が数多く存在する。
それがいったん宮部みゆきさんの手にかかれば、こんなにもリアリティをもってしまうのだからその筆力には驚く他ない。
「坊主の壷」の、"ある者"にしか見えない坊主の姿に、また、人知れず行われる「ばんば憑き」の儀式に、私は底冷えのする恐怖を感じた。
頭の中で想像するしかない「江戸怪奇譚」が、本当に目の前で展開されているようなおどろおどろしさがあるのだ。しばらくトラウマになりそうなほどだ。

しかしこの物語たちは、単に怖いだけでは終わらない。どの話も、非常に物悲しく奥深いのだ。
今の世の中よりも、人の命が相当に軽い時代。病に罹ったり人の手にかかったりで簡単に人は死ぬ。
子どもの死もまた多い。
けれど、その死を悼む気持ちはいつの世も同じ重みを持っている。
それは此の岸も彼の岸も同じ。
それだからこそ、想いは残り続ける。

私自身は、ふつうの妖怪話とは少し趣が異なるが、「討債鬼」が一番心に残った。
我が子を差し出してでも、自分の心の負債を祓おうという浅ましい心根の持ち主に対峙する主人公とその周囲の人物像がとても素晴らしく、心塞がれる物語であるにも関わらず、ある種の清々しさが残る。
真っ当な人間がやっぱり私は好きなのだ。
「野槌の墓」もまた、哀しい物語であるにも関わらず読後感が良かった。
猫又の粋なはからいに思わず落涙。
いかに「怪奇譚」と言えども、あまりに後味が悪いのはやるせない。
そういう意味でも、物語の締めくくりにこのお話を持ってきたのはとても良かったと思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ばんば憑き」宮部みゆき

江戸で小間物商を営む佐一郎・お志津の若夫婦は、箱根湯治の帰途、雨のために戸塚宿で足止めになった。そして、やはり足止めの老女との相部屋を引き受ける。不機嫌なお志津をよそに...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。