スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し変わった子あります

少し変わった子あります (文春文庫)少し変わった子あります (文春文庫)
(2009/06/10)
森 博嗣

商品詳細を見る

このところまた、私の中では「森博嗣」ブームが訪れております。
これは、シリーズ作品ではないのですが、森ファンならやっぱり色々と想像をめぐらせてしまう出来になっています。

びっくりするぐらい美しい「文学作品」でした。
それはそれはもう、極上のお料理を上品な器で味わったよう。
で、文学作品でありながら、どこかしらミステリアスで、そこはかとなくホラーテイストも加味されている。

毎回場所が変わる、名前のない料理屋。美しく整っていながら何故か印象に残らない容貌の女将。
客はただ一人。そして、毎回異なった女性が一人、食事のお伴をするという趣向。
行方不明になった同僚から、かつて紹介されていたその店をなんとなく訪ねてみた主人公の大学教官は、その不可思議な空間に、初めはとまどい、訝る。
食事のお伴をする女性もまた素性を明かさない。"その類"の店のように酔っ払いの愚痴を聞いてくれるわけでもない。特になんの特典もない。ただ、何故か皆、所作が非常に洗練されていて美しい。
「こんな趣向になんの意味があるのだろう。」
しかし、"ほんの少し物足りない"その余韻に何故かまた足を向ける気になり、2度3度と回を重ねることとなってゆく。

"一期一会"という言葉を突き詰めたようなシチュエーション。
膨大な時空の中で、今在る不思議。ここで出会う奇跡。
そして、そうでありながらも、詰まるところ自分は一人であり、最も愛しているのは孤独なのだと気付く。
厭世観とはまた違う。
見ず知らずの女性と相対して食事をしつつ、そんなふうに主人公は実に様々なことに思索をめぐらせる。
食事で支払う金額以上の何かを、彼はきっと得たのだと思う。
そして、同時に、日常という次元に於いて「何ものか」を失った。


私は人と差し向かいで食事をするのは苦手だ。
相手に見られている、というのは、相手を意識しているようでいて、結局は自分を顧みていることに繋がるからだ。
ゆるゆるの躾で育った私は食事のマナーもあんまりちゃんと知らないし、相手がきちんとしていればいるほど、いろんな意味で自己嫌悪のカタマリに陥ってしまうのだ。
この主人公が女性で、相手の、"所作の美しい人"が男性だったら、こういう店は成り立たない気がするなぁ。
この大学教官みたいに色んな思索に耽る余裕もなく、食べた気もせず落ち着かないだけだろう。
美しいけれど、やっぱりこれは男性視点の作品だな。

ただ、私も、所作の美しい人を眺めるのは好きだ。
小学生の頃だったと思うが、風邪かなんかで訪れた病院の看護師さんの手つきが、非常に洗練されていて美しかったことを思い出す。
脱脂綿の入った容器のふたを取る。
注射器にクスリをセットする。
それらのすべての動作が実にムダがなく流れるようで綺麗で、思わず見惚れてしまったのだ。
なんにしろ、美しいというのは心地よいことなのだな。

ラスト近く、なんだか違和感を覚えてきたな、と思ったら
やっぱりな展開。
ここで一気に背筋が寒くなった。

まったく違うお話ではあるけれど、解説者と同じく、私も
「注文の多い料理店」
を思い出してしまった。

余談であるが、「四季」シリーズを読んでいると、ちと色んな妄想が展開しそう。
女将の正体って…とか。
もちろん森先生は、そんなことどこにも書いていないし、ただのファン的迷走に過ぎないのだけど。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~!
私が初めて読んだ森作品が「スカイクロラ」で、
その次がこの「少し変わった子あります」でした。
次々と現れる個性的な女性たちが楽しくて・・面白くて・・
森さんにドはまりしたきっかけの一冊です(^^;

私も森博嗣ブームから抜けられません・・どうしましょ~~
今「有限と微小のパン」を読んでいて、次は
四季シリーズを再読してみようと思ってます。

るるる☆さんへ

初めて読んだのが「スカイクロラ」とは濃いですね(笑)
あのシリーズは森先生の本質に最も近いらしいですよ。
そして私も大好きなシリーズです。
「少し変わった…」は摩訶不思議な物語でしたね。
やっぱり森博嗣、タダもんじゃねぇ!って思いました。
そうそう、実は私Vシリーズは主人公の紅子さんが苦手で
あんまり読んでないんですよね。
今なら読める気がするのでちゃんと読もうと決意しました!

No title

これ、面白いですよね。
ストーリーだけ見れば、料亭で知らない女の子と会話しながらご飯を食べるというだけなのに。自分もブログでレビューを書こうか迷ったんですが、頭の中でいろいろ膨らみすぎて、まとまらず(自分があほだからという説も)。会話の中にちりばめられている人生の格言のようなものも好きでした。だからこそ、この小説はホラーなのか、純文学なのか、位置付けが難しい小説だと感じました。
なるほど、「四季」シリーズを読むと、何か感じるものがあるようですね。野暮ですが女将は一体何者なんだろうと気になっていたので…

ジャイさんへ

ジャイさんも読まれましたか!
そそ、私もレビュー難しいなぁと思いました。
森博嗣さんの小説には「目からウロコ」な名言がたくさんありますよね。
なんか考え方が斬新というか、なるほどーと思うことが多いです。
S&M⇒V⇒G⇒四季⇒百年密室シリーズ
の順で読むのが良いそうですよ。
私は途中をかなりすっ飛ばしてるなぁ^^;;
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。