スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICO-霧の城-

ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
(2010/11/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ゲームのノベライズ本です。
元々こういったノベライズものが好きではなかったのと、いくつかレビューを読んでいて評価がイマイチだったので躊躇していたのですが、いつのまにかムスメが買ってきていたので読ませてもらいました。

なるほどゲームだなぁ。
というのが当初の感想。
最初に手に入れるのが「木の棒」だったり、色々な仕掛けを解いていったりといった趣向がそれを窺わせます。

でもなんだろう。
やっぱり宮部さんはすごい方なんですよね。普通にファンタジー小説としてもきちんと面白い作品に仕上がっているんですよ。
そして相変わらず少年を描くのがうまい。
主人公のイコも、友達のトトも非常にいきいきとしているので、容易に物語に入り込め、大いに感情移入して、ドキドキしたりハラハラしたり、憤ったり悲しんだり、その世界観を存分に楽しむことができました。

これは宮部さんが考え付いたことではなく元々の設定なのかもしれませんが、霧の城やニエのしきたりを産み出した根源について言及する部分など、人の浅ましさ、哀しさを、冗長になることなく的確に語るあたり、これはやはり作者の力量がモノを言った部分だと思います。
一応、善と悪的な前提でお話は進みますが、それだけで終わらないのが宮部さんですよね。

ゲームのストーリーを、ただだらだらと文字にして綴っているだけの本って結構ありますが(そしてだからこそ私はノベライズって意味を見い出せず好きではないのですが)、これは宮部さんの挑戦本だなぁと読み終えてつくづく思いました。
大のゲーム好きでもある宮部さんが、目の前に広がるゲームの世界をいかに文字で表現できるか。
中でも、あの「霧の城」を描き切ることができるか。
その意味に於いては、大成功したのではないかなと思います。
ただ、私が、「それはないだろう」と思ったのは、ヨルダのその後。
あそこは、やっぱり「現実」を突きつけてほしかったなぁ。
そういう意味での甘さは、私はあまり好みません。

総括すると、私は楽しかったですが、ゲームを知らない人や、ファンタジー好きな人には、割とあっさりした結末がほんの少し物足らないかもしれません。
そして逆に、「ICO」というゲームを好きな人には、納得できない小説かもしれません。
そういう意味で、他人に紹介するのは、ちょっと躊躇してしまいます。

そうだな、YA本として他人に安心して勧められるのは、どちらかと言うと「ブレイブ・ストーリー」のほうかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

ゲームのノベライズ作品とはいえ、宮部女史が手掛けているのでそれなりに読めるとは思うのだけど…どうも食指が動かないなあ。
「ブレイブ~」もよろしいですが、自分的には「ドリームバスター」が好み。やはり少年描写が巧すぎ!!
……にしても、いつもながら道楽猫サンのレビューも巧すぎ!!

Re: こんばんは!

そうなんですよね。
私も娘が買ってこなければきっと読まなかったでしょう^^;
「ドリームバスター」面白かったですか!
私は未読なので、そのうち読みたいなと思ってます。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。