スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物図鑑

植物図鑑植物図鑑
(2009/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る

ムスメが高校で図書委員になったらしいので、早速気になっていた本を借りてきてもらった。
実は私は何故か図書館がニガテでして。
あの独特な雰囲気がどうにもなじめないのと、読書に期限を切られるというのがイヤなのだ。
でも図書館の本そのものがイヤなわけではないので、ムスメが借りてきてくれるというのならば喜んで頼む。
特にハードカバーなんて高くてそうそう手が出ないものね。有り難や。

というわけで「植物図鑑」。

まずは、
きちんと生活しなきゃなぁ、と反省した。

あちこちで「激甘」と評されるこの本を読んで最初の感想がそれってどうよ
って感じなのだが、それぐらい今の我が家の食生活は乱れておるのだ。
旬のものを自分たちで調達し、手をかけて下処理をしてきちんと最後まで食べる。
ま、"自分で調達"は、都会に住んでいてフルタイムで働いている私には少し難しいけれども、"食に手をかける"ことを疎かにし過ぎていたなぁ、と。
これからはもう少し、食べることを大切にしようそうしよう、うん。

お話自体は、皆さん口を揃えておっしゃるように「あんまぁぁぁい」。
とろけるように甘い。
まるで少女漫画の如きご都合主義にあふれている。
ふつー道端にあんな"躾のできた良い男"は落ちてません。
拾ってくれなんて言いません。
けれど、このお話が好きか嫌いかと問われれば、

好き。

ゼヒとも羽海野チカさんに漫画にしていただきたい(熱望)。
さすが女性の作者さんだーと思うぐらい、女子のツボをがっちりおさえている。
というか私のツボを知っているのかこの人は。
というぐらい好きだこーゆー話。
私はきちんとした男(イケメン限定)に弱いのだ。

というわけで、途中までは夢中で読んだ。久々にわくわくした時間を過ごせた。
でもあのラストはいけない。
私としては、あれはハッピーエンドにしてはいけない話だと思うのだ。
ハッピーエンドにしてしまうから、甘いだけの妄想小説に堕してしまうのだ。
最後まで、女子的願望にまみれた少女漫画であれば、小説である必要がない。
(だから羽海野チカさんに…以下略)
特に最後の一章は蛇足だ。と私は激しく思うのだが、違うかな。あれは絶対に必要なのだという納得できる理由をだれか教えてくだされ。
まぁ、元々ケータイ小説らしいから、それでいいのだと言われればそーゆーもんですかと引き下がるしかないのだけれど。
実に惜しい、と私は思ってしまうのだ。

それと。
「阪急電車」を読んだ時にも感じたことなのだが、この人の書くものって、ニオイがしないんだなぁ。
あまり情景が浮かばない。
言葉で色々と説明を尽くしているにも関わらず、である。
そういうところも、とても残念。
なんでだろうな。
「料る」なんて、あんまり普通じゃない言葉に凝るより、もう少し巧みな表現を使えるようになれば、もっといいと思うんだなぁ。私は。

…以上、かなり上から目線ですみませぬ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

植物図鑑

 有川浩による、ちょっと変わっているがピュアな恋愛物語「植物図鑑」(角川書店)。  主人公であるOLのさやかは、飲み会帰りに、行き倒れているイツキという名のイケメ ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

>きちんと生活しなきゃなぁ、と反省した。
やっぱ、ソコですね。
野菜を摂取しなきゃならんなッて、何故か無性に思ってしまった影響されやすい自分。

ハッピーエンドでもアンハッピーエンド(バッドエンド?)でも、どちらでもアリな作品だと思う~。
どっちに転んでも、自分を含め世の女子たちは喜びそう☆

Re: こんばんは☆

野菜、ほんと摂れてないなぁと反省してます。
実は私、「あすけん」というレコーディングダイエットのサイトに登録してるんだけど
そこでいつも「野菜が足りない」と怒られてます^^;

たぶんもっと若い頃は、というかもっと登場人物に入り込めたら
きっとハッピーエンドを望んでいたと思うんだけど
如何せんおばはんになったらどうにも穿ったものの見方をしてしまいます(笑)。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。