スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子のハンマー

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
(2007/10)
貴志 祐介

商品詳細を見る

貴志祐介初の本格ミステリーなんだそうな。

探偵役の、自称「防犯コンサルタント」榎本(本業は泥棒?)と、女性弁護士の青砥コンビが、不可能犯罪の謎に挑む。

巧妙に張られた様々な伏線が読む者の目をくらませる。
なるほど前半は本格の名にふさわしい面白さ。これでもかと次々に捻り出す推理を、
「おおっこれぞ真相か」
と膝を打ちかけたところで、探偵自ら打ち消してゆく。前半はその繰り返し。
後に残るのは、いよいよ鉄壁に見える密室の謎。
二転三転四転五転…の推理の後に、果たしてどんな結末が待っているのか。

…とわくわくしかけたところで、一転して物語は倒叙形式へと変貌する。
つまり、犯人の手記のような形をとった解答編へと突入するわけだ。
ここからは、ミステリーではなく「サスペンス」。
さながら同じ作者の「青の炎」を思わせる展開となってゆく。

これは…
評価がはっきりと分かれるだろう。
"本格"を目指すのであれば、倒叙の後半は、イマイチなじまない。
個人的には、前半の流れで最後まで突っ走ってほしかったとは思う。
けれど、そうするとやはり動機の点で厳しかったのだろうな。
うーん、でも、いくら考えても、「何も殺すこたぁなかろうに」と思ってしまうのだな、私は。
その意味で、「青の炎」ほどには感情移入ができなかった。
犯人に同情はしたけれども。

結局、完全犯罪なんてムリなんだよ、と作者は言いたいのか。
それとも殺人は何があってもダメなんだってことが言いたかったのか。
いやいやむしろ、防犯意識をしっかりもちましょうってことが主題?(それは違う)

いずれにしろ、「黒い家」の時も感じたことだけれど、貴志祐介はちょっと登場人物に語らせすぎるきらいがあるよなぁ。
私はあまりそういうストレートな"語り"は好まない。なんだか美しくないのだ。
物語、なんだから、ストーリーで語ってくれ。

総括すると、
これは決して「本格ミステリー」…ではない気がするなぁ私は。
面白くなかったわけでもないのだけど。
別にこれをシリーズ化してほしいとかは思わなかったし、やや小粒。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。