スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるぐる猿と歌う鳥

ぐるぐる猿と歌う鳥 (講談社ノベルス)ぐるぐる猿と歌う鳥 (講談社ノベルス)
(2010/05/07)
加納 朋子

商品詳細を見る

相変わらず爽やかで優しくて、でも内容はしっかりずっしり重くて、最後まで安心して読める、とても加納作品らしいお話。
後味が良いのはやっぱりいいですね。

登場人物はほとんどが子どもで、皆それぞれに何かを抱えています。
大人の思惑やらどうしようもない波に翻弄されつつ、それでも元気に明るく生きている。

子どもは、本来、社会の中ではとても立場が弱い。
どんなに泣こうが喚こうが、ダメだと言われれば諦めなければならないし、理不尽な仕打ちにも耐えねばならない。
いいとか悪いとかではなく、子どもというのは、そもそもがそういう存在なのです。
もちろん、子どもは社会の宝です。だけど、吹けば飛ぶほど軽いものでもある。
で、私は、ある意味でそうあるべきだと思っています。
現代日本のような"お子様"至上主義は、社会としては歪んでいるのではないかと。
別に大人にならなくても何でも手に入り、大人のような責任を負わなくてもいいとなれば、みんな子どもがいいに決まっています。
そんな大人になりたがらない子どもが溢れている社会というのは、果たして健全と言えるのか…。
大人と子どもの世界は本来明確に分かれているべきもので、そうだからこそ、子どもは力をためて羽ばたこうとするのです。身勝手な大人を蹴散らすため、自らも早く大人になりたいと熱望するのです。

この物語には、そういう前向きな力を持っている子どもたちがたくさん出てきます。
大人たちに振り回されつつも、自分たちだけのとてもとても大切で重い秘密を共有している。
パックのような子の存在は、有り得ないことのように思えるけれども、形こそ違え、実際たくさんあるのではないかと思います。ちょっと「誰も知らない」という映画を彷彿とさせられました。
でも、やっぱり、これは大人目線のお話でもあるなぁ、とは思ったかな。
最後の「猿から鳥へ」の手紙は、あまり子ども目線とは言えなかったもの。

それはさておき。

加納作品らしく、作中には色んな小さな謎がたくさん出てきます。
それらを主人公たちと一緒に考えるのも楽しみのひとつ。
序盤から提示されている最も大きな謎については、もちろん最後に種明かしがあるわけですが、この物語では、敢えて私はその謎を解こうとせず、作者の術中に自ら飛び込みました。作者の語る言葉に身をゆだね、その優しさにどっぷりと浸かりたかったのです。謎を暴いてやろうと構えるのは、加納作品に限っては、とても無粋なことだと私は思います。

それと、全編通じて「~っちゃ」「~けぇ」っていう方言がとてもいい味を出してます。
東京から来た主人公が「ちゃちゃちゃちゃうるせー」とか言うのもとってもおかしい。
標準語だと、この物語、ここまで輝かない気がします。

お終いまで読んで、

「ああ、やっぱり加納さん大好きだ」

と叫んでしまった私なのでした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。