スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すベてがFになる

すベてがFになる (講談社文庫)すベてがFになる (講談社文庫)
(1998/12/11)
森 博嗣

商品詳細を見る

「どこにいるのかは問題ではありません。会いたいか、会いたくないか、それが距離を決めるのよ」 真賀田四季

ミステリーといえば、大衆文学。
そして、森博嗣といえば「理系ミステリー」とよく言われる。
けれど、私はこの人の書くものをそんな風に捉えたことはない。そんな枠では到底納まりきらない。
ミステリーとしてのクオリティの高さと十分なエンターティメント性を保ちつつも、その紡がれる言葉の数々には、最早純文学の香りすら漂っているのだ。

「天才だ。まさに、天才」

犀川先生は真賀田四季をそう評するのだが、私からすれば森博嗣こそがその名にふさわしい。

実は私はその昔、汎用コンピュータのプログラマーを2年、SEを5年ほどやっていた。
なので、冒頭の真賀田四季と萌絵の会話
「私だけが、7なのよ・・・。それに、BとDもそうね」
で、すぐに「F」の意味はピンときた。まぁ、だからと言ってそれが傷になるわけもなく、何がどう「Fになる」のかは全くわからなかったわけなのだが。
そういう個人的なこともあって、細かいことを言えば、トリックの部分では、疑問に感じる部分がないでもない。
ファイルの上書きの件だとか、たとえソフトが完璧でも、ハード面でそう何年もトラブルを起こさずOSを動かせるものだろうか、とか。
けれど、そういった疑問など全く問題にならないほど、奇想天外なトリックに酔わされる。
密室にはプラスもマイナスも存在しないはず、という常識を覆す驚愕のトリック。
そう、森博嗣は常に我々に「常識とは」を突きつける。
そして、思い込みを覆されるたびになんだかひとつ賢くなった気がするのだ。
それは錯覚だよ…という突っ込みがあちこちから聞こえる。うん錯覚。でも"思考"においては確実に成長することが出来ていると思うのだ。

ところで、天才とは一体どういう人のことを言うのだろう。
萌絵は、その驚異的な計算速度から、一見天才であるかのように思えるが、決して天才とは言えない。
彼女は様々な可能性を計算して積み上げて推理するタイプ。なので自ずと限界がある。
ところが、四季博士や最川先生は思考の跳躍が出来る。所謂「1を聞いて10を知る」タイプ。
なんだか真賀田四季博士ぐらいになれば、その脳の構造は高次元に至るんじゃないかとさえ思える。
複数の人格を備えているというあたりも、そこらへんが原因だろうか。
単一の人格では決して納まりきらないのだろう。
犀川先生もまた、多重人格者である自分を意識しているが、彼の場合、四季のそれとはどうも意味合いが違っているような気がする。犀川先生の場合は、自分を守る鎧としての人格であり、別人格に固有の名前はないのだが、四季博士の場合はそうではない。

そして、その超絶天才の言う

"生きていること自体がエラーで、死んでいることが正常な状態"

という考え方に沿えば、様々な「?」もぼんやりとながら理解することが出来る。
理解は出来ても決して賛同は出来ないわけなのだが。

うーん、色々語りたいのだが、そうするとどうしてもネタバレになってしまいそうで悩ましい。
それにしても、S&Mシリーズは、登場人物たちのなんと魅力的なことか。
目からウロコなお言葉で、私の常識をさらりと覆してくれる犀川先生や、これもまた、世の常識が通じない世界に住んでいるぶっとんだお嬢様の萌絵、「F」では男のようにしか見えないけれどそのうち意外な素顔の覗ける国枝桃子などなど、どの人物も本当に味わい深く面白い。
そして、初読時にはどうしてもなじめず好きになれなかった真賀田四季博士までもが、何度も読むうちに本当に愛おしくなってくるのだから不思議だ。

"7は孤独な数字。私だけが7"

真賀田四季の、本当の孤独の意味を理解できる人間は、この世に存在するのだろうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします

うちのささやかなブログにご訪問いただきありがとうございます。
(読書と無関係でスミマセン!)
「すべてがFになる」は、前から気になっていたのですが
人気らしくなかなか図書館に戻ってきません。
こんな感じのお話なんですね。
ますます読んでみたくなりました。

Re: おじゃまします

おお!ようこそいらっしゃいませ♪
「尾瀬」という響きに惹かれ、こっそりブログにお邪魔してしまいました。
素晴らしい写真の数々をしっかり堪能させていただいたにも関わらず小心者のためコメントできずすみませんでした。
次こそ勇気を出して初めてのおつかい…もといコメントをさせていただきますね。

実は今、私の中で、「一人森博嗣フェア」を絶賛実施中(・_・)でして。
シリーズを最初から読みなおそう月間なのです。
S&Mシリーズは森博嗣の中でも読みやすい部類なので、機会があれば是非!

こんばんは!

いよいよご登場ですね!!
この作品、自分には完璧すぎました。もともと理数系のアタマが無いので、ひたすら感心するばかり。
デビュー作だということに、さらに驚愕!!

>犀川先生は真賀田四季をそう評するのだが、私からすれば森博嗣こそがその名にふさわしい。
自分もそう思います。
こういう作品書きながら、「トーマの~」も書いてしまうという引き出しの多さに尊敬です。

Re: こんばんは!

森博嗣はほんとに天才だと思います。
引き出しも多いけど、その発想、どこから湧いてくるのだ?
って感じです。ものの見かたが普通とは違うんだと思ってます。
S&Mシリーズは他も全部面白いので、是非読んでみてください。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。