スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る
魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/03/12)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る
魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/30)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る

いつのまにかすっかりオタクと化していた我がムスメ。
けいおんだのみなみけだの色々買っておるようですが、「まどマギ」もしっかり揃えておりました。
ツイッターで「キュゥべえ」なるもののコスプレを見て、ムスメに「これ何かわかる?」と聞いたら、あっさり「これに出てくるよ」と手渡されたのがこの本なのでした。

アニメのコミカライズってことで、巷の話によればアニメを先に観たほうが吉らしい。
でもまぁいいや。

魔法少女って言葉には、昔から何故かとってもそそられる私。
幼少の頃、猛烈に憧れた「魔法使いサリー」から始まって(ああトシがバレ…orz)「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」「ミンキーモモ」、そしてマイナーだけど「魔女はホットなお年頃」。
記憶にあるこれらは、みんな最初から魔法使いかもしくは序盤で何らかの方法で魔法の力を手にする。

だけど、「まどマギ」では、主人公のまどかがいつまで経っても魔法少女にならない。
そこが新鮮。
(ネタバレになるので深くはいえませんが、別の意味ではすでに魔法少女でもあったりするけど)
そして、まどかが魔法少女になった暁には、だれも真似できないほどのとてつもない力を発揮するであろうと、魔法少女勧誘業者(?)の「キュゥべえ」に太鼓判を押されている。
「魔法少女」になると、魔力を得ると同時に、大変なキケンにも身を晒すこととなる。
ただ、それと引き換えに、ひとつだけ、何でも願い事を成就することができるのだ。

一体、魔法少女とは何なのか。
「キュゥべえ」の真の目的とは。
そしてことあるごとにまどかの前に現われ、まどかが魔法少女となることを阻止しようとする「ほむら」の正体とは。


設定はとてもしっかりしています。
単なる魔女っ子モノとは思えぬほど深い。そして切ない。
えんとろぴーだの色々小難しい原理などもわかりやすい喩えで説明されとても親切設計。
絵も、決して上手いとは言えませんが、なかなかしっかり描けてて十分鑑賞に耐え得る出来。

でもこれ、やっぱりアニメで観たほうが良いかもしれません。

何故なら、ラストに向かって壮大になる一方のお話なので、僅か3巻にまとめるのはちぃとばかし無理があるのです。
ながぁくじっくりゆっくりお話を続けてもらえたら、きっととても面白く感動的な物語になったと思います。
それだけに実に残念。
このコンパクトさでは、筋を追うのに必死で感情移入も難しいし、余韻も残らない。


ただ、キュゥべえの外道っぷりはかなり萌えます。
アニメ版はもっと無表情で可愛くないらしいですが、きゅるんとした愛くるしい容貌で相当な外道発言をかますのが個人的にツボ。

あと、カバーを外した本体の表紙絵が遊んでてなかなか楽しいです。
いきなりのネタバレってとこは、やはりこれはアニメを観た人用の本だからってことかしら。
面白いから別にいいんですが。

後ほどアニメもゼヒ観たいなぁと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑ここを押して魔法少女になってよ!←ムリ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっと面白そうです。
キュゥべえという登場人物が気になったので、ググってみたら、なかなかキュートな生命体が出てきました。これは何だろう?オコジョ?「すごいよマサルさん」のメソみたいな顔をしていると思いました。(これも相当古いマンガですけど)
でも、こんなにかわいいのに、喋ると外道…
気になる。キュゥべえ。

ジャイさん

コメントありがとうございます。

> キュゥべえという登場人物が気になったので、ググってみたら、なかなかキュートな生命体が出てきました。

私もコイツが気になって読んでみたようなもんです。
ええ、外見はとってもキュートですが…鬼畜です。
本人はそういうつもりは全くなくごく当然のことをしゃべってるつもりのようですが。

「寧ろ僕らは、人類が家畜を扱うよりも、ずっと君たちに対して譲歩しているよ?」
「認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね」

などなど。さらっと鬼畜な名言を吐きます。
まぁ機会があれば、まずはアニメを観るのがいいかもしれません。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。