スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のロケット

夏のロケット (文春文庫)夏のロケット (文春文庫)
(2002/05)
川端 裕人

商品詳細を見る

社会人になりそれぞれの道を歩んでいた高校の天文部の同窓生が、数々の困難を乗り越え自前でロケットを打ち上げようというお話。

面白かった。
ロケットてそんなカンタンな仕組みだったのかと驚いた。
そりゃ実際に飛ばすにはいろいろ難しい問題は多いのだろうし、実際ごく簡単な学習用のペンシルロケットでさえマトモに打ち上げるのは難しいものらしいが、なんというか、ロケットなんてものは国家が計画して、宇宙開発センターとかNASAみたいなそれなりのちゃんとした機関が作って打ち上げるものだという先入観があるじゃないすか。少なくとも民間人が商売にするようなものだとは思えない。それが見事に覆された。

それと、ロマンあふれるイメージのロケットと、戦争の道具であるミサイルが基本的には全く同じ構造のものだということにも驚かされた。ロケット開発の歴史は明るい部分ばかりではなく、それが光り輝く陽の部分に向かうとロケットに、暗い陰の部分に進むとミサイルにと分化するわけなのだな。

そしてこの、大胆にも個人の集団でロケット打ち上げを計画した元高校の同級生たちは、ただふわふわと夢を見ているのではなく非常に現実的で冷静に事を進める。過激派との繋がりを疑われたり、いろんな法律に触れそうなことをやって警察に追われる立場になったりもするのだが、そんないろんな問題をクリアしてついにロケットを現実に飛ばしてしまうのだ。
しかもロケット打ち上げただそれだけが目的ではなく、最終的にはそれを使って自らが火星に降り立つことを夢見ている。

夢を実現するにはまず現実を見つめて綿密に一歩ずつ進める。そうすればどんなに困難な問題が立ちはだかってもいつかは夢を叶えることができる。そういう気持ちにさせてくれる物語。
どんなロマンも現実の裏打ちがあってこそ、なんだよね。

プロローグであり同時にエピローグでもある場面で流れる
「フライ・ミー・トゥー・マーズ(わたしを火星に連れてって)」
という曲は、その元天文部のメンバーであったロック歌手が歌う曲。思えばロケットのために全財産をなげうった彼こそが一番のロマンチストだったのだろうな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして^^

初めましてこんばんわ、チルネコと申します^^
川端さんの作品は以前読んだことがあるのですが、
これも面白そうですね!民間の会社でもロケット打ち上げ
をする世の中ですが、普通の社会人が集まっての
打ち上げというのは奇抜ですね^^

Re: 初めまして^^

わぁ!いらっしゃいませ♪チルネコさん(←いきなり馴れ馴れしくてすみません)
「本が好き!」でよく拝見しております。
実は昨日ブログにもお邪魔しました(汗)
何かご挨拶を、と思いつつ、人見知りな私は結局何もできず…。
ブログのタイトル、凝ってていいなーと思いました。
例のアレのもじりですよね(笑)。

それにしても、民間ロケットなんてあるんですねぇ。初耳でした。
川端さんの作品は、他に「てのひらの中の宇宙」を持ってます。
こちらもできれば感想書きたいなぁと思ってます。

また、チルネコさんのブログにもお邪魔させてください。
同じネコ系ってことで(笑)ひとつ、今後ともどうぞよろしくお願いします。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。