スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミは知らない

キミは知らないキミは知らない
(2011/05)
大崎 梢

商品詳細を見る

久々にわくわくハラハラドキドキする本に出会った。
タイトルとカバー絵を見て、もっと静かなお話かと思っていたのだが、さにあらず。
まるでジェットコースターのように話が展開しまくる、「巻き込まれ」系の物語であった。

とにかく主人公の悠奈のキャラがとても良い。
いきなり誘拐されたりお嬢様のように扱われたり、かと思えば突然命を狙われたり、と作中では実に忙しい身の上なのだが、そんな中にあっても決して流されない強さをもっている。抗えない運命の中にあっても最初から最後までブレない。そういうところに非常に好感が持てた。
彼女は、決して自分のアイデンティティを求めて自ら火中の栗を拾いに行ったわけではないのだが、最後には自分のルーツや置かれている立場、父親の真実、そういうものをしっかりと受け止めて、自分の立ち位置を定めてゆく。
何より、どんな窮地にあっても「ことん」と眠れる。これはすごい。
人間、追い詰められてもどうしようもなくなっても、きっちり眠れる大胆さがあればなんとか生きられる。そういうもんだ。


さて、この物語の中では、"血"というものが大きなテーマとなるわけなのだが。

血統ってなんなのだろうなぁと時々思う。
実は私は、"自分の血を繋ぐ"ということに全く興味が持てない。
巷間よく聞く「自分の血を引く子がほしい」だの「彼の血を継ぐ子がほしかった」だのについてもぜぇんぜん理解できないのだ。子を持てば変わるかと思ったが、今のところ変化はない。
夫には「ほんとに女か?」と訝られる始末。
子どもたちにも「別にムリに結婚とかしなくていいよ」なんて言ってるぐらいなのだ。
それは、私が自分という存在が根本的に嫌いだからなのかもしれないが、たぶん自分の事が大好きだったとしても、同じように考えた気がする。

だって。
伝統だの血筋だのと大仰にかまえてみても、人類が滅べばそんなものなんの意味ももたないし、第一自分の死後のことなどはっきり言ってどうなろうと知ったことではない。
むしろ。
一人ひとりの遺伝子がばらばらなほうが、未来の変化が楽しいじゃないか。
同じような血を受け継いで繰り返してゆくより、どんどんどんどん新しい血を入れて多様性を持つほうが、明日の人類のためになる気が私はするのだな。

なので、この物語の中で、頑なに血統を守ろうとしたり、逆に絶やそうとする人たちの気持ちは、はっきり言って私には理解できない。
だれかを犠牲にしてまで守ろうとする伝統ってなんなのだろう。
でもまぁ、ほんとのところは、守りたかったのは伝統とか血筋じゃなく、利権だとか名誉だった気はするのだけども。
大人ってキタナイよね(笑)。

私は、できることなら、大したことない自分のナニモノかを守るために、自分の子や周囲を犠牲にするようなことはしたくないと思う。

エンディングは、ちょっと甘いけれど、それもまたいいな、とニヤリとした。
悠奈は、いったいどんな大人になるだろう。
願わくば、悠奈のような未来のある子が、周囲の思惑に歪められることなく、自分の思うまま真っ直ぐ生きていける世の中でありますように。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑わくわくハラハラドキドキしたい人~
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~ヽ(^。^)ノ

これですねー、「本が好き!」の例の本は。
なんだかすごく面白そう! 大当たりじゃないですか☆
「悠奈」というキャラにすごく興味アリ。読んでみたくなります。


Re: こんばんは~ヽ(^。^)ノ

> これですねー、「本が好き!」の例の本は。

そうですそうです!
実はこの作者の本は以前一冊読んでるのですが、あまり…で^^;
今回も全然期待してなかったんですよ。

ところが!!
読み始めたら展開が速くて面白いのなんの。
久々に素直に「あ~面白かった」と感じられた本でした。オススメですよ。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。