スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年はいい年になるだろう

去年はいい年になるだろう去年はいい年になるだろう
(2010/04/02)
山本 弘

商品詳細を見る

もうずい分前になるけれど、この人の書いた「時の果てのフェブラリー」と「サイバーナイト」を読んだ。
山本弘と言えば、世間的には「と学会」会長の名を出すほうが通りが良いだろうが、私にとっては「トンデモ」についてはどうでもよい。
単純にこの人の書くSFはとてもわかりやすく面白い。難解な理論もわかりやすく噛み砕いて説明してくれ読者に優しい。だから好印象を抱いている。
その山本弘さんが、また面白いSFを書き、それが星雲賞を獲ったというので、「これは是非読まねば!」と遅れ馳せながら手にしたわけだ。

9.11が起こったのって、2001年だったんだ。もう10年にもなるのか。
今でも、あの信じられない映像は目に焼きついている。CGかと思ったぐらい凄かった。
あれが"なかったこと"になるのなら、諸手を挙げて歓迎する人も多いだろうな。
けれど、本来起こるべき出来事って、そんな簡単に回避しちゃって大丈夫なのか?
(どうしても、回避してほしかった出来事も、あるけれど…。特に今年は思うところも色々ある。)

私は、昔から占いは無意味だと思っている。
たとえば、「あなたは右の道に行くと事故に遭う」と言われ、それならと選んだ左の道でもっと悲惨な目に遭うかもしれないし、ある出来事を回避したせいでそこからの未来が大きく変わることも有り得るだろうと思っているからだ。
遠い未来からオーバーテクノロジーと共にやってきたガーディアン(アンドロイド)がそんな単純なこともわからないはずはない。
彼らは、"その時代の人類を救えとプログラムされている"からそう動いているに過ぎない。
ガーディアンにとって「目の前の人間を守る」ことのみが使命であり、善なのだ。
それがどういう結果を招こうと、彼らにとっては知ったこっちゃない。
アンドロイドたちにとっては、さかのぼる1年1年が実験であり練習台。
いつも「次こそはもっとうまくやろう」と思うのみだ。
まさに「去年はいい年になるだろう」と思いながら人類救済に血道をあげる。
だがそれに巻き込まれる人類のほうはたまったものではない。

荒唐無稽とも思えるこのようなお話が、何故これほどリアリティをもって迫ってくるのかといえば、それはやはり「山本弘」という実在する作家の「手記」という形がとられているからだろう。
作者であり主人公でもある「山本弘」もガーディアンの出現によって、様々な被害に遭うこととなる。
けれど、それはガーディアンの出現のせいではなく、すべて自らの行動が招いた結果であると、実にSF作家らしい視点で客観的に自らを省みる。
私なら、どうだろう。そうも客観的になれるものだろうか。
「コイツらさえ来なければ」
そういう思考に陥りそうだ。
相手のせいではない。すべて自分次第。
いつもそう言い聞かせて行動しているつもりではいるけれど、許容量を超えるほどの出来事が起こったときにもそう考えられるか、自信はない。

ただ、私は思うのだ。
来年をいい年に出来るのが今の自分次第であるならば、
去年をいい年に出来るのも、今の自分だけ。

人は、過去にも未来にも生きられないからね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑新しい技術の開発に一度や二度の失敗がなんだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろそう

山本弘さん、初耳です。
面白い作品のようですね。
今度図書館で探してみようかなぁ。

CGかと、私も思いました、というか、CGだという説もあるとかないとか・・・

Re: おもしろそう

山本弘さんはどちらかというとラノベ作家に分類される方なのでわかりやすいものが多いですよ。
なるべく平易な文章でわかりやすくと心がけているそうです。

CGとか捏造説とか色々ありますね。
我々庶民には計り知れない色んな真実が眠っていそうでちょっと怖いです。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。