スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る

マドレーヌ夫人が猫だったとは!
知人の書評を読んでびっくり。
この本はタイトルだけは知ってましたが、「女の子と近所に住むフランス人のおばさんが何かをするお話」とか勝手に思い込んでいて、あまり興味がなかったのです。

猫ならば読まねば!
ということで早速読んでみました。
私、無類の猫好きで(愛読書は「猫ぱんち」)、猫と名の付くものならなんでも読みたいのです。

で、マドレーヌは「夫人」です。「婦人」じゃなく「夫人」。
そう、夫がいるのです。種を超えた愛がそこにあるのです。
マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦愛はとても素晴らしいものでした。
これを読むと、人種争いなんてほんとうにくだらないなとつくづく感じます。
好きな相手がたまたまそういう種だった。それだけです。
人間も、みんながもっとシンプルに、あるがままに物事を捉えることが出来れば、世の中はもう少し生きやすくなるのではないかなぁ。なんて思います。
作者は別にそういう大袈裟なことを言いたかったわけではないと思うけども。

ところで、マドレーヌ夫人とその夫は種を超えてお互いの言葉を理解することができますが、人間であるかのこちゃんにはマドレーヌ夫人の言葉はわかりません。
かのこちゃんの「知恵を啓いた」のも、かのこちゃんのために色々活躍したのも実はマドレーヌ夫人だけれども、当のかのこちゃんはそれに気付いていない。
けれど、猫であるマドレーヌ夫人は特にそれについて何とも思わない。
どう動こうが自由。
至って猫なのです。

猫を擬人化したお話は世の中に本当にたくさんあるけれど、「ああ猫だ」ときちんと思えるものって意外に少ない。でもこのお話は、きちんと「ああ猫だ」と思えたので、猫である猫好きな私は大満足です。

しまった。
このお話は、かのこちゃんの成長とすずちゃんとの友情が主題のはずなのに、猫のことばっかり書いてしまったよ。イカンイカン。

もちろん、かのこちゃんのお話もとても面白いです。
かのこちゃんとすずちゃんの「鼻てふてふ」や、「茶柱」をめぐるお話は爆笑もの。
そう、こどもって大体があんな感じで、意味のないことやキタナイものが大好きなのよね。
でもそれもね、小学2年生ぐらいまで。
(私の感覚からすると、女の子の場合もっと早く面白くなくなる気がする)
子どもに絵を教えている方が以前おっしゃっていたのだけど、小さい頃とても伸び伸びとした素敵な絵を描いていた子も、3年生ぐらいになるとヘンに知恵がついちゃって、他人を意識した"小賢しい"絵を描くようになることがとても多いらしいのです。
もったいないよなぁ。でも仕方ない。ニンゲンダモノ。

ラストは余韻の残るとても良い終わり方でした。
マドレーヌはどこまで行っても(たとえヒトの姿になったとしても)"猫"を貫き通すだろうし、かのこちゃんもすずちゃんもそれぞれの道を自分らしく歩んでゆくことでしょう。みんな幸せになってほしい。心からそう思えるお話でした。

それにしても、かのこちゃんのお父さんて…。

ん?あの方?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑だれか私の知恵を啓いておくれ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

「鼻てふてふ」サイコー!
よもやこのようなほっこり話とは想像できず、予想外の面白さにビックリでした。
もちろん、かのこちゃんのお父さんてあの方?ですよね!!!

Re: こんばんは!

ほんとに、惺さんからご紹介いただかなければ、こんなに面白い本だと気付かず、きっと今でも読んでなかったでしょう。感謝感謝です!
万城目さんも引き出しが色々あって面白いですね。
かのこちゃんのお父さんは、やっぱりあの方でしょうねぇ。
となると、奥様は…。ふふふ。
アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。