スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

なんだろう。

登場人物は、相変わらず小汚い四畳半に住む貧乏大学生だったり、ぼさぼさ頭で浴衣を着た仙人のようなオッサンだったり、と割とむさくるしい雰囲気が溢れているのに、何故かとっても皆、愛らしい。
そして物語のほうはぐだぐだゆるゆるしているくせに、なんともいえない妙な疾走感がある。
まさに、ノンストップロマンチックエンジン!

やーもう、ほんっと、森見サン好きだ。
こんなにも読み終わっちゃうのが残念だと思える本って、希少だと思うよ。
でもこれ、主人公の一人語りだったら、きっととても読むに耐えない妄想小説で終わってしまっていたと思う。
それが、主人公の視点と黒髪の乙女の視点で交互に書かれているだけで、こんなにもドキドキワクワクハラハラさせられる物語に変貌するとは!

そんでもって全編通して、表現がことごとくオモチロイ。
「何ゆえ不毛にご活躍?」とか、電車の中で読んでて思わず「ぷっ」と噴き出しそうになって慌てたことが何度あったか。そのたびキョドウフシンになった私。周囲はとてもキモチ悪かったことだろう。すまぬ。
あっそうか、森見ファンの方がよく使われる「オモチロイ」とか「なむなむ」ってなんの符丁だろうと思っていたのだけど、こういうことだったのね。納得納得。

それにしても、黒髪の乙女の可憐なことといったら!
いいなぁ「でっかい緋鯉のぬいぐるみを背負って歩く女の子」
めがねっ娘とか猫耳エプロンとか色々あるけど、「緋鯉っ子」もいいよ(ナニソレ)。
羽海野チカさんの「あとがきにかえて」の黒髪の乙女がまた、あまりに私のイメージとどんぴしゃでびっくり。
そういえば、私もうら若きオトメの頃、でかいシャチのぬいぐるみを背負って歩いたことがあるが、ちっともモテなかったな。(遠い目)
何故だ。20年ほど早すぎたのか?それともシャチか?シャチだったからなのか?(ちがうとおもう)

文体とかお話の展開とかは、非常にクセがあるので、やっぱり相当好みがはっきり分かれると思うけど、鮒寿司とかクサヤの干物的に、きっと慣れると虜になって抜け出せなくなるよ森見ワールド!
…いや私はどっちも食べたことないけどな!
でもまさかラストでこんなにもきゅんとさせられるとは予想もしてなかったよ。
そんでもって、ここまでご都合主義的展開で、腹が立たなかったお話も珍しい。
いろいろと突き抜けたところにいるよなぁ、森見サンは。

さて、次はどのお話を読もうかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

四畳半神話大系

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

なんなんだこれは。

ただのコピペ小説じゃないか。

人をばかにするにもほどがある。


なのに

なのに

なんでこんなに面白いんだっ…くっ(握りこぶし)

負けたよ…私の負けだよ。完敗だ。


真っ白に燃え尽きたよ…

以上。


で終わっちゃってもいいんですが、どうもそれだとぬらりひょんに取り憑かれそうな気がするので、ちゃんと書きます。
(でも語りすぎるのもこの世界を台無しにする気がするなぁ。)

いやぁ、ほんっと面白かったです。
特に、あの、妖怪「ぬらりひょん」小津と、「ふわふわ戦隊モチグマン」の壮絶なバトルが手に汗握る展開でもう…

え?そんな話じゃない?

あと、香織さんが、ひょんなことから心を持ち、樋口仙人の元で人間になるための厳しい修行を積む場面がもう、涙なしでは語れない…

それも嘘?

いやいやいやいや、でも、パラレルワールドではどんな展開も有り得ますよね。
こんなふうに、同じ舞台でいくらでもお話を創り出せるところが面白い。

だけど、この物語の秀逸なところは、主人公がどんな道を選ぼうが、結局最後は同じ結果に至るところなのです。
よく、「あの時あんな選択をしなければ、もっと違った人生になっていたはず」だの「あの時点に戻って、当時の自分に忠告したい」だのと人は考えがちですが、私はそれは無駄なことだと常々思っているのです。
「私」という人間の傾向性が変わらなければ、分岐点でどのような道を辿ろうが、結局どのみち同じような未来を招き寄せるのだ、とね。
その言葉選びの秀逸さといい、この作者は類まれなるセンスの持ち主だと見た。

中でも私が面白いと思ったのは、「自虐的代理代理戦争」。
そーだよなー。
歴史からみても、人間社会には色んなことがシキタリとして残されているけど、最早だれもそのシキタリの意味がわからなくなってすっかり形骸化しているのに誰もやめる勇気がなかったり、様々な問題が「いつかだれかが解決してくれる」ことを期待して次の代に先送りされていたり、結局すべては「代理代理」で繋がっているのよね。
バカバカしくも皮肉なお話に、うんうん、とえらく納得してしまいました。

それにしてもこの作者。合わない人はとことん合わないだろうなぁ。
私はこういうの大好きなので、もっと他の作品もよみたーいと思ってしまったのだけど。
うーん、どこからかチルネコさんの
「ようこそめくるめく森見ワールドへ」
とかいう声が聞こえた気がしたよ。

久々に、読み終わるのが寂しい、もっとこの世界に浸りたい、と思った小説に出会えました。
最後には、あの小津に愛着感じたもんなー。

というわけで、このふざけた書評も、

「私なりの愛ですわい」

んな気色悪いもんいるか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑よろしくお願いします

テーマ 書評
ジャンル | 小説・文学

アメーバなう
オススメ
プロフィール

道楽猫

Author:道楽猫
日々子育てに仕事に大忙し。
でも家事は忘れても(・_・)読書は忘れない。
そんな道楽猫が、日々の暮らしの隙間をぬって読んできた本の感想を留めたくて開設したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
今読んでる本
dorakunekoの今読んでる本
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BK1
書評の鉄人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。